岸川公彦(中部方面総監・陸将)|第28期・陸上自衛隊

岸川公彦(きしかわ・きみひこ)は昭和36年7月25日生まれ、兵庫県多可町出身の陸上自衛官。

防衛大学校第28期(土木工学)の卒業で幹候65期、出身職種は施設科だ

平成29年8月(2017年8月) 中部方面総監・陸将

前職は防衛大学校幹事であった。

なお中部方面総監としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

任務の完遂

【要望事項】

「日々練成」「融和団結」「地域と共に」


(画像提供:陸上自衛相中部方面隊公式Webサイト)※PDF注意


(画像提供:陸上自衛相中部方面隊公式Webサイト)※PDF注意

2018年11月現在、中部方面総監を務める岸川だ。

言うまでもなく、このポジションにあるものは次の陸上幕僚長の有力候補であり、実際に岸川も今頃、その候補者として政府内で、慎重に人選が行われているまさに真っ最中のはずだ。

中部地方から近畿地方、中国・四国地方までをもその担当地域に持ち、極めて重い責任を担う28期の最高幹部である。

外務省への出向で外交の現場を経験し、また米陸軍戦略大学に留学するなど、早くから陸自内外の期待を集め、そしてその期待に応え続けエリートコースを駆け上がってきた。

なおその岸川。

出身は中部方面隊の司令部が所在する兵庫県であり、人口僅か20000人余の山村である兵庫県の内陸部、多可町の出身だ。

早くから過疎化が進み、1990年(平成2年)には同町を走る唯一の鉄道路線であった鍛冶屋線も廃線となり、陸の孤島となった小さな町である。

その多可町から防衛大学校に進み、2017年8月、同地域をも管轄下に治める中部方面隊の方面総監に着任した。

いわば、「故郷に錦を飾る」大出世を果たしたというところだ。

そして余談だが、岸川の好きな曲はKelly Clarksonの「Breakaway」。

Grew up in a small town
And when the rain would fall down
I’d just stare out my window

(小さな街で育った そして雨が降ると、ただ窓の外を見つめていた)

こんな歌詞で始まる曲だが、その描写はきっと岸川の原風景であり、故郷を思い出す心の歌であるのかもしれない。

そして、内陸部の寒村の窓から冷たい雨を見つめていた少年は、今、我が国の平和と安全に直接の大きな責任を担う要人となり、そして国民のために日々、身を粉にして任務に励んでいる。

いつの日か、その重い責任から解放される時が来たら、また思い出の故郷の地に立つこともあるだろう。

その時には、この大好きな曲を聞きながら、大きな仕事をやり遂げた自分の人生を振り返り、何を思うのだろうか。

しかし、そんなひと息をつくことができるようになるまでは、まだ少しばかり時間がかかりそうである。

では、そんなエリート街道を駆け上がってきた岸川とは、これまでどのような自衛官人生を過ごしてきたのだろうか。

少し詳細に、そのキャリアを見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする