早崎和寿(はやさき・かずき)|第36期・陸上自衛隊

早崎和寿は防衛大学校第36期卒業の陸上自衛官。

92幹候で職種は普通科だ。

防衛省の公式発表はないものの、入隊年次から考え、昭和44年度の生まれであると思われる。

平成29年3月(2017年3月) 第36普通科連隊長・1等陸佐

前職は第3陸曹教育隊長であった。

なお、第36普通科連隊長としての指導方針は以下の通り。

【連隊長要望事項(隊員共通)】

それぞれの持ち場で最善を尽くせ

常に「目的」を意識せよ

【連隊長要望事項(各級指揮官)】

関心(問題意識)を示せ

2017年9月現在で早崎が補職されている第36普通科連隊は、第3師団隷下にあり、第3師団の上級組織である中部方面隊司令部と同じ伊丹駐屯地に所在している。

第3師団は日本で2つしか編成されていない政経中枢師団であって、即応近代化された師団の中でも、特に都市部におけるいわゆるゲリ・コマ(ゲリラ・コマンド)攻撃への対応力を高めた部隊だ。

その中でも第36普通科連隊は基幹をなす連隊の一つであって、主に北摂(大阪府北部)地域を担当エリアにしているものの、必要に応じて都心部への展開も想定している。

なお、その36普通科連隊といえば、やはり忘れ得ない出来事は、1995年1月に発生した阪神大震災であろう。

あの未曾有の都市直下型地震においては様々な問題が浮き彫りになり、自衛隊の被災地投入の判断が遅れたことなどで、政治家や、なぜか当時の自衛隊まで左派系メディアに激しく叩かれることになったことを記憶している人も多いはずだ。

そのような中、震災発生直後から、兵庫県知事(貝原俊民;当時)や内閣総理大臣(村山富市・日本社会党;当時)の災害派遣要請を待たずに、「近傍派遣」を利用し直ちに出動を決めた部隊があった。

それが第36普通科連隊であり、連隊長は黒川雄三・1等陸佐。

近傍派遣とは、自衛隊法に規定されている災害派遣形態の一種で、自衛隊駐屯地の近傍において火災や災害などの緊急事態が発生した場合には、県知事や総理大臣の命令を待つこと無く、部隊長の判断で出動を可能とする災害派遣のことだ。

この大震災に際しては、自衛隊に対し初めて災派要請「らしきもの」が出されたのが午前10時前後とされている。

そして都市直下型地震の特徴として、建物の下敷きになり圧死・窒息死したものが9割に上ったとされていることから考えても、自衛隊の出動がもっと早ければさらに多くの生命を救えたのではないか、という議論が絶えることはない。

そのような状況の中で近傍派遣を利用し、午前7時30分には最初の部隊を送り出した第36普通科連隊長・黒川雄三の判断はまさに英断であったと言えるだろう。

結果として自衛隊は倒壊した建物の下などから165名を救い出すが、初動が早かった第36普通科連隊の活躍は特に大きかった。

なお極めて腹立たしいことだが、東日本大震災の時と違い、この阪神大震災の後には自衛隊に対する大バッシングが巻き起こった。

そもそもが、「北朝鮮による日本人拉致事件はでっち上げ」とし、拉致被害者家族を激しくバッシングしていた社会党の党首が総理大臣を務めている時代だ。

日本中がどれだけ極端な左傾化をしていたのか、その時代に生きていなかった若者にも想像がつくだろう。

なお阪神大震災では、政治的理由として、アメリカ軍からの阪神大震災への支援申し出をも、当時の村山政権は拒否している。

このような時代背景の中にあって、被災地に入り、東日本大震災の時と同様に、全力で人命救助と災害復興にあたった自衛隊には

「なぜもっと早く出動しなかったのか」

「戦争気分で被災地上空をヘリで飛んでいた」

「出動体制は整っていたのに防衛庁が出動にストップを掛けていた」

など、デタラメや事実無根、認識不足、もしくは間違いとわかった上で意図的に、テレビや新聞は自衛隊を徹底的に叩く。

当の兵庫県知事である貝原までもが、災害派遣要請が為されなかったことで自衛隊が出動できなかった状況をして、

「それは自衛隊の責任逃れだ」

と公式に発言するようなことまでしている。

何から何までもが狂った時代であったが、そんな中においても、第36普通科連隊は「自らが為すべきこと」に全力で取り組み、多くの人命を救った。

なお、当時の連隊長であった黒川はその後、自衛隊香川地方連絡部長に転属となるのだが、この時期に四国88箇所霊場巡りを行っている。

ここまでしてもなお、「もっと助けられたはずだという悔悟の念がある」と話し、その無念な気持ちがそのようにさせたというのだから、まさに生粋の自衛隊幹部と言うべきであろう。

それに比べ政治家の保身や惨めさは際立つばかりだ。

本当に情けない「偉い人たち」がこの国を治めていたのであろうと、改めて異常な時代であったと思わずにはいられない。

さて、そんな歴史を持ち、またこれからも同様のリスクを抱えていかざるをえない担当地域を持つ第36普通科連隊。

その連隊を2017年現在で預かっているのが早崎であるが、そのキャリアは潔いほどに、普通科一色で叩き上げている。

防衛大学校卒業後、最初に配属になったのは第42普通科連隊。

さらに第25普通科連隊、第39普通科連隊とキャリアを重ね、平成27年からは初級陸曹を鬼の教育で育て上げる、第3陸曹教育隊長を務めている。

極寒の地である北海道・遠軽(第25普通科連隊)で20代後半から30代前半を過ごし、普通科精神を叩き上げた早崎の教育がどれだけ厳しいものであったのか想像に難くないが、きっと厳しく育てられた分、強い陸曹として部隊に配備されていったことだろう。

36期組といえば今まさに陸将補に昇り始める、最高幹部を排出する重要な年次に差し掛かっている。

2017年の夏は、将来の陸上幕僚長が間違いないと早くも呼び声が高い髙田祐一(第30期)なども陸将に昇り、楽しみな幹部が多く出揃った人事になった。

今のところ、36期組で誰が抜け出すのかは情報の整理ができていないので特筆は差し控えるが、この夏の人事について、情報が整理でき次第また加筆したい。

その一方で、早崎のように現場で仕事に生きる部隊長こそ、応援のし甲斐がある高級幹部もいない。

アメリカ映画でも、だいたい悪いやつは司令部のエライさんで、強くて頭がよく、大活躍して地球を救うのは下士官か現場の部隊長と相場が決まっている。

スタートレックシリーズでも、どれだけ活躍してもカーク艦長やピカード艦長は、本編では提督に昇るのを拒否し続けたように、やはり応援したくなるのは現場レベルであるというのは世界の共通認識のようだ。

そんなことを言ってしまい、出世してしまったらどうしようかと心配になるが、いずれにせよ36期組が最高幹部に昇り活躍するのはまさにこれからという時期だ。

「若手最高幹部」たちの活躍を、楽しみに待ちたい。

◆早崎和寿(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
4年3月 防衛大学校卒業

4年 第42普通科連隊(熊本)
11年 第25普通科連隊(紋別)
16年 第39普通科連隊(弘前)
18年 陸上幕僚監部教育訓練部(新宿)
22年 西武方面総監部防衛部(熊本)
24年 陸上自衛隊幹部学校教育部(目黒)
26年 中部方面総監部防衛部陸上連絡官(舞鶴)
27年 第3陸曹教育隊長(御殿場)
29年3月 第36普通科連隊長(伊丹)

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 第36普通科連隊公式Webサイト(着任式写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/36i/07_28-53.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする