末継智久(第12施設群長・1等陸佐)|第39期・陸上自衛隊

末継智久(すえつぐ・ともひさ)は昭和47年12月21日生まれ、山口県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第39期の卒業で幹候76期、職種は施設科だ。

平成30年8月(2018年8月) 第12施設群長兼ねて岩見沢駐屯地司令・1等陸佐

前職は陸上幕僚監部防衛部施設科建設班長であった。

なお第12施設群長としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】

「バランス」

【要望事項】

「任務・目的の意識」

「バランスの良い練度の保持」

「健全な心、体、家族」

【駐屯地司令要望事項】

「地域との共存」

「駐屯地機能の継続的発揮」

「歴史の継承」

(画像提供:陸上自衛隊第9施設大隊公式Webサイト 広報誌まべち第140号)

(画像提供:陸上自衛隊岩見沢駐屯地公式Webサイト

2018年12月現在、第12施設群長兼ねて岩見沢駐屯地司令を務める末継だ。

12月21日、つい3日前が誕生日であり、46歳になったばかりの施設科のエキスパートである。

札幌の北東、夕張の北に位置する極寒の北海道内陸部で、第12施設群の精鋭を率いている。

施設科と言えば、もちろんその役割は演習場整備や施設の整備・設営、陣地の構築や架橋など、戦闘部隊が有利に戦いを進めるためのあらゆる支援をおこなうことにある。

その一方で、近年では国際貢献活動における活躍が目立ち、我が国の高い土木技術力が施設科の幹部曹士を通じ、世界平和にも大いに貢献しているという非常に誇り高い活躍がある。

そして末継も、入隊からわずか6年目の平成13年には、イスラエルとシリアの停戦を監視する国連の活動、UNDOFに参加して中東・ゴラン高原に赴いている。

第12次ゴラン高原派遣輸送隊の一員としての赴任だ。

その任務は主に、

・各宿営地や港湾・空港間における輸送業務

・輸送に必要となる道路など各種インフラの整備及び補修

・山岳地帯における除雪作業

・その他、UNDOF(国連兵力引き離し監視隊)の活動に必要な後方支援業務

といったところだが、もちろん一般に想像される平時での輸送及び土木工事と言った生ぬるいものではない。

そもそもが、イスラエルと中東諸国が、国連軍が間に入らないと戦争を始めるような地域のど真ん中である。

その任務は非常な危険が伴うだけでなく、山岳地帯では2800m級の道路で除雪作業を行うなど、非常な困難を極めた。

治安だけでなく、自然環境にも命の危険を晒す非常に厳しい任務に、私達の自衛隊は赴いていたわけだが、この国際貢献活動は、本当にもっと特筆されるべきもののはずだ。

実際に、平成25年にこの任務が打ち切られ、撤収が決まった際の理由は、治安の悪化による。

幹部に任官しまだ6年の20代であった若き末継も、いきなりこの困難な任務を任され現地で汗を流したわけだが、施設科の「駆け出し」幹部として、これ以上はない経験になったのではないだろうか。

そしてその後、末継は職種部隊の指揮官としてはもちろん、施設学校や陸幕でも要職を重ねていくが、きっとこの時の経験が、我が国のその後のPKO活動にも大きな財産となったはずである。

国益に資する、施設科の重要な任務を最前線で担い続けてきた高級幹部の一人と言ってよいだろう。

ではそんな末継とはこれまで、具体的にどのようなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする