伊與田雅一|第36期・陸上自衛隊

伊與田雅一は昭和45年1月12日生まれ、高知県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第36期(応用化学)の卒業で幹候73期、職種は機甲科だ。

平成30年3月(2018年3月) 第10普通科連隊長兼ねて滝川駐屯地司令・1等陸佐

前職は中部方面総監部防衛部訓練課長であった。

なお、第10普通科連隊長としての指導方針は以下の通り。

【連隊長統率方針】
「有事即応、初動全力」

【連隊長要望事項】
「一丸」
「持てる力を使いこなせ」

【駐屯地司令要望事項】
「住み易い営内、勤務しやすい職場、愛着の湧く駐屯地」
「郷土に信頼される駐屯地」

2018年5月現在、第10普通科連隊長兼ねて滝川駐屯地司令を務める伊與田(いよた)だ。

滝川駐屯地は北海道西部の内陸で札幌の北東、留萌駐屯地の南東、名寄駐屯地の南西に位置する。

つまり、旧ソ連の時代から今に至るまで、ロシアの北海道侵攻が始まった際にはあらゆる方面に駆け付け、その初動を挫くことを期待されてきた部隊だ。

そのようなこともあるのだろう、第10普通科連隊は伊與田の着任後1年が経過するタイミングとなる平成31年3月に大幅な組織の改変が予定されており、即応機動連隊化されることが決まっている。

即応機動連隊は、厳しい予算の中で装備や人員の縮小が続く陸自において、その精強さを維持するための唯一の方法と言っても良い再編方針の下で、編成が決まった部隊だ。

その基本方針は、高い機動力を前提とした兵力の集中と、軽武装~中武装の各種兵科の混合部隊であり、いったん事が起これば、担当警戒区域のみならず、方面隊の枠をも越えて広く日本全国に駆けつける能力を有する。

初動において敵性勢力の企図を挫き、あるいは主力の到着まで互角以上の戦況を維持し、もって作戦行動の幅を広げる役割も担う。

伊與田が任された第10普通科連隊とは、今まさにそのような組織へと改編する、最後の準備段階にある。

極めて重要な任務であり、新しい時代の陸上自衛隊のあり方をも決定する重責を担っていると言ってよいだろう。

さて次に、その伊與田のキャリアについて少し見てみたい。

伊與田が陸上自衛隊に入隊したのは平成4年3月。

初任地は機甲科の聖地・第7機甲師団隷下の主力部隊である第72戦車連隊だ。

その後、偵察部隊の小隊長や第14偵察隊長を務めるなど、偵察任務の現場で指揮を執った。

また、一際目を引くキャリアといえば、やはりCGS(指揮幕僚課程)だろう。

正確には、伊與田は海自の指揮幕僚課程を修了しているのでCS課程ということになる。

その後、自営艦隊司令部で1年の勤務を経て陸自に戻っているが、陸海空の幹部交流を進めている自衛隊では、数は僅かながら、このようなキャリアに進む幹部が散見される。

ではなぜ伊與田がこのようなキャリアになっているのか。

陸上自衛隊は、南西諸島有事を想定した場合には、海上自衛隊の第1輸送隊と協働し、島嶼部に殴り込みをかける先遣隊を送り込むことになる。

その際に海上輸送される陸自の兵力はLCAC(エアクッション艇)が前提になるので、どうしても重武装フル編成の部隊という訳にはいかない。

つまり、偵察部隊や軽武装高機動力を活かした実力部隊ということになるだろう。

そのため、機甲科のなかでも特に偵察任務に優れた実績と経験を積んでいた伊與田に、海自での高級幹部研修の白羽の矢が立ったということではないだろうか。

機動連隊化を控えている第10普通科連隊長を、このタイミングで任されたことからも、ほぼそのようなキャリアパスになっているということで間違いないだろう。

そのため、後職では陸上総隊での要職か、あるいは水陸機動団など、西方での要職に就くことになるかもしれない。

なお伊與田は防大36期だが、36期といえば2017年夏の将官人事で最初の陸将補が選抜されたばかりの年次だ。

つまり、2020年代後半にかけて、我が国の平和と安全を守っていくための、中核となる年次である。

今まさに注目が集まり、どのようなキャリアを持つ幹部がどのような配置につくのか。

10年後の未来に向けて、我が国が国を守る強い意志を示していることが、人事にも現れている世代である。

そういった意味でも36期は要注目であり、伊與田とその同期には熱い視線を向け、そして応援して欲しい。

◆伊與田雅一(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
4年3月 陸上自衛隊入隊(第36期)
4年10月 第72戦車連隊(北恵庭)
8年3月 防衛大学校訓練部指導教官(横須賀)
9年8月 偵察教導隊小隊長(富士)
13年8月 幹部候補生学校区隊長(久留米)
15年3月 幹部学校付 海上自衛隊指揮幕僚課程(目黒)
16年3月 陸上幕僚監部付 自営艦隊司令部(船越)
17年3月 研究本部研究員(朝霞)
18年2月 統合幕僚会議事務局第3幕僚室(市ヶ谷)
18年3月 統合幕僚監部運用部運用第1課防衛警備班(市ヶ谷)
20年3月 陸上幕僚監部監理部総務課広報室(市ヶ谷)
22年3月 第14偵察隊長(善通寺)
23年8月 西部方面総監部防衛部運用班長(健軍)
25年1月 1等陸佐
25年3月 幹部学校付 統合幕僚課程(目黒)
26年3月 自衛隊沖縄地方協力本部募集課長(那覇)
28年3月 中部方面総監部防衛部訓練課長(伊丹)
30年3月 第10普通科連隊長兼ねて滝川駐屯地司令

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 滝川駐屯地公式Webサイト(プロフィール画像及び行事写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/takikawa/tyuutonntisireiaisatu/chutonchisireiaisatu.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/takikawa/photo-gallary-top/tainaisekatutaikenn/tainaiseikatutaikenn.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/11d/jgsdf-post/images/takikawa/photo-gallary-top/30kunnrenn/iyotarco/iyotarco.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする