酒井秀典(さかい・ひでのり)|第33期・陸上自衛隊

酒井秀典は昭和41年1月13日生まれ、埼玉県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第33期の卒業(電気)で幹候70期、出身職種は航空科だ。

平成30年3月(2018年3月) 第1ヘリコプター団長兼ねて木更津駐屯地司令・陸将補

前職は航空学校副校長であった。


(画像提供:第1ヘリコプター団公式Webサイト

2018年6月現在、第1ヘリコプター団長を務める酒井だ。

陸自の航空科を指揮する幹部にとって、最高に栄誉ある補職の一つと言っていいだろう、我が国を代表するヘリコプター部隊の精鋭である。

陸上総隊の隷下にあり、第1空挺団や陸自特殊作戦群とともに多くの特殊作戦にあたることでも知られる。

また総理や皇族を始めとした要人の警護・空輸を担当する特別輸送ヘリコプター隊を擁するなど、その任務は非常に多岐にわたる。

その活躍は、我が国の危機に際して常に最前線にあり、御巣鷹山に日航123便ジャンボ機墜落事故が発生した際にも迅速に現場に駆けつけ、いち早く救助活動を開始した。

あの時の、川上慶子さんをヘリに吊り上げる救助シーンが今も記憶に残っている人は多いだろう。

もちろん、東日本大震災においても迅速に行動し、福島第一原発が危機的状況を迎えていた際に、空中から放水活動を行ったのも第1ヘリコプター団である。

あの直上放水は極めて危険な任務であったが、あの第一ヘリ団の文字通り命をかけた任務は確実に世界の、我が国に対する援助の潮目が変わった契機になった。

最前線で命を賭ける自衛官たちの存在は、国民の心にも決して負けない勇気を与えてくれたが、その象徴になった災害派遣活動になったと言ってもよいだろう。

そんな誇りと伝統ある第1ヘリ団を預かることになった酒井である。

あらゆる補職がそうであることは間違いないとはいえ、それでもなお、特別な感慨でこの発令を受けたのではないだろうか。

なおその酒井には、第10飛行隊長や西部方面航空隊長、航空学校副校長という航空科出身の陸将補という顔がある一方で、陸幕情報課長や小平学校副校長など、情報将校としての一面もある。

情報系の仕事が職種化されたのは2010年と非常に最近のことなので、未だに生え抜きの将校が存在しない分野だ。

或いはそのため、他職種出身の将官のうち、情報系のキャリアを積んでいた者の中から特に優秀なものを、この分野の指揮官にあてていると言うことなのであろうか。

では次に、その酒井のキャリアと同期である33期の動向について、詳しく見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする