戒田重雄(第1空挺団長・陸将補)|第35期・陸上自衛隊

戒田重雄(かいだ・しげお)は昭和44年3月生まれ、兵庫県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第35期の卒業で幹候72期、出身職種は普通科だ。

平成30年3月(2018年3月) 第1空挺団長・陸将補

前職は西部方面総監部幕僚副長であった。


(画像提供:航空自衛隊習志野分屯基地公式Webサイト

2018年9月現在、言わずと知れた我が国の最精鋭部隊・第1空挺団を率いる戒田だ。

なお上記写真2枚めだが、こちらは2018年度第1空挺団創立記念イベントの際に、地元協力会の方に撮影してもらったものである。

掲載を前提に快く応じて頂けたものだが、詳細はこちらでご案内しているので、良ければ併せてご覧頂きたい。

【現地レポート】第1空挺団・習志野駐屯地記念行事2018

戒田将補、ありがとうございました!

さて、その戒田だ。

「精鋭無比」を合言葉に、陸自のどの部隊よりも圧倒的な精強さを誇り、その機動力を活かしあらゆる危機に駆けつける第1空挺団の精鋭を率いる。

そして戒田自身も、その原隊(初任地)は第1空挺団であった。

空挺出身の多くの幹部自衛官は、いつかはその原点である第1空挺団長に着任したいと願いながら鍛錬を重ねる。

おそらく戒田自身もそうであったのかと思われるが、陸将補に昇任して2つ目のポストとして、念願の原点に戻ってきた形だ。

部隊を愛する想い、部隊を精強な組織に育てたいという情熱は、歴代の団長の中でも指折りの熱さである。

なお、その戒田の前職は西部方面総監部の幕僚副長。

こちらも言うまでもなく、国防の最前線であり、島嶼部における防衛能力の強化は喫緊の課題となっている。

特に、戒田が副長を務めていた平成28年7月から30年3月にかけては、陸自大改革に向けて西部方面隊の組織も大幅に改編。

さらに陸上総隊が新設され、その隷下に日本版海兵隊と呼ばれる水陸機動団も設置されるなど、西方と、西方を取り巻く防衛体制は刷新されたと言っても良い程に機能が強化された。

そのような中にあり、組織再編の主導的役割を担い、更に機動団の設立にも尽力をし続けた戒田だ。

2017年2月には、陸自と米海兵隊の合同訓練・「アイアン・フィスト(鉄拳)」も主導し、水陸機動団設立後の運用イメージを作り上げるなど、ハードだけでなくソフト面でも力を尽くす。

このように、あらゆる意味で非常に豊富な経験を積んだ、心身ともに精強な幹部がその原点である第1空挺団を任された形だ。

空挺団に対する期待と、戒田に対する注目度は、かつて無いほどに高まっていると言ってよいだろう。

ではそんな戒田とは、これまでどんなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のりまき より:

    まず、写真を見てすごい顔をされていていくつもの修羅場を潜り抜けてきた猛者って感じに思えました。さておき、確か去年NHKだったか西部方面幕僚副長として水陸機動団となる部隊の訓練の指揮をしていたのが放送されていましたね。そして初任地に配属されてからついにトップとなる第1空挺団長になり、このままなら平成最後の団長は戒田陸将補で決まりですね。

    ちなみに先日石川県金沢市の金沢駐屯地の創立記念に久しぶりに行ってきましたが、祝辞に戒田陸将補の名前が出て来て、第1空挺団長と言う役職が一段と目立った感じでした。さらに戒田陸将補の先々代駐屯地司令の富樫陸将補(33期)や吉田幸一一等陸佐(期別不明、現陸幕人事教育部厚生課長で富樫陸将補の部下、幹部レンジャー保有者)の名前まで出て来て改めて第14普通科連隊はエリートコースだなと思いました。

    話が逸れましたが、来年の平成最後の空挺団の降下始めのトップバッターである戒田陸将補の降下期待したいのと時間あれば降下始めと創立記念行ってみたいですね。

    • ytamon より:

      いろいろな意味で、迫力を感じる団長さんですね。
      14普連長を経験し、第1空挺団長にも昇った幹部といえば、山之上哲郎(27期)・元東北方面総監がやはり思い出されます。
      しかしもう、陸自におられない・・・
      (´;ω;`)

  2. のりまき より:

    やはり、山之上陸将は偉大ですね。ただ、最近第14普通科連隊長に着任した梨木一等陸佐は山之上陸将が14普連長に着任した時の歳と同じみたいで空挺・幹部レンジャー保有者なのでもしかしたら将来の第1空挺団長候補かもしれませんよ。ちょっと自慢話みたいな感じになってしまい申し訳ないです。