木原邦洋(第39普通科連隊長・1等陸佐)|第40期・陸上自衛隊

木原邦洋は長崎県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第40期の卒業で幹候77期、職種は普通科だ。

平成30年8月(2018年8月) 第39普通科連隊長兼ねて弘前駐屯地司令・1等陸佐

前職は北部方面総監部防衛課長であった。


(画像提供:陸上自衛隊弘前駐屯地公式Webサイト


(画像提供:陸上自衛隊弘前駐屯地公式Webサイト

2018年8月現在、日露戦争第8師団以来の伝統を誇る弘前の地で、第39普通科連隊長を務める木原だ。

弘前の強兵・歩兵第31連隊の伝統を引き継ぐ非常に名誉ある連隊であり、この連隊長職を任される幹部は、その後将官まで昇った者も多い。

少し話が逸れるが、第39普通科連隊の前身である歩兵第31連隊についての活躍を、先にご紹介しておきたい。

同連隊がもっとも名を馳せたのは、日露戦争の黒溝台会戦。

この局地戦では、作戦指導の失敗もあり日本軍は窮地に陥り、歩兵31連隊は自軍の5倍にもなるロシア軍の猛攻にさらされる。

そして第31連隊が守る正面を破られると、日本軍は分断されそして各個撃破され、全軍が総崩れになる危機に陥っていた。

この際、31連隊が破られ日本軍が総崩れになり日露戦争に敗れていたら、その後の日本がどうなっていたのか。

その命運は明らかだ。

ロシアが周辺の弱小国を併合し、ソビエト連邦を構成してきた歴史とその扱いを見ても、日本という国家が事実上消滅する危機を迎えていたと言ってよいだろう。

そしてそのような中、31連隊はこの猛攻を耐え、全軍を崩壊の危機から守り抜き、日本陸軍反攻の足掛かりを築いた。

戦後、その活躍は日本国民にも広く知られることになり、31連隊などを主力とする第8師団が「国宝師団」の名誉ある称号を与えられるほどであったが、そのようなこともあるのだろう。

時代は変わり組織は陸上自衛隊に変わっても、この31連隊の伝統を引き継ぐ第39普通科連隊は、エース級の幹部が投入されることが多い。

例えば、現役の幹部である。

連隊長は木原で第30代だが、

第23代 本松敬史(第29期)・統合幕僚副長(陸将)

第24代 吉田圭秀(第30期相当)・第8師団長(陸将)

第25代 佐々木俊哉(第32期)・自衛隊情報保全隊司令(陸将補)

第26代 鳥海誠司(第34期)・教育訓練研究本部教育部長(陸将補)

※肩書は全て、2018年8月現在

などとなっており、歴代の連隊長の多くが将官に昇任する年次になると、より重い責任を担うポストに補されている。

現役以外でみてみると、例えば第15代連隊長であったのは先崎一(第12期)。

第29代陸上幕僚長を経て、初代となる統合幕僚長に昇り詰めた幹部だ。

これだけをみても、いかにこの弘前の強兵に対する陸自の期待が大きいか。

そしてその連隊長にはエース級の幹部が投入されてきたのか。

その歴史がご理解頂けるのではないだろうか。

そして、それほどまでに歴史と名誉ある第39普通科連隊を、第30代で任されたのが、本記事でご紹介している木原である。

ではそんな名誉あるポストを任された木原とは、これまでどんなキャリアを歩んできた幹部なのか。

少し詳細に見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする