武本康博(たけもと・やすひろ)|第38期・陸上自衛隊

武本康博は昭和45年6月生まれ、大阪府出身の陸上自衛官。

防衛大学校第38期の卒業で幹候75期、職種は普通科だ。

平成29年12月(2017年12月) 第3普通科連隊長兼ねて名寄駐屯地司令・1等陸佐

前職は陸上自衛隊研究本部研究員であった。

なお、第3普通科連隊長及び名寄駐屯地司令としての指導方針は以下の通り。

【連隊長統率方針】

即動必遂

【連隊長要望事項】

不撓不屈

【駐屯地司令要望事項】

訓練精到 家族との連携 地域との連携

1線級の実力部隊としては我が国最北端に所在する、第3普通科連隊と名寄駐屯地を預かる武本だ。

名寄駐屯地は北海道北部、国道40号線沿いにあり、冷戦時代にはソ連の侵攻を迎撃する最前線の地と位置づけられた駐屯地である。

そのため、広く道北地域の守りを一手に引き受ける精鋭中の精鋭部隊が駐屯し、伝統的にエース級の人材が連隊長兼駐屯地司令を務めてきたことで知られる。

なお武本は第35代の連隊長だが、直近では、第35代陸上幕僚長が確実視されながらも、西部方面総監を最後に退役した番匠幸一郎(第24期)が第28代の連隊長にあたる。

番匠は連隊長時代、この第3普連を率いて初代イラク復興支援群長に着任し、極めて困難な戦後のイラク復興に携わったことで、その評価を高め、出世街道の足場を確実なものにした。

その他にも、第10代陸上幕僚長の中村龍平(陸士49期)、第14代陸上幕僚長の高品武彦(陸士54期)、第32代陸上幕僚長の火箱芳文(第18期)など錚々たる幹部を排出しており、過去、第3普通科連隊長を務めた多くの幹部が、陸自の最高幹部にまで昇り詰めた。

ちなみに、普通科連隊は廃止された部隊を含めて第52普通科連隊まで存在する。

そして、2018年1月現在で陸上幕僚長は第36代だ。

その36名の陸上幕僚長のうち、第3普通科連隊長経験者から3名も選抜されているということになる。

もちろん、陸上幕僚長は普通科以外の連隊長(相当職)経験者からも選ばれることから考えると、いかにこの第3普通科連隊長職が、エース級の人材が補職されるポストであったかをおわかり頂けるのではないだろうか。

ところで武本には、少し不思議なキャリアがある。

本職の幹部自衛官にとっては不思議でも何でもない普通のことなのだと思うが、第3普通科連隊に記載されている公式Webサイト情報によると、武本は海上自衛隊の指揮幕僚課程を履修しているとのことだ。

最初は記載間違いなのかと思ったが、平成17年3月に海上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程と記載があり、18年3月から第10師団司令部第3部訓練班長に補職されたとある。

CGS(陸上自衛隊指揮幕僚課程)であれば期間は2年であり、CS(海上自衛隊指揮幕僚課程)であれば1年なので、海自のCSを修めたということで間違い無さそうだ。

本職さんには当然過ぎることなのだと思うが、海外の指揮幕僚課程だけでなく、国内別隊の指揮幕僚課程に進むことがあるというのは、なかなか新鮮な驚きだった。

その武本については、初任地が第35普通科連隊(愛知県守山)。

その後、第1空挺団中隊長、第10師団司令部(守山)、第1師団司令部(練馬)と、都市型防衛の機動戦闘を指揮するエキスパートであり、得意とする幹部のようだ。

それら都市戦闘の現場を多く指揮してきた武本が、この国境防衛の最前線である第3普通科連隊で指揮を執ることは、その幹部としての知見の幅を広げる上で極めて意義深いことになるだろう。

軽武装高機動部隊の指揮から重武装正面戦力部隊の指揮まで経験し、その指揮経験の厚みを更に増していくであろう武本。

その将来の活躍を楽しみにして、今後も注目し応援していきたい。

◆武本康博(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
6年3月 陸上自衛隊入隊(第38期)
6年10月 第35普通科連隊(守山)
13年3月 富士学校普通科部教育科訓練教官(富士)
16年3月 第1空挺団普通科群第2普通科大隊本部中隊中隊長(習志野)
17年3月 海上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程(目黒)
18年3月 第10師団司令部第3部訓練班長(守山)
20年3月 陸上幕僚監部防衛部防衛課編成班係長(市ヶ谷)
23年4月 陸上幕僚監部防衛部教育課教育班係長(市ヶ谷)
24年8月 北部方面総監部人事部人事課人事第1班長(札幌)
26年7月 1等陸佐
26年8月 防衛研究所研修員(出雲)
27年8月 第1師団司令部第3部長(練馬)
29年8月 研究本部研究員(朝霞)
29年12月 第3普通科連隊長兼ねて名寄駐屯地司令

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 第3普通科連隊公式Webサイト(顔写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/3i/commander/commander.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする