直井卓(なおい・たかし)|第38期・陸上自衛隊

直井卓は昭和46年3月22日生まれ、東京都出身の陸上自衛官。

防衛大学校第38期の卒業で幹候75期、職種は普通科だ。

平成29年8月(2017年8月) 第20普通科連隊長・1等陸佐

前職は東部方面総監部人事部長であった。

なお、第20普通科連隊長としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

「与えられた任務を確実に遂行できる第二十普通科連隊の錬成」

【要望事項】

「全てのことに誠を尽くそう」

2017年12月現在、第20普通科連隊長に補職されている直井だ。

初任地が豪雪地帯である第2普通科連隊(新潟県上越市)で、その後頭号連隊(第1普通科連隊)で指揮を執り、2017年8月から第20普通科連隊で指揮を執ることになった。

なお、公式情報での確認はできないが、3等陸佐であったと思われる13年8月から2年間、幹部学校生徒であったため、おそらくCGS(指揮幕僚課程)を修了しているのではないだろうか。

CGSは戦前の陸軍大学校に相当する組織で、陸自幹部自衛官にとって最難関の試験だ。

その修了者は、深刻な服務事故でも起こさない限り、自動的に1等陸佐(三)までは進むとされている。

将官に昇るためには必須と言っても良い履修課程であり、出世コースに乗ったことを意味するものだが、恐らく直井もその一人だと思われる。

なお直井の初任地で、陸自生活のスタートを切った高田駐屯地であり第2普通科連隊だが、先述の通り豪雪地帯に所在する部隊だ。

そのため、第2普通科連隊の前身に相当する歩兵第58連隊では、雪中戦闘を特に鍛え上げ、冬季戦の先駆けとなった部隊でもある。

日本に初めてスキーが伝えられたのも歩兵第58連隊で、時に明治44年1月。

オーストリアのレルヒ少佐が伝えたとされ、ここが日本スキー発祥の地として認定されているほどだ。

その伝統は今も引き継がれ、第2普通科連隊は豪雪地帯に在る普通科連隊(軽)として、あらゆる環境で機動力を発揮するべく、不断の練磨練成で精鋭部隊を作り上げている。

ところで、その歩兵第58連隊だが、最後の戦闘の地となったのは「最悪の作戦」の教本として必ず登場するであろうインパール作戦。

コヒマの地で武装解除されその姿を消してしまうこととなったが、冬季戦のエキスパートが何の因果で・・・という思いだ。

第20普通科連隊長としての直井だ。

第20普通科連隊は山形県の神町駐屯地に所在するが、神町駐屯地は第6師団司令部も所在する地域の中核となる拠点であることから多くの部隊が集結し、そして広大な敷地面積を誇る。

その大きさは実に東京ドーム37個分。

陸自の駐屯地としては全国で6番目の大きさであり、正門から真っ直ぐ伸びる直線道路は圧巻の眺めだ。

また、2600名もの隊員が働いていることもあり、フィットネス関係の施設も充実していることから、充実した訓練を行える環境でも在る。

そしてその第20普通科連隊もまた、山形に所在することから冬季戦技の向上には特に力を入れている。

直井自身は東京都の出身であり、恐らく雪国とは無縁であったのではないかと思われるが、結果として冬季戦の現場に縁があるようだ。

38期と言えば、2019年の人事で最初の陸将補が選抜される世代であり、2017年現在、1等陸佐としてもっとも活躍を期待されている年次にあたる。

現場を支える中心世代であるとってもよく、実質的な部隊運用の責任者であり、有事に際してはこの世代が現場で指揮を執る。

10年後あたりに陸幕長に昇るものが出るであろう世代なので、まさに今、その活躍が一番楽しみな時期だ。

その一人であり、誇り高い精鋭・第20普通科連隊を率いる直井。

その活躍と今後の異動にも、注目して追い続けたい。

◆直井卓(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
6年3月 陸上自衛隊入隊
6年10月 第2普通科連隊(髙田)
13年8月 幹部学校(目黒)
15年8月 富士学校(富士)
16年4月 中央業務支援隊(市ヶ谷)
17年8月 第1普通科連隊(練馬)
19年3月 陸上幕僚監部監理部(市ヶ谷)
20年8月 陸上幕僚監部運用支援・情報部(市ヶ谷)
23年4月 陸上幕僚監部人事部(市ヶ谷)
25年3月 研究本部(朝霞)
26年3月 幹部学校(目黒)
26年7月 1等陸佐
26年10月 統合幕僚学校(目黒)
27年4月 研究本部(朝霞)
27年8月 東部方面総監部人事部長(朝霞)
29年8月 第20普通科連隊長(神町)

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 第6師団、第20普通科連隊公式Webサイト(プロフィール写真及び着任式写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit/20i.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/20i_hp/mission3p/mission3p.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする