亀岡弘(かめおか・ひろし)|第35期・航空自衛隊

亀岡弘は昭和42年10月生まれ、広島県府中市出身の航空自衛官。

防衛大学校第35期の卒業で幹候81期、出身職種は飛行(戦闘機パイロット)だ。

これまでに飛んだF-15戦闘機の飛行時間は2100時間を越える、我が国の空域を知り尽くすベテランパイロットである。

平成28年7月(2016年7月) 第35代第6航空団司令・空将補。

前職は航空幕僚監部防衛部防衛課長であった。

航空自衛隊第35期の絶対エースになりつつある、亀岡だ。

そのキャリアは完璧であり、航空自衛隊の最高幹部に必須である米国人脈、米国に通じた知見も十分で、非の打ち所のない経歴となっている。

言うまでもなく、10年後の航空幕僚長を狙えるスーパーエリートだが、念のためにそのキャリアを抑えておくと、航空自衛隊に入隊したのが平成3年。

1等空佐に昇ったのが平成22年1月で空将補に昇ったのは平成28年7月なので、共に35期の1選抜(1番乗り)であり、文句のつけようのない昇任の早さになっている。

なお、その亀岡とともに将来の航空幕僚長の椅子を争う同期のライバルは、2017年11月現在では1名のみ。

空将補への昇任時期も同じ2016年7月で、以下の空将補になっている。

熊谷三郎(第35期)・第5航空団司令兼新田原基地司令

とは言え、航空自衛隊では1選抜での出世よりも、空将補時代の仕事ぶりを重く見る傾向がある。

この後に空将補に昇る35期組の中から、亀岡と熊谷に追いつく者が出てくる可能性は十分に考えられるため、まだまだ35期の出世競争は先が見えないと言って良いだろう。

その亀岡のこれまでの補職について少し見てみると、スーパーエリートらしく現場と空幕の往復を繰り返すキャリアになっている。

また空幕では、防衛部防衛課での勤務が目立ち、いかにもエリートらしい補職だ。

ちなみに防衛課は、防衛計画を立案し、その計画に沿った部隊の編成と配置を検討するセクションだ。

もちろん、装備表や業務計画などへの落とし込みも行う。

その課長ともなれば、我が国の防空計画を立案する現場責任者であって、実働部隊の行動計画を指揮する、いわば実質的な指揮官と言ってもよく、その責任は極めて重い。

亀岡はその防衛課勤務を繰り返し、そして平成26年7月からは防衛課長と務めているが、豊富な現場経験を中央にフィードバックし、そしてまた現場に戻るという異動を繰り返す、理想的なキャリアになっているといえるだろう。

まさに、10年後の航空幕僚長にふさわしい知見を全て積み上げ、そしてこれからも積み上げていくことが期待される。

なおその亀岡。

パット見はいかにも凄腕のイーグルドライバーだが、2佐の頃、第305飛行隊長時代には愛機と部下のF-15戦闘機尾翼に「亀」の字を塗装していた。

これは、アニメ・ドラゴンボールで亀仙人の弟子たちのユニフォームに描かれていた「亀」と同じフォントであり、ロゴである。

自らの苗字から「亀仙人軍団」を名乗っていたということであろう。

自分が亀仙人で、部下たちがさしづめ悟空とクリリンというところか。

なかなか茶目っ気のある一面を持ち合わせていることがわかる楽しいエピソードだ。

そんな、フライト任務のことだけ考えていればよかったやんちゃ坊主も、今では上記画像のように餅つき行事に制服で出席し、気の利いた一言も言わなければならない立場になってしまった。

偉くなるというのはエライことだが、これもまた仕事ができる男の宿命ということで、諦めて欲しい。

日本国民が皆、亀岡の活躍に期待し、その活躍に我が国の平和と安全が託されている。

本記事は当初2017年7月11日に公開していたが、加筆修正が重なったので2017年11月17日に整理し、改めて公開した。

なお、ここから下の部分は2017年7月に公開した当時のものをそのまま残している。

亀岡が司令に着任後の第6航空団での話だ。

部内情報が一部のマスコミにリークされるという、安全保障政策を危機に陥れる出来事があったことを記憶している人も多いかもしれない。

この事件は2016年12月7日、6空内で訓練に使用した小銃の部品が失われ、なおかつその事件を、外部の報道機関が基地発表前である12月9日に報じたものだ。

しかも報道の中には、部内の者でしか知り得ない情報が含まれていた。

公益通報と言えば聞こえはいいが、6空所属の自衛隊員が基地内部で起きた事件に際し、原因調査や再発防止策も定まる前に外部の、かつ報道機関に情報提供するという手法は明らかにおかしい。

基地が問題を隠蔽しようとした形跡もなく、程度問題の大小から考えれば、意図的な隠蔽を図るほどの重大性もない事案であり、程なくして淡々と発表されていたであろう。

にも関わらず、部品の紛失から僅か2日後、つまり部品紛失の当日か遅くとも翌日には、一部の隊員が報道機関にその情報を持ち込んだということになる。

その目的は、明らかに

「もっと自衛隊を良くしたい」
「第6航空団をより精強な組織にしたい」
「隠蔽行為は許せない」

という正義感を源泉とした義憤ですら無い(不義憤であったとしても方法論は極めて間抜けだが)。

そのような義憤とはもっとも縁遠い、むしろ極めて俗物的な動機であることは客観的状況から明らかだ。

その目的が何であったにせよ、この事件に際し亀岡は、情報管理上の重大な危機を感じ思い切った施策に出る。

それは、所属の隊員一人ひとりの携帯電話の通話記録を任意で提出するよう通達を出すという、これまでの自衛隊では例のない思い切った対策に乗り出したことだ。

事案の性質上、軍事組織の対応として必ずしも過剰なものとは思えないが、元々が自衛隊を叩く目的でこのようなリークを掲載するのが、残念ながら我が国のメディアというものだ。

亀岡はこの対応で、左派系団体とメディアに格好の標的を与えてしまったことから、一時期徹底的に叩かれることになる。

6空司令部の監理部長・安藤浩2佐は

「犯罪や不正ではない内部情報を外部に流出させる行為は見過ごせない。秘密保全と隊員保全を考えれば調査は必要である」

という当たり前の丁寧な説明をした上で実際に調査に着手したが、メディアからの総攻撃の前に航空幕僚長である杉山から直接「手法として誤解を与えかねない」と指導を受け撤回するに至った。

小銃の部品紛失事件自体は問題視するべきであり、調査を徹底すべきだが、不正も違法もない状況で、自衛隊内の情報を外部に意図的に漏らすような仲間がいれば、そんな仲間からはいつ背中を撃たれるかわからない。

この情報を流出させた人物は徹底的に調査し特定した上で、法律に基づき処罰されるべきだが、一方で亀岡にも反省するべき点はあるかもしれない。

それは、何かにつけて自衛隊を叩きたがる左派系メディアに、格好のネタを与えてしまったことだ。

「水漏れ検査」の方法は他にもあったのではないか。

もっと巧妙に調査し、しっかりと不安定要素を特定し排除するべきであったのではないか。

そういう意味においては、確かに調査方法は妥当でなかったと言えるかもしれないだろう。

将来の航空幕僚長候補として、より巧妙な寝技も身につけた上で、さらに活躍をしていってくれるはずだ。

その異動とこれからのキャリアには、引き続き注目して追っていきたい。

◆亀岡弘(航空自衛隊) 主要経歴

平成
3年3月 航空自衛隊入隊 (第35期)
7年 月 第2航空団(千歳)
11年 月 防衛大学校(横須賀)
13年 月 米空軍大学指揮幕僚課程(米国)
14年1月 3等空佐
14年7月 2等空佐
14年 月 統合幕僚会議事務局第3幕僚室(市ヶ谷)
16年 月 第6航空団(小松)
17年 月 米統合幕僚大学統連合作戦課程(米国)
17年7月 2等空佐
17年12月 航空幕僚監部防衛課(市ヶ谷)
19年10月 第7航空団
20年 月 第7航空団第305飛行隊長(百里)
22年1月 1等陸佐
22年5月 幹部学校付(米国防大学高級幹部課程)(米国)
23年7月 航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)
26年1月 幹部学校主任研究開発官(目黒)
26年7月 航空幕僚監部防衛部防衛課長(市ヶ谷)
28年7月 第6航空団司令(小松) 空将補

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省航空自衛隊 第6航空団公式Webサイト(顔写真及び行事写真)

http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/kichishirei/28.7.1index.html

http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/katsudoujyoukyou/28motituki.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする