阿部慎治(あべ・しんじ)|第33期相当・陸上自衛隊

阿部慎治は昭和40年4月27日生まれ、宮城県出身の陸上自衛官。

一般大学(駒沢大学国文学部)を卒業し、平成元年3月の陸上自衛隊入隊なので、第33期相当ということになる。

70幹候で職種は普通科。

平成29年8月(2017年8月) 第28普通科連隊長兼函館駐屯地司令・1等陸佐

前職は中央業務支援隊総務部長であった。

なお、連隊長としての指導方針は以下の通り。

【連隊長統率方針】

『即時即動』『明るく強く』『地域との一体化』

【要望事項】

『前進』

ページトップの画像は2017年9月末に、小野寺防衛相が函館駐屯地を視察に訪れた際のものだが、小野寺大臣の右手に座っているのが阿部だ。

大臣の横なので小さくなってしまっているのはわかるが、横の女性隊員にも遠慮しているかのようで、どこか阿部の人柄が窺える1枚となっている。

なお、小野寺大臣から数えて左側2人目は、階級章が4つ星ように見えるので、あるいは山崎陸上幕僚長ではないだろうか。

山中を歩く写真でも、小野寺大臣に同行しているのでおそらく間違いないと思われる。

(幕僚長、意外にお背が小さいですね・・・)

なお蛇足だが、右から2人目は北部方面総監の田浦正人(第28期)

これだけ偉い人に取り囲まれれば、さすがに連隊長の職にあるエライ人でも、小さくなってしまうのは当然であろう。

(M様、ご指摘ありがとうございました!)

さて、大臣就任早々で、なおかつ衆議院議員選挙がまもなく開始されるこの時期(2017年9月27日)、政治家としてあるいは応援弁士として全国を回らなければならない中、小野寺大臣が函館を視察した理由だが、防衛省のWebサイトには明記がないものの、おそらく殉職隊員の慰霊のためと思われる。

阿部の案内を受けどこかの山中を歩き回る写真が公表されているが、これは北斗市の山中と考えるのが自然だろう。

2017年5月15日の午前、陸上自衛隊北部方面航空隊のLR2連絡偵察機が墜落し、乗員4人が死亡したあの痛ましい事故だ。

LR2は函館で発生した急患を収容するため札幌の丘珠空港を離陸。

函館空港にアプローチに入った際、空港北東に所在する北斗市の山肌に墜落して、隊員4名が殉職した。

墜落現場は、地図で見る限り函館駐屯地から30kmもないほどの距離であろう。

阿部自身も2017年8月に赴任したばかりだが、同じように大臣に着任したばかりの小野寺が早速事故現場に足を運び、献花黙祷を捧げる姿はさすがの大臣ぶりだ。

ヒールのある靴で護衛艦や潜水艦の視察に現れたどこかの大臣とはえらい違いであり、殉職隊員への哀悼の気持ちを何よりも優先する姿勢には、政治家として大きさの違いを感じる。

さて、その阿部が着任した第28普通科連隊であり函館駐屯地の司令ポストだが、ある意味で戦後唯一、我が国で「実戦配備を経験した普通科連隊」と言えるかも知れない。

1976年9月6日に発生した、あの「ベレンコ中尉亡命事件」のことだ。

ソ連空軍の現役中尉がこともあろうに、冷戦真っ只中のこの時期に、MiG-25に搭乗したまま函館空港に強行着陸をしてしまうという前代未聞の事態である。

当然、ソ連と日本、ソ連とアメリカの緊張状態は極限まで高まり、函館空港に隣接する第28普通科連隊は直ちに戦闘準備を開始。

ベレンコ中尉とMiG-25を奪還しに来ると予想される対ソ連戦闘の準備に入った。

元々対ソ連戦闘は、北海道においては第3普通科連隊(名寄)や、第26普通科連隊(留萌)が最前線に立つことが想定されていたものの、まさかの南からの騒動勃発である。

実際にベレンコ中尉は、最初は千歳空港を目指し、天候の関係で函館を選んだと供述したが、海上からも空路からもアクセスが容易な函館の地は、この事件を機に、我が国の防衛上極めて重要な地であることが再認識されることになった。

時代は下り冷戦ムードはいっとき氷解しているとは言え、ロシアの領土的野心が衰えることは絶対にありえない。

損得計算で今現在、日本に侵攻するメリットがないと言うだけであって、クリミアがそうであったように、ロシアという国は損得で割が合えば必ず他国を侵略する意図を隠さない国だ。

そのような意味においては、緊張関係が高くない時代にこそ有事に備え準備を進められることが多々あるであろう。

足寄や留萌が道北と道西をしっかりと守り、函館は南の玄関口を固め、時代の変化に応じた新たな防衛体制を構築し、精強さを維持し続ける必要がある。

その先頭に立っているのが阿部ということになるが、第33期のベテラン連隊長であり、豊富な経験を活かしてベテランらしい部隊運営で28連隊をより精強に指導してくれるはずだ。

その動向や活躍から目を離さず、今後も注目していきたい。

◆阿部慎治(陸上自衛隊) 主要経歴

1年3月 陸上自衛隊入隊
2年3月 第5普通科連隊(青森)
8年3月 幹部候補生学校(前川原)
11年3月 第1普通科連隊(練馬)
12年3月 富士学校(富士)
13年8月 部隊訓練評価隊(北富士)
14年3月 評価支援中隊長(北富士)
15年3月 陸上幕僚監部調査(市ヶ谷)
18年3月 陸上幕僚監部情報(市ヶ谷)
19年3月 第1普通科連隊(練馬)
21年3月 西部方面総監部(健軍)
23年3月 部隊訓練評価隊(北富士)
25年3月 第22普通科連隊副連隊長(多賀城)
27年3月 陸上自衛隊研究本部(朝霞)
27年12月 中央業務支援隊総務部長(市ヶ谷)
29年8月 第28普通科連隊長兼函館駐屯地司令

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省 写真一覧公式Webサイト(小野寺大臣視察写真)

http://www.mod.go.jp/j/photo/2017/09.html

防衛省陸上自衛隊 第28普通科連隊公式Webサイト(連隊長経歴)

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/hakodate/28renntai/28renntai.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする