児島明|第44期・陸上自衛隊

児島明は防衛大学校第44期卒業の陸上自衛官。

幹候は81期にあたり、職種は機甲科だ。

生年月日は判別しないが、第44期はストレートであれば、昭和52年度の生まれにあたる年次である。

平成28年12月(2016年12月) 第2偵察隊長・2等陸佐

前職は陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課勤務であった。

通常、本サイトでは1佐以上の幹部を記載をしているが、ニュースなどで話題になっている職種・地域の司令などは一部、2佐でも記載している。

そして児島も防大44期組であり、若き2等陸佐だが、その経歴の見事さから記載したくなったのでご紹介したい。

なお、44期生の紹介は航空自衛隊の國近和生(第44期)と並び、2017年11月現在での、当サイトの最年少幹部だ。

ストレートの入学・卒業であれば、2017年度で40歳になる、若き士官である。

1選抜で1等陸佐に昇った場合、2019年1月、すなわちこの記事をポストしてからおよそ1年後に、1等陸佐に昇任することになるだろう。

その児島が2017年11月現在で補職されているポストは第2師団の第2偵察隊長。

第2師団は北海道旭川市に拠点を置く、北海道の道北を担当地域とする師団だ。

そして、冷戦時代から今に至るまで、対ソ連(対ロシア)戦闘最前線の部隊であり、第2師団とその隷下部隊には、幹部自衛官の中でも特にエリートが配属されることで知られる精鋭部隊となっている。

実際に、第2師団長経験者や、第2師団隷下にある各連隊長経験者からは、過去に多くの陸上幕僚長を排出している。

そんな第2師団隷下にある第2偵察隊を率いる児島だが、第2偵察隊が所在するのは、陸自の中でも特にスーパーエリートが配属されるお約束の駐屯地と言って良いだろう、名寄駐屯地だ。

1線級の部隊としては我が国最北端に位置し、それゆえにここ名寄駐屯地は、対ソ戦(ロシア)が開戦に至った場合にはまず最初に、敵の上陸部隊と交戦することが想定される部隊が駐屯している。

戦争の要諦は初戦を抑えることだ。

最初の交戦で敗れるようなことがあれば、全軍の士気は壊滅的なダメージを受け、特に専守防衛であり「防戦一方」の戦い方しかできない我が国は、直ちに総崩れになるだろう。

そのため名寄は、「必ず勝てる」部隊を揃えるべく人員と予算、そして厳しい訓練でその精強さを知られているわけだが、中でも児島が率いるのはその尖兵である偵察隊だ。

どれほど厳しい訓練を重ね、装備と人員を整えても、偵察隊が誤った情報をもたらせば、あるいは適時適切な情報を上げることができなければ、全軍は張子の虎である。

その任務の重要性は極めて重い。

なおかつ、敵の最精鋭部隊と最初にぶつかる戦闘に際し、偵察隊の任務は極めて危険であり、命を失う危険も高い任務であることは疑いようがない。

そんな最精鋭部隊であり、かつ士気の高い命知らずたちを預かっているのが、この児島ということになる。

その児島のキャリアだが、常に中央と北海道の往復と言ったところだ。

機甲科の幹部として、その聖地である北海道での補職が続いており、幹部学校卒業後の最初の配置は上富良野の第2戦車連隊。

第2師団隷下にある戦車連隊であり、2017年11月現在で、74式戦車、90式戦車、10式戦車と、3世代の戦車を全て運用している、我が国唯一の部隊だ。

まさに第2師団の中核となる機動戦闘部隊であり、機甲科の幹部としてはこれ以上無い部隊で、陸自人生のスタートを切ったことになる。

その後は、今はなき技本(技術研究本部)で要職を歴任し、また第2戦車連隊に戻り中隊長を歴任するなどして、2016年12月から第2偵察隊長に補職された。

中央での補職は、技本の他に富士の装備実験隊への配属経験もあり、新装備の開発や運用にかかる知見も期待が大きいことがわかるキャリアになっている。

機甲科の最前線で指揮を執り、そして中央勤務でその知見を、技術や装備の新機軸にフィードバックするという流れは、多くのエリート自衛官に託されてきた出世ルートそのままだ。

おそらく児島も、そのようにしてキャリアアップしていくことだろう。

2019年1月に、1選抜で1等陸佐に昇ることはまず疑いのない児島である。

ほどなくして、第2師団の隷下部隊か、あるいは第7師団隷下の部隊で連隊長職を経験し、さらに中央での要職を重ねることは必至の幹部だ。

ぜひその動向に注目し、追っていきたい若手幹部の一人である。

◆児島明(陸上自衛隊) 主要経歴

平成

12年3月 陸上自衛隊入隊
13年3月 第2戦車連隊(上富良野)
15年3月 防衛大学校付(横須賀)
17年3月 技術研究本部第4研究所(相模原)
18年7月 技術研究本部陸上装備研究所(相模原)
20年3月 技術研究本部技術開発官付(市ヶ谷)
22年3月 幹部学校付(目黒)
23年3月 装備実験隊(富士)
25年8月 第2戦車連隊中隊長(上富良野)
26年8月 陸上幕僚監部開発官付(市ヶ谷)
27年10月 陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課(市ヶ谷)
28年12月 第2偵察隊長(名寄)

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 第2師団第2偵察隊公式Webサイト(顔写真及び訓練画像)

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/2rcn/co/co.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/2rcn/shasinn/photo_rcn/photo_rcn.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする