丸澤伸二(まるざわ・しんじ)|第29期相当・海上自衛隊

丸澤伸二は昭和38年2月生まれ、兵庫県出身の海上自衛官。

大阪外国語大学を卒業し、昭和60年3月に海上自衛隊に入隊しているので、第29期相当となる幹候36期である。

出身職種は通信だが、情報系士官としての活躍のほうが目立つキャリアを持つ陸将補だ。

平成28年12月(2016年12月) 海上幕僚監部指揮通信情報部長・海将補

前職は情報本部情報官であった。

一般大学である大阪外国語大の卒業生でありながら、2017年12月現在で海将補まで昇り詰めた丸澤だ。

防衛大学校出身者においても、出世には理系有利とされる自衛隊において、文系の一般大学卒業でありながら将官に昇るというのは並大抵のことではない。

持って生まれた才能を不断の努力で磨き上げた結果であり、一般大学から自衛隊を志そうと考えている幹部候補生のタマゴたちには、ぜひ目標にして欲しい士官である。

その丸澤が海上自衛隊に入隊したのは昭和60年3月。

1等海佐に昇ったのが平成16年7月なので、同期1選抜(1番乗り)から半年遅れでの昇任ということになる。

そして海将補に昇ったのが平成27年8月なので、こちらは同期1選抜の5年後という計算だ。

1佐の段階で1選抜で昇任とならなかったにも関わらず海将補に昇るというキャリアを考えると、1佐時代の活躍が極めて目覚ましく、高級幹部として、その能力が大きく開花したと言って良いだろう。

そして実際に、1等海佐時代には非常に顕著な功績を挙げ続けたキャリアとなっているが、その詳細に移る前に、29期組の海上幕僚長レースについて少し見てみたい。

2017年12月現在、海上幕僚長を務めているのは村川豊(第25期)

その着任時期は2016年12月であったので、任期は2018年冬もしくは2019年春あたりまでと予想される。

その後任は、今のところ27期組から誕生する可能性が高いが別に触れることとし、ここではその人事予想は割愛する。

29期組はその次の海上幕僚長を排出する可能性があり、まさに自衛隊において2017年12月現在、中心となって最高意思決定に参加し活躍している世代だ。

そして海将に昇るものが出始めたのが2016年夏の将官人事であったが、2017年12月現在で、29期組の海将は以下の者たちがその任にある。

渡邊剛次郎(第29期)・教育航空集団司令官(2016年7月)

糟井裕之(第29期)・護衛艦隊司令官(2016年12月)

舩木洋(第29期相当)・防衛装備庁長官官房装備官(2015年3月)

杉本孝幸(第29期)・航空集団司令官(2017年8月)

※肩書はいずれも2017年12月現在。末尾の数字は海将昇任時期。

※舩木については、横浜国大大学院卒業で幹候36期(29期相当)の入隊ではあるが、2年年長者であり、昇任査定は第27期相当扱いとなっている。

29期組の海上幕僚長候補レースはこの最高幹部たちに絞られていると言って良いが、更に絞り込むと、実質的に渡邊と糟井の2名によるマッチレースと言って良いだろう。

丸澤については、水上艦艇指揮官と併せ、情報系将校としての活躍が期待されていることから、今後は全軍を俯瞰し指揮を執るキャリアではなく、より情報系に特化した形でキャリアを積んでいくことになるものと予想している。

さて、その丸澤の活躍についてだ。

水上艦艇指揮官としてのキャリアも目立つが、それ以外のキャリアで目立つのは何と言ってもシンガポール防衛駐在官のポストだろう。

丸澤はシンガポールに2等海佐の時代に赴任し、途中1等海佐に昇任しながら防衛駐在官の任期である3年間を務め上げている。

シンガポールは人口わずか560万人の小国であり、職業軍人は2万人程度で、外形的な軍事規模は小さいように思われる。

然しながら同国は徴兵制を敷いており、常備兵力は8万人程度の規模となり、さらに退役後に予備役としての義務も負っていることから、有事の際に動員可能な兵力は実に20万人を越える。

人口560万人の小国が、動員可能な兵力では我が国と同程度の規模を保有しているというのは、少子高齢化を迎えている我が国にとって、極めて興味深い運用事例だ。

正直、20万人規模の軍事組織を動かすのに、職業軍人2万人程度では補給も衛生も輸送も、その他あらゆる後方支援系の機能が有効に稼働するとは思えない。

おそらく非常時には、このような機能を民間から調達することでなんとか運用を確保することを想定しているのだと思うが、これもまた小さな国の軍事組織のあり方だ。

またシンガポールは、伝統的にASEAN諸国や旧宗主国のイギリス、それにオーストラリアと軍事的結び付きが強く、基本的に西側勢力ではあるものの、華僑も多いことから中国と一定の友好関係を維持しており、その外交バランスは非常に教唆に富む。

シンガポールの、情報センターとしての価値も極めて高く、このような国に防衛駐在官として赴くことは、丸澤の今日に続く情報系将校としてのキャリアに非常に大きな経験となったのではないだろうか。

なお余談だが、防衛駐在官に赴任中は外務省に出向するためであると思われるが、陸・空自衛隊では赴任中に昇任が予想される場合、1選抜の時期より早くても1階級昇任させた上で、外務省に出向させている。

にも関わらず、なぜか海上自衛隊だけは、丸澤の例に限らず、防衛駐在官在任中であっても普通に昇任人事が行われている。

なぜ陸空と海で扱いに差があるのか、さすがにそこまで昇任に関わる規則を承知していないので詳細は分からないが、結果として陸空と海では、防衛駐在官の扱いに差があるようだ。

話を続ける。

1等空佐に昇った後の丸澤は、統幕や海幕で要職を歴任し、現場指揮官では第2護衛隊司令に着任。

このポストでは米国派遣訓練(KOA KAI)派遣部隊指揮官を務めた他、2012年8月からはソマリア沖に展開する、第13次派遣海賊対処行動水上部隊の指揮官を務める。

ソマリア沖アデン湾における海賊の取締りは、我が国のシーレーンを守る上でも極めて重要な任務であったが、この職務においても丸澤は大いに成果を挙げ、隷下部隊全員とともに無事帰国。

この時の功績が評価され、小野寺防衛大臣から第1級賞詞が授与されている。

なお1級賞詞をわかりやすく言うと、オリンピックにおいて自衛官が金メダルを取った際に授与されるクラスの名誉ある賞詞だ。

さらに丸澤は、海将補に昇って最初のポストである情報本部情報官時代にも、昇任の勢いのままに活躍し、顕著な成果を残す。

この際は、「専門技術、独創力、指導力、献身的な職務により、日米間の安全保障のパートナーシップを大きく深化させた」功績が特に大きいものと評価され、米国政府からリージョン・オブ・メリット(LOM、米国勲功章)が贈られた。

遅咲きと言ってよいのであろうか、1佐から将補にかけて重い責任を背負えば背負うほど、並大抵ではない成果を挙げ続け、その存在感を高めている丸澤だ。

一般大学卒業生でありながら、その国際的な活躍と併せ、自衛隊と我が国に対する実績と貢献は極めて顕著な海将補である。

29期であり、まもなく自衛官生活総仕上げの時期になろうかという最高幹部だが、最後までその活躍を注目して追いながら、応援していきたい。

◆丸澤伸二(海上自衛隊) 主要経歴

昭和
60年3月 海上自衛隊入隊(第29期相当)

平成
8年1月 3等海佐
11年7月 2等海佐
12年3月 みねゆき船務長兼副長
13年3月 せんだい艦長
15年6月 シンガポール防衛駐在官
16年7月 1等海佐
18年9月 統合幕僚監部総務課総務班長
20年6月 海上幕僚監部補任課服務室長
22年3月 解放幕僚監部情報課情報運用室長
23年8月 第2護衛隊司令
25年8月 海上幕僚監部情報課長
27年8月 情報本部情報官 海将補
28年12月 海上幕僚監部指揮通信情報部長

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省 防衛白書公式Webサイト(親善写真)

http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2012/2012/html/nc3228.html

防衛省海上自衛隊 写真一覧公式Webサイト(第19次派遣海賊対処行動水上部隊出国行事)

http://www.mod.go.jp/j/photo/2014/07.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする