青木義昌(あおき・よしまさ)|第30期・陸上自衛隊

青木義昌は昭和38年9月生まれ、京都府出身の陸上自衛官。

防衛大学校第30期の卒業で幹候67期、出身職種は2017年現在の職域で言えば情報科であると思われる。

なお、情報部隊の職種科は2010年であったので、それ以前の職域区分については判明しない。

平成28年3月(2016年3月) 自衛隊情報保全隊司令・陸将補

前職は小平学校副校長であった。

自衛隊入隊以来、一貫して情報系の職種を歩んできた青木である。

その為、普通科や特科のように表立った行事で指揮を執ることもなく、メディアの前に姿を現すこともまず無い部署なので、その人となりや活躍、顔写真を探すことは非常に困難だ。

なおこのページの画像は、小平学校が発行している広報誌を漁って見つけたものである。

そのキャリアから、かなり怖い人であるのは間違い無いので、もっとヤクザみたいな風貌なのかと思っていたが、イケメンであるのに驚いた。

54歳にしてこの容姿とは、相当ストイックな生活と鍛え上げ方をしているのだろう。

なお同じ小平学校の広報誌には、青木について、50~54歳の部で体力検定記録を保持していると記してある。

ちなみに腕立て伏せは111回をこなすそうだ。

きっと格闘術も相当やりこんでいるのだろうか・・・。

なおその青木だが、陸上自衛隊の入隊は昭和61年3月。

1等陸佐に昇ったのが平成17年1月なので、30期組の1選抜(1番乗り)での出世ということになる。

そして陸将補に昇ったのが27年8月。

こちらは10年のキャリアを1等陸佐で経験していることから、同期の最速に比べれば4年遅れということになるが、現場経験を十分に積んだ上での、堂々の陸将補昇進である。

陸将補昇進とともに小平学校副校長のポストに就き、さらに自衛隊情報保全隊司令の要職に着任した。

なお、自衛隊情報保全隊への栄転は、小平学校副校長職をわずか7ヶ月務めただけの慌ただしい異動であったので、前任者に何かあったのかと思ったが、前任の渡邊金三(第26期)は2年間、同ポストを務めた上での退役であるので、特段の理由はないようである。

さて、その青木が2017年10月現在補職されているポストは先述のように自衛隊情報保全隊司令。

この部署は、いわゆる防諜部隊であり、陸海空自衛隊全ての部署を束ねる統合任務部隊だ。

防衛大臣直轄であり、1000名の自衛官からなる大所帯で、自衛隊内部からの情報漏えいに厳しく目を光らせる部署でもある。

なお、よくその役割が誤認されることが多い組織に中央情報隊がある。

中央情報隊は陸上自衛隊に設置されている部署で、この部署の仕事は防諜ではなく、逆に情報を取りに行き、また取ってきた情報を分析し、作戦立案や部隊運用計画の役に立てるための部署だ。

さらに、いわゆるヒューミントと呼ばれる、一般にはスパイと言ったほうが良いかもしれない役割も担っているとされるが、こちらはさすがに情報がほとんど無く、記載できる事実はない。

さらに、情報本部の存在だ。

情報本部は青木自身も、1等陸佐時代だけで3回も補職されている部署だが、こちらは防衛省に設置された組織である。

その為、情報保全隊のように陸海空の統合任務部隊ではなく、陸海空に事務官も加わった、2400名からなる相当な大所帯だ。

取り扱う仕事も、防諜活動から情報収集活動などあらゆる情報に関わる仕事であり、陸自の中央情報隊とはもちろん、公安や警察、外務の各省庁とも連携を取りながら、安全保障に関する情報であれば全ての事を対象として活動する。

おそらく自衛官にとっても、このあたりの部署はもっともおっかない組織なのではないだろうか。

(このサイトも睨まれていないだろうか・・・ガクガクブルブル)

このような組織を一貫して渡り続けてきた青木だ。

恐らくこれからも、師団や旅団、あるいは方面隊と言った組織の指揮官に着任することは想定できず、情報系のポストでキャリアを積んでいくと思われる。

あるいは2018年3月、陸自の富士駐屯地に新設される陸上自衛隊情報学校の校長職は恐らく陸将補ポストと思われるので、その初代校長に着任することになるのではないだろうか。

決して表に出てくることもなく、師団創立祭などで自衛隊ファンのカメラに追い掛け回されることがない最高幹部だ。

これだけイケメンなら、職種が違えば地方協力本部長や、統幕や陸幕の広報に起用され自衛隊ファンの女子に追い掛け回されていたような気がするが、実際の仕事はスパイを追いかけ回す仕事である。

一般の国民に知られること無く、静かに、そして着実に仕事をこなす青木義昌。

こんな自衛官が居ることも、また国民には広く知ってほしいと願う。

(いや、職種柄知られちゃマズイのか)

◆青木義昌(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
61年3月 陸上自衛隊入隊

平成
9年1月 3等陸佐
12年7月 2等陸佐
17年1月 1等陸佐
17年8月 情報本部
19年12月 陸上幕僚監部装備計画課
20年12月 情報本部
22年3月 中部方面総監部情報隊長
24年4月 情報本部
26年3月 中部方面総監部情報部長
27年8月 小平学校副校長 陸将補
28年3月 自衛隊情報保全隊司令

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 小平駐屯地公式Webサイト(顔写真及び離任写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/kodaira/kouhousi.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする