船倉慶太(ふなくら・けいた)|第35期・航空自衛隊

船倉慶太は昭和42年9月1日生まれ、大阪府堺市出身の航空自衛官。

防衛大学校第35期の卒業で幹候81期、出身職種は飛行で、C-1輸送機のパイロットだ。

平成29年12月(2017年12月) 第1輸送航空隊司令兼ねて小牧基地司令・空将補

前職は航空幕僚監部運用支援・情報部情報課長であった。

35期組として3番手、2017年12月に空将補に昇った船倉だ。

輸送隊の現場で指揮を執り、また空幕では運用支援・情報部でキャリアを重ねた幹部であり、そのキャリアは極めて充実した、エリート自衛官らしいポストを歴任し今日に至る。

なお船倉は、平成9年3月に第3輸送航空隊第403飛行隊に配属されC-1輸送機パイロットとしてデビューしたが、初任地は平成7年7月からの、第7航空団第204飛行隊。

当時、204飛行隊は第7航空団(百里基地)に在ったが、当時からF-15を運用していた部隊だ。

輸送機パイロット育成の流れを承知していないので詳細は不明だが、あるいは船倉は、F-15の操縦訓練を受けた後に、輸送機のパイロットとしてデビューしていると言うことかもしれない。

その船倉のキャリアの中で一際目を引くのは、やはり平成20年8月から3年間務めた在中国防衛駐在官のポストだろう。

平成20年は、西暦で言うと2008年。

民主党政権が誕生したのが2009年9月なので、その1年前から中国防衛駐在官のポストに在ったことになる。

そしてこの民主党政権時代、日本と中国の関係は急速に悪化し、尖閣諸島を巡る中国の極めて理不尽な振舞いが常態化。

2010年9月にはついに、あの「漁船体当たり」事件が発生し、中国漁船が海上保安庁の船を損壊させる衝撃的な画像が繰り返しメディアで流された。

なおこの際は、民主党政権で最初の総理大臣に就いた鳩山由紀夫が既に退陣に追い込まれ、2代目総理である菅直人と、官房長官であった仙谷由人が事件の対応にあたっている。

そしてこの両名は、日本国内においてあれほどの違法行為を働いた中国漁船の船長を”超法規的措置”とも言えるまさかの不起訴処分にするよう影響力を行使したと言われているがおそらくその通りだろう。

具体的には、外務省の職員を那覇地検に派遣した事実があるとされているが、さすがに公判が開かれれば裁判所の判断に政府として影響力を行使することはできない。

行政の影響力で対応できる範囲で早々に帰国をさせてしまう方法を選んだということだと思われるが、言うまでもなくこの件は後に検察審査会で起訴相当と議決され、強制起訴されるものの、もちろん中国人船長は既に帰国済みであった。

sengoku38の名前で中国漁船の体当たり画像をyoutubeに公開した一色正春氏の、職を賭したとも言える行動で、尖閣諸島で今何が起こっているのか。

その事実が明るみになったものの、一色氏は守秘義務違反で海上保安庁を追われることになった、日本中が「政府の不正義」と「中国の横暴さ」に怒りを沸騰させていた2010年。

船倉が防衛駐在官として中国にいたのは、まさにこの真っ只中であった。

おそらく、「軍人外交」を担う防衛駐在官としても、相当タフな仕事になったのではないだろうか。

これ以上無い厳しい時代に中国に赴き、日中の軍事当局者にあるものとして衝突のエスカレート阻止に奔走したであろう船倉。

このような知見は今に至るも、航空自衛隊のみならず自衛隊全体として、極めて重要な財産になっているはずだ。

さて、突然話の毛色を変えるが、上記画像の女性は防衛白書平成29年版に登場した、第1輸送航空隊で運用班長を務める樋口美登里・2等空佐だ。

平成29年に小牧基地に異動になったので、おそらくこの記事をポストしている2018年2月現在でも第1輸送航空隊にあり、船倉の部下になっているであろう女性である。

C-130H輸送機の機長を務める、才色兼備の極めて優秀な幹部だ。

平成19年には、まだ2歳になったばかりの息子を日本に残しイラクに赴任したこともある、まさに男女の関係なしに困難な任務を次々にこなしてきた、本物の武人と言って良いだろう。

第1輸送航空隊長である船倉をご紹介する際には、ぜひ樋口の事もご紹介したいと思い、記載させて頂いた。

「女性の活躍」といえば、象徴的なポストばかりに就く人事が多いと思われている人も多いかもしれない。

(ヒールの有る靴で現場の視察に現れ、潜水艦の甲板を歩いた誰かのように・・・)

しかし、こと自衛隊においては、樋口のように男女の区別なく、「適材適所」で過酷な任務を任されているのが女性幹部の実際である。

ぜひ、このような女性幹部の活躍にも、改めて目を向けて応援をしてもらいたい。

話を船倉に戻す。

船倉は35期のエリート自衛官であり、航空自衛隊の入隊は平成3年3月。

35期が1選抜で1等空佐に昇るのは平成22年(2010年)1月の昇任1佐人事だが、公式の人事記録で、この際の名簿には船倉の名前が確認できなかった。

とは言え、中国に防衛駐在官として赴くのは陸海空のそれぞれ1佐相当職である。

陸空の幹部自衛官は、防衛駐在官として海外に赴任する際、その任期中(一般的には3年)に昇任が見込まれる際には予め昇任させてから外務省に出向させる人事の運用がある。

そのため、おそらく船倉も1選抜よりも早い段階で1等空佐に昇り、中国に赴いたのではないだろうか。

そして、その船倉が空将補に昇ったのが2017年12月。

35期は、1選抜で空将補に昇るのは2016年夏の将官人事だった。

そのため、同期1選抜に比べ1年5ヶ月の遅れとなったが、海空自衛隊では陸と違い、1選抜で将官に昇ることが直ちに将来の幕僚長候補になることを意味しない。

むしろ3番手くらいで将補に昇るものの多くが、少なくとも将まで昇っているようなイメージがあるほどだが、要は船倉は、35期航空自衛隊のスーパエリートであり、将来の航空幕僚長候補の一人であるということだ。

そして2018年2月現在で、空将補に在る幹部は以下の通りとなっている。

熊谷三郎(第35期)・第5航空団司令(2016年7月)

亀岡弘(第35期)・第6航空団司令(2016年7月)

船倉慶太(第35期)・第1輸送航空隊司令(2017年12月)

※肩書は全て2018年2月現在。( )は空将補昇任時期。

さすがに、1選抜で将官になることが同期の幕僚長候補を意味しない海空の将官人事とは言え、1選抜から2年以上遅れると、決定的な遅れになる。

そういった意味では、35期組で将来の幕僚長候補に残るのはこの3名に絞られたか、あるいは2018年3月に昇任するものがあれば、新たな候補になる可能性があるものの、まずはこの3名が出世頭と考えて良いだろう。

ヤンチャな亀にイケメンの熊が先行し、それを追いかける船。

おとぎ話のような35期組の出世争いだが、全員がパイロット上がりの将官だ。

またこの3名は、亀岡が第2航空団(千歳)でのパイロットデビュー、熊谷と船倉が第7航空団(百里)でのパイロットデビューとなっている。

パイロット上がりにあるものとして、今も「仲良く切磋琢磨」しているのではないだろうか。

誰が頭一つ抜けることが在っても、この3名の活躍には特に注目し、そして応援していきたい。

◆船倉慶太(航空自衛隊) 主要経歴

平成
3年3月 航空自衛隊入隊(第35期)
7年7月 第7航空団第204飛行隊
9年3月 第3輸送航空隊第403飛行隊
14年9月 航空幕僚監部防衛部運用課
年 月 航空自衛隊幹部学校
16年3月 航空幕僚監部防衛部装備体系課
18年4月 航空幕僚監部運用支援・情報部情報課
20年8月 在中国日本大使館防衛駐在官
年 月 情報本部
24年7月 航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援課輸送室長
年 月 西部航空警戒管制団基地業務群司令
年 月 航空幕僚監部運用支援・情報部情報課長
29年12月 第1輸送航空隊司令兼ねて小牧基地司令 空将補

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省航空自衛隊 第1輸送航空隊公式Webサイト(顔写真)

http://www.mod.go.jp/asdf/komaki/greeting-1.html

防衛省 防衛白書平成29年度版公式Webサイト(樋口2佐画像)

http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2017/html/nt320000.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする