今城弘治(いまき・こうじ)|第33期・航空自衛隊

今城弘治は昭和40年12月5日生まれ、和歌山県出身の航空自衛官。

防衛大学校第33期の卒業で幹候79期、出身職種は飛行であり、F-2戦闘機パイロットあがりの将官だ。

平成29年8月(2017年8月) 航空総隊司令部防衛部長・空将補

前職は第3航空団司令であった。

第33期の出世頭の一人であり、第3航空団で腕を磨いた今城だ。

その総フライト時間は3049時間、F-2戦闘機のフライト時間は649時間を数え、2017年8月2日にラストフライトを終えたばかりのベテランパイロットである。

なお航空自衛隊には、ラストフライトを終えたパイロットに、バケツ一杯の水を思いっきりぶっかけるという奇襲があるが、この際に今城に水をぶっかけたのは、在日米軍第35戦闘航空団司令官のR・スコット・ジョーブ大佐など。

今城が第3航空団司令であり、三沢基地司令であったことからの「役回り」であったが、ものすごいブッカケぶりであった。

その今城のキャリアは、常に第3航空団とともにあった。

パイロットとして指揮を執ったのは、ほぼ全て第3航空団。

第3航空団がF-2戦闘機の導入を開始した際にその部隊創設に関わり、以来一貫して我が国のF-2戦闘機に関するスペシャリストとしてキャリアを積み上げた。

中央においては、空幕でF-35戦闘機事業推進室長を務めるなど創隊に関わる重要な仕事を任される事が多かったが、平成27年から着任した第3航空団司令兼ねて三沢基地司令のポストはまさにそのタイミングである。

我が国がF-35の導入を決め、その配備を三沢基地に決定し準備に着手した時期であったが、その大役を今城が背負ったことになる。

F-2導入時以来となる、この三沢での重要なミッションであった。

また、若きパイロットであった29歳の時には3年間、空軍交換幹部として渡米。

様々な知見を身に着け人脈を作るなど、三沢基地勤務歴の長さと併せて、空自幹部に求められる米国人脈には一切の不安がない。

また、国防の最前線である南西航空方面隊空域では、平成22年から南西航空混成団の防衛部長を務めるなど、司令官として過不足のないキャリアを持ち合わせる。

航空自衛隊トップエリートとして非常に充実した経歴の持ち主であり、今城にかかる自衛隊内外の期待は非常に大きい。

さて、その33期の人事について少し見てみたい。

今城が航空自衛隊に入隊したのは平成元年。

1等空佐に昇ったのが平成20年1月なので、第33期の1選抜(1番乗り)でのスピード出世ということになる。

そして空将補に昇ったのが平成27年12月なので、こちらは同期1選抜から1年半の遅れということになった。

なお33期組は、最初に空将に昇るものが出るのが2020年夏の将官人事となるので、最高位は空将補である。

そしてその33期組において、2017年12月で空将補にあるものは以下の通りだ。

南雲健一郎(第33期)・中部航空方面隊副司令官(2014年8月)

森田雄博(第33期)・第3補給処長(2014年8月)

安藤忠司(第33期)・航空戦術教導団司令(2015年3月)

今城弘治(第33期)・航空総隊司令部防衛部長(2015年12月)

影浦誠樹(第33期)・防衛大学校防衛学教育学群長(2015年12月)

石上誠(第33期相当)・防衛装備庁調達事業部総括装備調達官(2016年12月)

増田友晴(第33期)・幹部候補生学校長(2017年8月)

※肩書はいずれも2017年12月現在。( )は空将補昇任時期。

このようにして見ると、33期組の航空幕僚長レースは、南雲と森田が先行しており、それを安藤が2番手で追っていると言う構図になっている。

しかしながら、航空自衛隊は陸海に比べ、1選抜で空将補に昇ったもののアドバンテージが絶対的とも言える差にはならないことが特徴だ。

そういった意味では、3番手の今城と影浦までが、今後の仕事ぶりによって航空幕僚長候補になり得る可能性があるといえるだろう。

空将補時代の成果を非常に大きく考慮した上で、空将昇任と航空幕僚長候補の選抜をする航空自衛隊である。

まして33期組から最初の空将が誕生するまで、まだ十分な間がある状況だ。

その人事はまだまだ先が読めず、これからが楽しみな時期となる。

新人パイロット時代から組織の新編と強化に取り組み、成果を挙げ続けてきた今城だ。

今後はおそらく、西空(西部航空方面隊)や南空(南西航空方面隊)に於いて指揮経験を積み、さらに要職に昇っていくことが確実である。

その異動と動向は常にチェックし、活躍する様を随時更新して行きたい。

本記事は当初2017年7月14日に公開していたが、加筆修正が重なったので2017年12月7日に整理し、改めて公開した。

なお、ここから下の部分は2017年7月に公開した当時のものをそのまま残している。

また今城にとって第3航空団司令のポストは、F-35の受領イベントだけでなく、他にも印象深い出来事が続く補職となった。

2016年10月、余りニュースにはならなかったがイギリス空軍の主力戦闘機「タイフーン」が初めて日本に飛来し、第3航空団三沢基地において今城の指揮の下、我が国空域内で初となる日英共同の合同軍事演習「ガーディアン・ノース16」が開催されている。

我が国空域内で米軍以外と航空自衛隊が共同訓練をするのは史上初めてのことだ。

訓練に先立つイベントでは、第3航空団第3飛行隊長が操縦するF-2戦闘機に英空軍参謀長スティーブン・ヒリヤー大将が同乗し三沢の空に上がり、また杉山良行(第24期)・航空幕僚長もかけつけ同様にF-2戦闘機でヒリヤー大将とともに日本の空を舞うという一コマもみられ、日英同盟時代を彷彿とさせる両軍の緊密さが演出された。

このようなビッグイベントに続き、2017年はF-35の三沢配備というさらに大きなビッグイベントが続くわけである。

今城にとって2016~2017年の三沢基地は、きっと思い出深い勤務地となるであろう。

◆今城弘治(航空自衛隊) 主要経歴

平成
元年3月 航空自衛隊入隊(第33期)
元年9月 航空教育集団付
5年2月 第3航空団
8年7月 第3航空団付(米国空軍交換幹部)
11年6月 第3航空団
12年1月 3等空佐
14年3月 幹部学校付
15年3月 航空幕僚監部装備体系課
15年7月 2等空佐
17年4月 第3航空団
19年8月 航空幕僚監部防衛部防衛課
20年1月 1等空佐
20年8月 幹部学校付
21年7月 航空幕僚監部人事計画課養成班長
22年12月 南西航空混成団司令部防衛部長
23年12月 航空幕僚監部防衛課付
24年4月 航空幕僚監部防衛課防衛調整官(F-35A事業推進室長)
24年7月 航空幕僚監部防衛課
26年3月 航空幕僚監部人事計画課長
27年12月 第3航空団司令兼ねて三沢基地司令 空将補
29年8月 航空総隊司令部防衛部長

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省航空自衛隊 三沢基地公式Webサイト(顔写真及び行事紹介)

http://www.mod.go.jp/asdf/misawa/tokusetsu2016.html

http://www.mod.go.jp/asdf/misawa/shirei/index.html

http://www.mod.go.jp/asdf/misawa/topics/kouhoukatsudou/index-29.html

また、以下の画像は総理官邸のルールに従い引用。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2006/imaki.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする