田浦正人(北部方面総監・陸将)|第28期・陸上自衛隊

田浦正人は昭和36年12月2日生まれ、長崎県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第28期(機械)の卒業で幹候65期、出身職種は機甲科だ。

平成29年8月(2017年8月) 北部方面総監・陸将

前職は第7師団長であった。

なお北部方面総監としての指導方針は以下の通り。

【方面総監要望事項】

よく考えて、前へ!


(画像提供:陸上自衛隊北部方面隊公式Webサイト

2018年10月現在、北部方面総監を務める田浦だ。

言うまでもなく、我が国最大にして圧倒的な火力を誇る最強の方面隊であり、その方面総監は過去、陸上幕僚長のイスにもっとも近いところにいた。

近年でも、

第34代 岩田清文(第23期)

第35代 岡部俊哉(第25期)

第36代 山崎幸二(第27期)

と、3代連続して陸上幕僚長は、北部方面総監から昇格している形だ。

それほどまでに、我が国の安全保障の根幹を支え続けてきた方面隊であり、冷戦構造が崩れた今も、その存在感はいささかも揺らぐことはない。

広大な演習地を抱えていることからも、これからも我が国の防衛体制の中で、中心的な役割を果たしていくことになるだろう。

ところでその、北部方面隊のトップに立つ田浦。

いきなり個人的なことを申し上げて恐縮だが、管理人が愛してやまない自衛官と言えば、言うまでもなく山之上哲郎(第27期)・前東北方面総監だ。

様々なエピソードをお聞きし、また実際にお目に掛かってきた中で、山之上元陸将以上に尊敬申し上げ、大好きな自衛官を他に知らない。

しかし、その次に好きな自衛官は誰?ともし聞かれることがあれば、散々に迷っておそらく5~10人くらいの名前を挙げることになるだろう。

そしてその一人が、間違いなくこの田浦だ。

お目に掛かったことはないものの、その経験してきたキャリア、人づてにお聞きするそのお人柄、ご家族や周囲の人を大切にされる価値観など、あらゆることを尊敬申し上げられる自衛官である。

我が国最大にして最強の方面隊を任されるのは、このような将器の人であるのかと、本当に納得する思いだ。

特に田浦の場合、方面総監に昇る最高幹部が通常経験する、師団長の次のポストを経験していない。

第7師団長からいきなり、北部方面総監に昇っている。

更に言うと、中央(陸上幕僚監部、統合幕僚監部)での部長職も経験しておらず、そのキャリアのほとんどが、中央とは遠いところにあった。

おそらく、政治や政治家とも相当、縁遠いところで現場を中心とした任務に邁進してきた自衛官人生だったのではないだろうか。

にも関わらず、この北部方面総監に昇られたキャリアに、改めて凄さを感じさせられる最高幹部だ。

そう言った事も含めて田浦には、特別な敬意を感じている。

では、そんな田浦とはこれまで、どのような自衛官人生を歩んできたのだろうか。

少し詳細に、そのキャリアを振り返ってみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする