藤田浩和(ふじた・ひろかず)|第28期・陸上自衛隊

藤田浩和は昭和36年4月生まれ、大分県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第28期の卒業で幹候65期、出身職種は高射特科だ。

平成27年3月(2015年3月) 陸上自衛隊高射学校長兼下志津駐屯地司令・陸将補

前職は第1師団副師団長であった。

なお、陸上自衛隊高射学校長兼下志津駐屯地司令としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

「将来の高射特科を担う人財の育成」

【要望事項】

「一意専心」
「和」

【駐屯地司令要望事項】

「明るい駐屯地」
「美しい駐屯地」
「誇れる駐屯地」

2018年3月現在、高射学校長を務める藤田だ。

優しそうな風貌と相まって、その要望事項はまるで中学校の校長先生を思わせる。

こんなにわかりやすい、それでいて基本に忠実な要望事項は、大森丈義(28期)・北海道補給処長の要望事項、

「あきらめない」「仲良く」

以来である。

しかも大森の場合、「あきらめない」はひらがなという徹底ぶりだ。

そう言えば大森も、北海道補給処長の前は輸送学校長を務めたが、鬼の働きで将官まで昇りつめたエリート自衛官も、学校長になるとどこか親分肌にスイッチが入り、後進を優しく指導するようになるのかもしれない。

そんな藤田の務める高射学校長のポストだが、高射学校は文字通り、陸自の高射特科に携わる幹部や学生を教育する機関だ。

陸自の高射特科は地対空ミサイルを運用し、戦前で言うところの対空砲火部隊を指揮する。

従来、陸自の高射特科は侵攻する敵航空機部隊への対処を主任務としていたが、2018年現在ではそれにより大きな役割が付加されている。

すなわち、03式中距離地対空誘導弾の配備により、敵の巡航ミサイルや地対空ミサイルの要撃能力が飛躍的に向上したことだ。

この導入の目的は、大きくはたった一つ。

対中国人民解放軍を想定した我が国の島嶼部防衛を意識したものであり、特に宮古島や石垣島において、地対艦ミサイル部隊の配備とともにこれら高射部隊の配備が予定されているのは、まさに矛と盾の役割を期待してのものとなる。

すなわち、これら離島に地対艦ミサイル部隊を配備することは、尖閣を始めとした離島全てを侵攻しようとする敵性勢力を射程圏に収める、矛の役割を担うものだ。

なお、これら陸自の地対艦ミサイル部隊は沖縄本島にも配備が予定されているが、南西方面の島嶼部全てにこれら部隊が配備されると、中国人民解放軍は第1列島線の内側に封じ込められ、容易に行動できなくなるほどに行動が制約される。

それほどまでに、陸上自衛隊地対艦ミサイル部隊の能力と練度は高い。

しかし、その状況を座視し見逃すほど中国人民解放軍も甘くはない。

これら離島に配備された地対艦ミサイル部隊を無力化するために、空対地ミサイルや巡航ミサイルの開発・改良を続けていることは周知のとおりだが、これらを迎撃し、離島防衛を確実にすることを担保するのが、藤田が率いる陸自高射特科部隊だ。

いわば陸自の高射特科部隊は究極の楯であり、彼らが存分に機能をしてこそ、我が国は離島防衛を確たるものにできると言って良いだろう。

中学校の校長先生のような風貌の藤田だが、その背負っている重責はとてつもなく重く、我が国の国防にかかる影響力は極めて大きい。

さて次に、そんな重責を担う藤田について、そのキャリアと28期組同期の人事について見てみたい。

藤田が陸上自衛隊に入隊したのは昭和59年3月。

1等陸佐に昇ったのは平成15年1月なので、28期組1選抜のスピード出世だ。

陸将補に昇ったのは24年12月だったので、1等陸佐をほぼ10年に渡り務めた上での将官昇任であり、現場を知り尽くし、堅実な指揮能力を確実にした上での、頼もしい陸将補昇任であった。

なお、28期組は陸将に選抜されるものが既に選ばれた上で、陸幕長候補レースは終わっている。

そして2018年3月現在で、28期組で陸将にあるものは以下のとおりだ。

岸川公彦(第28期)・中部方面総監 施設科出身(2015年8月)

湯浅悟郎(第28期)・西部方面総監 普通科出身(2015年8月)

住田和明(第28期)・東部方面総監 高射特科出身(2015年8月)

田浦正人(第28期)・北部方面総監 機甲科出身(2015年8月)

西浩德(第28期)・幹部学校長 普通科出身(2016年3月)

岩谷要(第28期)・陸上自衛隊研究本部長 施設科出身(2016年7月)

甲斐芳樹(第28期)・第10師団長 普通科出身(2017年8月)

※肩書は全て2018年3月現在。( )は陸将昇任時期。

陸将にあるものは以上のとおりだが、28期組の陸幕長候補は事実上、岸川、湯浅、住田、田浦に絞り込まれており、またその中でも岸川、住田の両名が実質的な候補者となっている。

詳細は、

【コラム】次期陸上幕僚長人事予想|第37代・2017年10月予想

で触れているので、ここでは割愛したい。

藤田については、最高幹部としては異例となる、高射学校長在任期間が3年に及ぶ。

2015年3月に着任し、この記事をポストしている2018年3月時点で満3年になろうとしている状況だ。

このようなことと28期組という年次を考え併せると、あるいは藤田は、このポストを最後に退役となる可能性が極めて高い。

そしてそれは、あるいは2018年3月であり、この記事をポストしてから間もなくということもあるだろう。

エリート自衛官として、まだまだ現役で力を尽くせることは間違いがない幹部でも、いずれ退役の時が来るのは寂しい限りだが、これも精強な組織を維持するために必要なことということなのだろう。

予想がどうなるのかは定かではないが、藤田が我が国の平和と安全に対し貢献した実績は顕著であり、その自衛官生活は極めて名誉あるものであった。

退役を迎える最後の日まで、これまでと変わらずにしっかりと応援していきたい。

本記事は当初2017年9月15日に公開していたが、加筆修正が重なったので2018年3月7日に整理し、改めて公開した。

◆藤田浩和(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
59年3月 陸上自衛隊入隊(第28期)

平成
7年1月 3等陸佐
10年7月 2等陸佐
15年1月 1等陸佐
15年8月 幹部学校付
16年8月 陸上自衛隊研究本部研究員
17年3月 陸上幕僚監部教育訓練計画課制度班長
19年3月 第6高射特科群長
21年3月 東部方面総監部人事部長
24年3月 第2高射特科団長
24年12月 陸将補
26年3月 第1師団副師団長
27年3月 陸上自衛隊高射学校長兼下志津駐屯地司令

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 高射学校公式Webサイト(顔写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/aasch/aaspr-hp/aas-cdr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする