小谷琢磨(こたに・たくま)|第32期・陸上自衛隊

小谷琢磨は昭和40年1月生まれ、和歌山県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第32期の卒業で幹候69期、出身職種は施設だ。

平成29年8月(2017年8月) 第31代第4施設団長兼ねて大久保駐屯地司令・陸将補

前職は陸上幕僚監部防衛部施設課長であった。

なお、第4施設団長及び駐屯地司令としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

任務完遂

【要望事項】

基本基礎の確行

明るく逞しく

【駐屯地司令要望事項】

地域から信頼される大久保駐屯地


(画像提供:陸上自衛隊大久保駐屯地公式Webサイト

2018年7月現在、第4施設団長兼ねて大久保駐屯地司令を務める大久保だ。

第4施設団は中部方面隊隷下にあり、京都府の南部、お茶の生産で有名な宇治市の大久保駐屯地に所在している。

大久保駐屯地は近鉄電車の大久保駅すぐ目の前、近畿圏に所在する駐屯地としては例外的に、急行が停車する主要駅のど真ん前に在り、駐屯地正門までは徒歩1分ほどで行けるとても便利な場所にある。

朝夕に駐屯地の周辺を歩いていると、フェンス越しに体を鍛える自衛官の姿が見られ、距離感もとても近くに感じられるなど、管理人がとても好きな駐屯地の一つだ。

なお余談だが、近畿圏では戦後、左翼勢力が強い影響力を持ち、今でも大阪10区では旧社民党の時代から某有名女性代議士が当選を続ける。

また奈良県は日本で唯一、陸上自衛隊の駐屯地が無い都道府県としても知られ、その招致運動が盛り上がるたびに左翼勢力の激しい反対運動で頓挫してきた経緯がある地域柄だ。

大久保駐屯地が所在する京都も同様に、やはり伝統的に左翼勢力が強い。

だがその中にあって、昭和32年に新設された比較的新しいこの大久保駐屯地がこれだけの存在感を放ちながら地域に違和感なく溶け込んでいるというのは、それだけ先人の努力が重ねられてきたということに、疑いの余地はないだろう。

その良き伝統を受け継ぎ、小谷もきっと、緊張感を持って任務にあたっているに違いない。

さてその第4施設団だが、近年ではその団長職はエース級が惜しげもなく投入されることで、ひときわ存在感が大きくなっている補職だ。

現役の幹部でこのポストを経験したものを挙げると実に、以下のようになる。

第26代 山崎幸二(第27期)・陸上幕僚長

第27代 岩谷要(第28期)・教育訓練研究本部長(初代)

第28代 小野塚貴之(第30期)・第7師団長

第29代 髙田祐一(第30期)・第4師団長

第30代 小林弘樹(第34期)・東部方面総監部幕僚副長

そして、第31代が小谷ということになる。

※肩書は全て、2018年7月現在

※小林は、某有名辞書サイトの第4施設団のページでは第32期と書かれているが、第34期が正しいので注意して欲しい(2018年7月現在の記述)

なんというか、すごい顔ぶれだ。

これらのうち、小林はまだ陸将に昇れる年次に達していないので陸将補だが、残りの4名はもちろん、そのポストからもおわかり頂けると思うが、全員陸将である。

なおかつ、陸将の4名は全員、陸将への昇任が同期1選抜前期(1番乗り)。

小林も、陸将補への昇任が同期1選抜前期のスピード昇任である。

陸上自衛隊では、1選抜前期で将官に昇ることは直接、同期の陸上幕僚長候補に選ばれたことを意味する。

つまりこのポストは、陸幕長に昇るようなエースばかりが補職されてきた要職ということだ。

小谷が任されたこの第4施設団長というのがいかに凄いポストなのか、おわかり頂けるのでは無いだろうか。

では、そんな第4施設団長を任された小谷とはどういう男なのか。

少し詳しく見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする