石田広記(いしだ・ひろき)|第39期・陸上自衛隊

石田広記は京都府出身の陸上自衛官。

防衛大学校第39期の卒業で幹候76期、職種は普通科だ。

生年月日は判明しないものの、39期であれば、ストレートの場合には昭和47年度の生まれにあたる年次である。

平成29年8月(2017年8月) 中央即応連隊長・1等陸佐

前職は北部方面総監部情報部情報課長であった。

中央即応集団の基幹をなす部隊の一つ、中央即応連隊である。

「俺がやらねば誰がやる」の部隊スローガンを掲げており、その士気・練度は極めて高い。

第1空挺団とともに陸上自衛隊最精鋭部隊の一つとして知られ、海外派遣任務や国内の災派(災害派遣)では先遣隊となることが多い。

またテロやゲリラなど、政経中枢が攻撃を受けた際などに即応する能力を特に高める部隊編成になっており、軽武装高機動が基本ではあるが、重機関銃や対戦車砲を備えるなど、初期制圧のみに特化した部隊ではない編成にもなっている。

なお、中央即応連隊は2008年に発足したばかりの極めて新しい組織であり、石田でまだ5代目隊長であるほどの歴史の浅い組織だ。

そして初代隊長は、陸自史上最凶の強面として知られる山本雅治(第27期)。

恐ろしい現役時代のお顔はこちらである。

防衛大学校第27期なので、陸上幕僚長の山崎幸二(第27期)や、中央即応集団司令官の小林茂(第27期)と同期だが、中央即応連隊の活用法を巡り事務方と大喧嘩になって退役したという噂を聞いたことがあるものの、本当のところは全くわからない。

なお、退役後は広島県の防災担当監を務められているが、この顔で一般公務員は卑怯である。

こんなコワモテの人がお役所の名刺を持って現れたら、怖くて何一つお仕事をお願いできそうにないではないか、と思うところだが、退役後は随分と穏やかなお顔立ちになられていた。

広島県の人は、どうぞ安心して欲しい。。

なお、そんな山本から数えて5代目となる隊長に着任した石田だが、そのキャリアは普通科一筋であり、また防衛駐在官も務めるなど、極めて充実したエリート幹部のそれになっている。

1等陸佐に昇った時期だが、これだけ充実したキャリアを誇る石田のことだ。

当然39期1選抜(1番乗り)の平成26年1月であろうと思われるものの、防衛省の人事異動記録アーカイブには、26年1月の昇任1佐人事に石田の名前がない。

その後の定時昇任1佐人事にも記載がなく、いつ1等陸佐に昇ったのかは正直不明だ。

恐らく石田は、平成24年から防衛駐在官として3年間、ロシアに赴任していることから、この関係であろうかと思われる。

既に納富 中(第29期)や、原田智総(第31期)のページでも触れている通りであるが、防衛駐在官として海外に赴任するものは、その身分は外務省に出向した外交官という扱いになる。

そのため、昇任が予定される時期よりも遥かに早く、前倒しで昇任してから外務省に行く慣例があるようであり、納富や原田に限らず、防衛駐在官として海外に赴任するものは1選抜よりも早く昇任するケースが目立つ。

これが制度として確立されたものなのか、あるいは後付で昇任を追認するものなのかと言った詳細は正直分からない。

石田の場合も詳細は分からないが、定時の1佐昇任人事では一切名前が見られず、またいつの間にか1等陸佐として人事異動が発令されていることから、どこかのタイミングでこの「慣例」に従い、昇任したのではないだろうか。

なお、石田が防衛駐在官としてロシアに赴任したのは2012年なので、メドベージェフ大統領がその任期を終え、プーチン首相が再び大統領選に出馬し、ロシアの実権を改めて握った時期だ。

まさに政局の時期であり、その後のロシアとプーチン大統領・ロシア軍の暴れっぷりを見ていると、当時の石田がどれほど、軍人外交の中心として重要な役割を果たしたのか。

恐ろしくも興味深い、多くの体験をしたことが窺える人事配置と言えるだろう。

また、ページ最下部のプロフィール一覧に記載はないが、ロシアから戻ってきた後石田は、暫くの間、研本(陸上自衛隊研究本部)付の研究員を務めている。

そして2017年8月、過渡期にある中央即応集団隷下の中央即応連隊長に着任した。

中央即応連隊は2018年3月の陸自大改革で、廃止になる中央即応集団隷下から、陸上総隊隷下へと配置換えになることが決まっている。

よく、中央即応集団の廃止と混同され、中央即応連隊も廃止されると記述している個人ブログなどを見掛けるが誤りだ。

陸上自衛隊の全ての実力集団を束ねる陸上総隊の隷下として、飛び道具になり、ますますその存在感を増していくことは疑いのない部隊になるだろう。

近い将来、爆発物処理隊の新設も予定されるなど、都市部での対テロ能力にも磨きをかけ、ますます精強さを増していくことになる、我が国の最精鋭部隊である。

その過渡期にあり、隊長を任された石田だ。

将来の最高幹部昇任は疑いのない39期のエリートであり、ぜひその人事の行方には、注目して追って貰えれば幸いである。

◆石田広記(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
7年3月 陸上自衛隊入隊(第39期)
8年3月 第44普通科連隊(福島県福島市)
16年8月 第30普通科連隊(新潟県新発田市)
19年3月 第12旅団司令部(群馬県北群馬郡)
20年8月 陸上幕僚監部(東京都新宿区)
24年6月 防衛駐在官(ロシア)
27年12月 北部方面総監部情報部情報課長(北海道札幌市)
29年8月 中央即応連隊長(栃木県宇都宮市)

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 中央即応連隊公式Webサイト(顔写真及び記念式典写真、山本元陸将補顔写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/crr/up/rentaicho/rentaichou.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/crf/pa/topics/281023_kanetusiki.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/crr/rekidairenntaityou/shodairentaichou.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする