小田剛(第6特科連隊長・1等陸佐)|第40期・陸上自衛隊

小田剛(おだ・つよし)は昭和47年11月30日生まれ、大阪府出身の陸上自衛官。

防衛大学校第40期(精密機械工学)の卒業で幹候77期、職種は野戦特科だ。

平成30年8月(2018年8月) 第6特科連隊長兼ねて郡山駐屯地司令・1等陸佐

前職は第3師団司令部第3部長であった。

(画像提供:陸上自衛隊郡山駐屯地公式Webサイト

(画像提供:陸上自衛隊郡山駐屯地公式Webサイト

2018年12月現在、福島県の郡山駐屯地に所在する第6特科連隊で指揮を執る小田のご紹介だ。

FH-70を主兵装とした野戦特科の部隊であり、南東北の護りを担当するみちのくの精鋭部隊である。

ただ、いきなりの辛い話で何だが・・・

この第6特科連隊、小田が最後の連隊長であり、2019年3月末で廃止されることが決まっている。

厳しい防衛予算の見直しが続く中での、野戦特科の縮小方針を受けた措置だ。

野戦特科部隊は全国的に廃止・再編が続いており、概ね各地の連隊・隊は方面隊直下に集約されるのが現在進んでいる再編の状況となっている。

そしてこの第6特科連隊も例外ではなく、部隊廃止の上でその一部が東北方面特科隊に吸収される。

そして一部については、宮城県の多賀城に所在する第22普通科連隊と統合し、第22即応機動連隊として生まれ変わる予定だ。

そしてFH-70を迫撃砲に換装し、我が国のあらゆる有事に駆けつけられる、即応性を備えた部隊として、新たな任務を担うことになる。

第6特科連隊は、前身となる独立特科32大隊が昭和28年10月、長崎県針尾から郡山へ移駐したことからその歴史が始まる。

以来、冷戦時代の厳しい安全保障環境の中で国土の防衛を果たし、また数多くの災派(災害派遣)でも活躍し、多くの人の命を救った。

もちろん、東日本大震災にあっても福島所在の部隊として、全国どの部隊よりも、非常な働きで人命救助・震災復興の任にあたっている。

その65年の歴史に幕をおろし、間もなく廃止になろうとしている。

小田はその最後の指揮官として、組織再編の非常に難しい、重要な任務を任された形だ。

野戦特科の指揮官として、自らが指揮する部隊の廃止を手掛けるのは、複雑な気持ちであることは間違いないだろう。

しかし、難しく厳しい任務だからこそ、小田に任されたという巡り合わせであったはずだ。

だからこそ、この誇り高い部隊を最後まで、小田の手で見送って欲しいと願っている。

私たち一般国民も、この郡山の地に第6特科連隊という精強な部隊があったことを、決して忘れることはない。

では、そんな伝統ある部隊の最後の大仕事を任された小田とは、これまでどんなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする