更谷光二(東北方面総監部幕僚副長・陸将補)|第33期・陸上自衛隊

更谷光二(さらたに・みつじ)は昭和41年7月生まれ、奈良県北葛城郡出身の陸上自衛官。

防衛大学校第33期の卒業で幹候70期、出身職種は判明しないが、そのキャリアから見ておそらく航空科であると思われる。

平成30年3月(2018年3月) 東北方面総監部幕僚副長・陸将補

前職は陸上幕僚監部人事教育部厚生課長であった。

(画像提供:陸上自衛隊東北方面隊公式Webサイト

2019年3月現在、東北方面総監部幕僚副長を務める更谷だ。

ところで早速だが、更谷は、数多くいる陸上自衛官の中でも、非常に特別な存在感のある幹部なのだが、それは何かおわかりだろうか。

それは更谷が、奈良県出身の唯一の将官ということである。

100名以上いる陸上自衛隊の将官の中で、たったの1名も出身者がいない都道府県は他にも少数あるが、実は将官には、出身地方の傾向が強く現れている。

伝統的に陸将・陸将補を多く排出しているのはやはり九州である。

人口比を考えると、圧倒的に多い。東京もやや多いが、これはそもそも人口が多いので当然だろう。

福岡、鹿児島、宮崎あたりの多さは、やはり日本軍の成り立ちにも由来するのだと思われるが、普通に考えれば説明のつかない多さである。

そのあたりの情報は、こちらのコラムで詳述しているので、よろしければ参照して欲しい。

【高級幹部】陸上自衛隊 陸将補名簿氏名一覧|2017年11月版

少し情報が古いので、頑張ってまた更新します・・・。

ではなぜ、奈良県は伝統的に将官の数が少ないのか、だ。

それもそのはずで、実は更谷の出身である奈良県は、我が国で唯一、陸自の駐屯地が1つも存在しない都道府県として知られる。

もちろん海無し県なので、海自の基地も存在しない。

唯一、航空自衛隊奈良基地があるが、こちらは幹部候補生学校なので滑走路もなく、教育機関としてのみ、機能している状況である。

いわば「自衛隊不毛の地」である奈良県と言ってもよいだろう。そうなれば当然、自衛官を志ざす若者の数も少なくなる。

そのため幹部同士の、「郷土繋がり」が非常に希薄で、あるいはいろいろと不便もあったのかも知れない。

そんな中での、奈良県出身の陸将補誕生となった。

そのため更谷は、常にせんと君のコスプレをして奈良をPRしている。

実は管理人も現在奈良県在住なので、本当に嬉しく思う。

そういった意味でも、更谷の昇任には心からの祝辞と称賛をお送りし、さらに応援していきたい。

では、そんな奈良県の誇りである更谷とはこれまで、どのようなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする