大庭秀昭(北部方面総監部幕僚長・陸将補)|第30期・陸上自衛隊

その大庭が陸上自衛隊に入隊したのは昭和61年3月。

初任地は、多くの幹部候補生がその配属を尻込みすると言われている第25普通科連隊(遠軽)だ。

北海道の中でももっとも自然環境が厳しい駐屯地の一つで、「風雪磨人」の合言葉で知られる、北の最精鋭部隊である。

この厳しい北の大地で、初級幹部として非常に厳しい自衛官生活のスタートを切った。


(画像提供:陸上自衛隊第5旅団公式Webサイト ひがし北海道だより第166号)

その後、現場にあっては富士学校普通科部教官、第12師団第3部訓練班長、幹部学校教育部教官など教育・訓練系が目立つ補職を歴任。

中央や地方隊の司令部にあっては、陸幕防衛部研究科研究班、西部方面総監部防衛部防衛課長、東北方面総監部防衛部長など、防衛関係のポストで要職を歴任した。

そして、ある意味でその集大成とも言える幹部候補生学校長に、平成27年3月に着任。

29年3月に北部方面総監部幕僚長に転じ、現在に至る。

人を育て、組織をより精強にする領域での強みが目立つ、我が国を代表する最高幹部の一人と言ってよいだろう。

では最後に、その大庭と同期である30期組の動向について見てみたい。

30期組は、既に1選抜の陸将が出揃っており、同期の陸上幕僚長候補という意味では絞り込みが終わっている状況だ。

そして2018年12月現在、その候補者たる30期組の陸将にある幹部は、以下の通りになっている。

髙田祐一(第30期)・富士学校長(普通科出身・2017年8月)

小野塚貴之(第30期)・陸上幕僚副長(施設課出身・2017年8月)

野澤真(第30期)・第2師団長(野戦特科出身・2017年8月)

吉田圭秀(第30期相当)・第8師団長(普通科出身・2017年8月)

田中重伸(第30期)・第3師団長(航空科出身・2017年12月)

※肩書はいずれも2018年12月現在。( )は陸将昇任時期。

以上のようになっており、30期組は髙田、野澤、小野塚、吉田の4名が、極めて近い将来の陸幕長候補と言うことになるだろう。

中でもおそらく、大本命として陸自内外から期待を集めているのは、おそらく高田であろうと予想している。

次の次の陸上幕僚長候補として、内局はもちろん、政治家サイドでも強く意識されている存在ではないだろうか。

大庭については、我が国最大の勢力である北部方面隊で幕僚長を務めているのが現職だ。

後職では、おそらく陸将に昇任することになると思われ、いずれかの師団を任されるか、あるいは相当職に着任することになるのではないだろうか。

自らの栄進や出世など顧みず、組織としてあるべき姿を追求する陸自らしい将官の一人である。

そんな大庭の活躍からは今後も目を離さず、そして応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。


(画像提供:陸上自衛隊第2師団公式Webサイト

◆大庭秀昭(陸上自衛隊) 主要経歴

昭和
61年3月 陸上自衛隊入隊(第30期)
62年3月 第25普通科連隊

平成
5年8月 富士学校普通科部教官
9年1月 3等陸佐
9年8月 第12師団第3部訓練班長
11年3月 陸上幕僚監部防衛部研究科研究班
12年7月 2等陸佐
15年3月 幹部学校教育部教官
15年8月 陸上幕僚監部調査部調査課中期担当
17年1月 1等陸佐
17年8月 幹部学校付
18年8月 西部方面総監部防衛部防衛課長
21年3月 第37普通科連隊長
23年8月 東北方面総監部防衛部長
25年12月 第10師団副師団長
26年3月 陸将補
27年3月 幹部候補生学校長
29年3月 北部方面総監部幕僚長

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする