平野邦治(ひらの・くにはる)|第34期・陸上自衛隊

平野邦治は昭和42年2月25日生まれ、東京都出身の陸上自衛官。

防衛大学校第34期の卒業で幹候71期、職種は化学科だ。

平成30年3月(2018年3月) 北部方面後方支援隊長・1等陸佐

前職は東部方面総監部装備部長であった。

(画像提供:北部方面後方支援隊

2018年5月現在、北部方面後方支援隊長を務める平野だ。

正確な科別の人数を把握はしていないものの、その職種である化学科の高級幹部に関する記事を書くことはほとんど無いので、あるいはレアキャラであるのかもしれない。

ただ、一般に化学科を始めとした後方支援科の幹部は、部隊長クラスであっても公式Webサイトに記載がないか、そもそも公式Webサイトが無いことも多いので、ただ単に当サイトを運営する管理人の問題、という可能性もある・・・。

後方系職種の皆様、悪気はありませんお許しください・・・

いずれにせよその化学科は、ある意味において我が国の都市防衛における要とも言える職種だ。

職種の定義でいうと、

「各種化学器材をもって、放射性物質などで汚染された地域を偵察し、汚染された人員・装備品等の除染を行う」

とされるが、もちろんその危機対応は放射性物質に限らず、各種化学物質を始めとしたあらゆる未確認物質に対する初動を担う。

つまり、我が国の政経中枢に対して仕掛けられる都市攻撃において、その可能性が高いと予想されるNBC兵器(核:Nuclear 生物:Biological 化学:Chemical)に対処するための精鋭集団であり、21世紀の攻撃において最も蓋然性が高いリスクに立ち向かうことを任務としているプロフェッショナルであるということだ。

平野は、そのような危険に立ち向かう精鋭たちを指揮しキャリアを積み上げ、平成30年3月に北部方面後方支援隊長に着任した。

国境防衛とはまた違う意味での、我が国の最前線を守るエキスパートであると言ってよいだろう。

では次に、そんな平野がどんなキャリアを歩んできたのか。

その歴史について見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする