坂本知司(陸上幕僚監部法務官・陸将補)|第29期・陸上自衛隊

坂本知司(さかもと・ともじ)は昭和37年10月生まれ、北海道出身の陸上自衛官。

防衛大学校第29期の卒業で幹候66期、出身職種は判明しないものの、そのキャリアから考えて、恐らく普通科であると思われる。

平成29年8月(2017年8月) 陸上幕僚監部法務官・陸将補

前職は第9師団副師団長兼青森駐屯地司令であった。


(画像提供:陸上自衛隊第9師団公式Webサイト


(画像提供:防衛省東北防衛局公式Webサイト

2018年11月現在、陸上幕僚監部法務官を務める坂本だ。

おそらく、数ある陸上自衛隊の将官の中でも、これほど中々、表に出てくることが稀なポストは他にないのではないだろうか、という一般市民との接点が極めて少ない要職である。

法務官の仕事は、例えば自衛隊の活動に伴い発生した損害や損失に関する法的対応。

もしくは、自衛隊員個人に生じてしまった損害や事故などについて、その補償に関する法的対応を行う責任者というのが、任務の一例だ。

具体的には、陸上自衛隊饗庭野駐屯地では2018年11月。

第37普通科連隊が演習中に発射した迫撃砲弾が国道に着弾し、一般市民の車に損害を発生させてしまう出来事があった。

被害者が私(管理人)であれば、あるいは謝罪に来られた第3師団副師団長や幕僚長などにハシャいで、握手まで求めてしまうかもしれないが、さすがに一般市民はそうは行かないだろう。いや、私も一般市民なのだが。

大ごとになり、当面の間、饗庭野演習場での実弾訓練が自粛される事態になってしまった。

この記事を更新する数日ほど前のことなので、まだまだしばらくは後を引きそうだ。

例えばこのような場合の損失補償に関する法的対応も、法務官の仕事ということになるだろう。

なお、謝罪や原因究明といった役割は、一義的には現場単位の高級幹部が担うので法務官が出ていくことはない。

あくまでも、法的対応の責任者ということになる。

任務の性質上、なかなか明るい気持ちで取り組むことが難しいかも知れない仕事だが、それでも自衛隊が国民の理解を得て、あるいは隊員の健康と命、財産を保護するという意味においても極めて重要な仕事だ。

だからこそ、29期のベテランである坂本が、その重い任にあたっているということである。

ぜひ、自衛隊にはそんな仕事があることも知っておいて欲しい。

なお余談だが、上記の饗庭野を報じるニュースで、現場幹部が、地元住民に説明会を開き謝罪するシーンがテレビで放映されていた。

あーあ・・・着任したばかりなのに、伊藤優一郎(第40期)・37普通科連隊長、テレビの前で謝罪させられてるよ。。と思ったが、よく見ると違った。

一瞬のことで断言はできないが、マイクを持って立ち上がり、住民に謝罪をしていたのはおそらく第3戦車大隊長の水谷清隆(第43期)だ。

「・・・なんで水谷1佐が??」

と思ったが、おそらく今津駐屯地司令だから、ということなのだろう。

責任者というポジションは、いつどんな形で「責任罰」が降りてくるかわからないものである。

いつだったか、自衛隊の元幹部の方の手記を拝見している時に、「責任罰は男の勲章たい!」と仰っていた記事が印象的だったが、まさにそれだ。

関係者各位には、しっかりと再発防止に取り組んで頂いた上で、「男の勲章」を握りしめ、次に進んで欲しい。

では、そんな要職を影から支える坂本とは、一体どんなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする