中尾剛久(なかお・たけひさ)|第29期・海上自衛隊

中尾剛久は昭和37年12月26日生まれ、鹿児島県さつま町出身の海上自衛官。

防衛大学校第29期(電気工学)の卒業で幹候36期、出身職種は判明しないが、そのキャリアから考えて経理と思われる。

平成29年12月(2017年12月) 舞鶴地方総監・海将

前職は海上幕僚監部装備計画部長であった。

なお、舞鶴地方総監としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】精強・即応

【要望事項】分(役割)を尽くせ

2017年12月現在、舞鶴地方総監の要職にある中尾だ。

座右の銘は「不進即退」。

進まないことは退くことと同じことである、という、どこか日本海軍を代表する名提督・山口多聞中将を思わせるモットーを持つ。

海将補までの補職では後方支援系が多く、著作権上問題のないプロフィール画像が出回っていなかったためにご紹介を控えてきた。

しかし、さすがに舞鶴地方総監の要職に昇ると、防衛省公式サイトの画像がワンサカ出てくるので、早速ご紹介ができることになった。

経理や総務の要職を歴任し、また第4術科学校長を務めるなど、第33代海上幕僚長・村川豊(第25期)のキャリアを思わせる経歴になっているが、中尾の場合、加えて装備・需品系の要職も目立つ。

2016年から務めていた海幕装備計画部長時代には、最新鋭哨戒機のP-1を携えて仏に渡り、「パリ国際航空宇宙ショー」に出席。

マクロンフランス大統領に同機を紹介するなどの場面も見られた。

その中尾が着任した舞鶴地方総監だが、2017年現在、そのポストが求められる職責は極めて重く大きい。

北朝鮮弾道ミサイル乱射問題への最前線であり、また中国を始めとした北東アジア情勢への対応も求められる地方隊のためだが、加えて2017年11~12月は、北朝鮮の日本海における不法行為が目立つ状況になっている。

北朝鮮軍の軍人ないしは軍属と思われる者たちに依る漁場荒らし、北海道離島における設備荒らしなどが頻発しているが、その目的が単純にイカだけであるなら、海自が出ていく事案にはならないだろう。

しかし北朝鮮は、主にこの日本海において、日本人を拉致し続けてきた歴史がある。

その際には小型の木造船で日本人を連れ去り、沖合に待機する母船に連行し、北朝鮮に連れ去る手法で多くの家族と個人の人生を破壊し尽くしてきた。

1999年に発生した能登半島不審船事件のことを記憶している一般市民は多くないかもしれないが、2017年12月に頻発している北朝鮮木造船の漂着は、この事件を強く連想させる。

日本人を拉致している可能性が濃厚な北朝鮮の木造船の行動を阻止するために、史上初めて海上自衛隊に海上警備行動が発令され、なおかつ実弾を至近距離に放つことになった事件だ。

この際にももちろん、ここ舞鶴地方隊が舞台になり、主に「みょうこう」と「はるな」が実力行使にあたった。

北朝鮮の軍人・軍属が日本海において活発に活動をしている状況が、単に干しイカ目当てでないのであれば、何らかの形で1999年の再現も想定しなくてはならないだろう。

中尾が総監に着任した舞鶴地方隊はそのような緊張感の中にあり、またそのような厳しい任務を負っていく重要な地方隊である。

さて、その中尾のキャリアについてだ。

海上自衛隊入隊は昭和60年3月。

1等海佐に昇ったのが平成16年1月なので、29期1選抜(1番乗り)のスピード昇任だ。

1佐時代には、海幕や各地の地方隊において経理や装備需品の要職を歴任。

これらの実績から平成25年には、経理や補給、給養(食事)に関する術科を教育する第4術科学校長に着任し、海将補に昇任した。

海将補にあっては、第4術科学校の他海幕で総務部長や装備計画部長を歴任するが、海将補昇任から海将に昇るまでの期間は僅か4年9ヶ月。

2017年12月であったが、その為、将補昇任が同期1選抜の約3年の遅れであったにも関わらず、海将昇任は1年5ヶ月遅れまで詰めたことになる。

堂々の海将昇任であった。

なお2017年12月現在で、29期組の海将は以下の者たちがいる。

極めて近い将来の、海上幕僚長候補と言って良いだろう。

渡邊剛次郎(第29期)・教育航空集団司令官(2016年7月)

糟井裕之(第29期)・護衛艦隊司令官(2016年12月)

杉本孝幸(第29期)・航空集団司令官(2017年8月)

大島孝二(第29期)・海上自衛隊補給本部長(2017年12月)

中尾剛久(第29期)・舞鶴地方総監(2017年12月)

※肩書はいずれも2017年12月現在。末尾の数字は海将昇任時期。

2017年12月現在の海上幕僚長である村川の任期は、恐らく2018年12月か遅くとも2019年3月あたりまでだろう。

その後任は27期から選抜される公算が大きいと思われるが、29期組はその後の海上幕僚長に選抜される可能性がある年次だ。

つまり2020年冬あたり、この記事をポストしている時から考えて3年後辺りだろうか。

その候補者の一人に2017年12月、名乗りを上げた中尾である。

舞鶴地方総監という要職で大いに活躍し、さらにその存在感を高めていってくれるのではないだろうか。

今後の動向から目が離せない、最高幹部の一人になりそうだ。

◆中尾剛久(海上自衛隊) 主要経歴

昭和
60年3月 海上自衛隊入隊(第29期)

平成
8年1月 3等海佐
11年7月 2等海佐
16年1月 1等海佐
18年8月 海上幕僚監部経理課予算班長
20年8月 大湊地方総監部経理部長
22年3月 横須賀地方総監部管理部長
24年4月 海上幕僚監部装備需品課長
25年3月 第4術科学校 海将補
27年8月 海上幕僚監部総務部副部長
27年12月 海上幕僚監部総務部長
28年12月 海上幕僚監部装備計画部長
29年12月 舞鶴地方総監 海将

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省海上自衛隊 舞鶴地方隊公式Webサイト(着任式画像)

http://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/dekigoto/dekigoto.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする