今瀬信之(飛行開発実験団司令・空将補)|第29期・航空自衛隊

今瀬信之(いませ・のぶゆき)は昭和37年10月生まれ、岐阜県出身の航空自衛官。

防衛大学校第29期の卒業で幹候75期、出身職種は飛行でF-15戦闘機のパイロットだ。

平成29年9月(2017年9月) 飛行開発実験団司令・空将補

前職は第8航空団司令兼築城基地司令であった。

なお、飛行開発実験団司令としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

「誠実、精強、信頼」

(画像提供:航空自衛隊築城基地公式Webサイト

(画像提供:航空自衛隊築城基地公式Webサイト

2019年2月現在、航空自衛隊のエリート中のエリートを束ねると言ってよいだろう、飛行開発実験団司令を務める今井だ。

「空の勝利は技術に在り」という、航空戦力の合言葉を象徴する部署であり、新機種や新しい兵装の飛行テスト、稼働実験などを担う極めて重要な組織の司令を務める。

今瀬自身も、F-15戦闘機パイロットとして各地の現場で空に上がり続けた、空自を代表する凄腕パイロットの一人だ。

その今瀬がこの非常に大事なポストに着任したのが、平成29年9月。

西暦でいうと2017年9月だが、当時は次世代主力戦闘機・F-35が三沢基地への配備を控え、テスト飛行が繰り返されている真っ只中であったはずだ。

また、悲願とも言える国産戦闘機の開発を見据えた先進技術実証機X-2の実験・開発も佳境を迎えている時期であり、2019年2月の今も、その重責を果たし続ける。

我が国の30年ないし40年先までの国防をも左右するほどの重責を任されたと言ってもよく、今瀬にかかる自衛隊内外の期待は極めて大きい。

そんな重責にある今瀬のことだ。

これまでのあらゆる補職が全て印象深い仕事ばかりだが、敢えて一つ挙げるとすれば、それは平成23年4月から務めた、特輸隊(特別航空輸送隊)司令のポストだろうか。

特輸隊の任務は、一般によく知られた任務で言えば、政府専用機の運用を担当する部隊である。

米国大統領で言うところのエアフォース1を運用する部隊であり、今瀬が務めていたのはその責任者のポジションだ。

名前は政府専用機だが、もちろん総理大臣だけでなく、天皇陛下や皇族などの外遊にも用いられ、我が国の国益に無くてはならない活躍をしてきた部隊である。

このポストには、操縦技術の高さが必須であることは言うまでもなく、国家に対する疑いようのない忠誠心、抜きん出た実績、任務に対する責任感の強さ、そして何よりも指揮官として卓越した全ての技量が要求される。

ぶっちゃけた言い方をすれば、特別航空輸送隊司令に、これらの素養を持ち合わせない指揮官が万が一着任することがあれば、日本の歴史は一瞬で変わる可能性すらあるだろう。

それ程に、国家を担う多くの要人を輸送し、国益を縁の下から支えるポジションである。

今瀬がどれほど、航空自衛隊内外の期待を集め続けてきた幹部であるのか。

その1点だけでも、ご理解頂けるのではないだろうか。

では、それほどまでに重い責任を担う今瀬とは、これまでどのようなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする