山﨑麻由(第8高射特科大隊長・2等陸佐)|第47期・陸上自衛隊

山﨑麻由は兵庫県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第47期の卒業で幹候84期、職種は高射特科だ。

生年月日は判明しないが、47期はストレートの場合、昭和55年度の生まれということになる。

平成30年8月(2018年8月) 第8高射特科大隊長・2等陸佐

前職は陸幕人事教育部勤務であった。


(画像提供:陸上自衛隊第8師団公式Webサイト

2018年9月現在、国防の最前線、西部方面隊の第8師団隷下、第8高射特科大隊長を務める山﨑だ。

第47期の幹部のご紹介は初めてであり、最年少ということになるが、2018年度でおそらく38歳と思われる。

もはや女性の指揮官は珍しく無くなりつつあるが、それでも国防の最前線で国家から1個大隊を任されるのが若く頼もしい女性自衛官となると、注目したい。

さっそくご紹介していきたい。

その第8高射特科大隊。

2018年3月に実施された陸自大改革の前後で、大幅な組織改編がなされた西部方面隊隷下にあるが、やはり様々な組織の再編を経験している。

具体的には、大隊隷下にあった一部中隊が、新編された第42即応機動連隊の高射部隊として合流。

またそれに先立つ2017年2月には、最新の防空システムである11式短距離地対空誘導弾が導入されるなど、防空能力の近代化と総合的な強化が目立つ部隊となっている。

なお11式短距離地対空誘導弾は、別名が基地防空用地対空誘導弾。

2018年月現在で、配備されているのは、高射教導隊を除けば沖縄の第15高射特科連隊と、この山﨑が率いる第8高射特科大隊のみだ。

最新式の基地防空システムが配備されるということはすなわち、それだけ切迫した防空能力の強化が課題であるということだが、それもそのはずであり、第8高射特科大隊の担当区域は九州南部。

日本一の離島を抱える鹿児島県を中心に、非常に防衛が難しく、また有事の際には地対艦ミサイル部隊による反撃の拠点になる可能性があるなど、防空能力が国防に直結する非常に重要な地域だ。

この地域の軍事バランスが一旦崩れると、我が国の南西方面島嶼部は確実に中国人民解放軍の侵略を受けることになる。

そうなると、局地戦の危機が現実になることはもちろん、世界経済に与える影響も深刻なものとなり、世界は一気に不安定化するだろう。

そのような事態を未然に防ぐために、自衛隊は研ぎ澄まされた「抜かない刀」を磨き上げるが、その最前線を任されたのが山﨑である。

この若き幹部に掛けられている自衛隊内外の期待は、非常に大きい。

では、そんな最前線を任されることになった山﨑とは、どんなキャリアを歩んできた幹部なのか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする