1佐人事・昇任1佐人事|2021年7月・陸上自衛隊

Pocket

2021年7月、陸上自衛隊1佐・昇任1佐の人事異動が防衛省から発令された。

当月は、中堅幹部にとってもっとも大事な月の一つと言ってもよいだろう、昇任1佐人事が発令され、また7~8月に予定されている将官の人事異動に備えた、将官連動人事が発令される月でもある。

まずは、国防の現場でもっとも重い責任を新たに担うことになった新任1佐の皆様に、心からお祝いを申し上げたいと思う。

 

新たに昇任された1佐の皆様、本当におめでとうございます!

これまで20年、人によっては30余年の実直でご誠実な自衛官人生であったかとおもいます。

その結果として、国家から重い責任を任され1佐に昇られる栄誉を与えられた幹部の皆様を、国民の一人として心から誇りに思います。

どうぞこれからも任務に邁進されますことを心からお祈り申し上げますとともに、一国民として微力ながら、お力添えをしていきたいと思います。

このたびは誠におめでとうございました!

 

さてその上での、陸自の当月の動きについてだ。

当月に限らないのだが、2021年5月以降に陸自では、やたら統幕の運用2課兼務の発令が目立つことに、お気づきの方も多いのではないだろうか。

ご存知のように統幕の運用2課と言えば、陸海空3自衛隊の統合運用や災害派遣を担当する実務責任部署である。

その課長ポストは、陸自で言えば「次の異動で陸将補に昇る」定番のポストであり、おそらく旧軍でいうところの「作戦」責任者にあたるのだろう。

そしてその重要部門に、ざっと書き出すとこの3ヶ月で、5通11人が陸自だけで兼務の発令を受けている。

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部運用支援・訓練部運用支援課)
1等陸佐 小林直基

(陸上幕僚監部衛生部)
1等陸佐 鈴木裕之

令和3年5月13日付

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部防衛部防衛課研究室長)
1等陸佐 川口貴浩

(陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛調整官)
1等陸佐 梅木正造

(陸上幕僚監部防衛部防衛課開発室長)
1等陸佐 栗木茂幸

令和3年6月5日付

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部人事教育部人事教育計画課)
1等陸佐 入江一博

(陸上幕僚監部人事教育部人事教育計画課企画班長)
1等陸佐 井上雄一朗

(陸上幕僚監部人事教育部補任課人事第2班長)
1等陸佐 萱沼文洋

(陸上幕僚監部防衛部防衛課)
1等陸佐 湯澤憲治

令和3年6月18日付

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部監理部総務課)
1等陸佐 上野富一郎
令和3年7月3日付

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部情報課基盤情報班長)
1等陸佐 藤田博之
令和3年7月17日付

 

理由について、いくつか考えられるのだが、ざっと以下のようなところだろうか。

(1)そもそも大した理由はない

最初に考えられる可能性として、次の異動までの腰掛けという、ただそれだけの理由だ。

ケースバイケースで腰掛けになる理由や期間は様々だが、これは全く珍しいことではない。

しかも、7~8月の大きな将官の異動、すなわち昇任の将官人事が必ず発令され、必然的にご退役をされる将官の方が必ずいる夏の人事異動の前では、1佐人事も大きめに動く。

ただそれだけの可能性というのが1点目。

ただこれは、後述の理由で可能性が低そうだ。

 

(2)陸演の準備

ご存知のように陸自では、2021年9月から、1993年以来38年ぶりとなる陸演(陸上自衛隊演習)を行うことになっている。

14万人いる隊員のほぼ全員がなんらかの形で参加する大規模演習であり、いうまでもなく今回は、南西方面有事を想定したものだ。

であれば、陸自だけの想定で有意義な演習をやりきれるものではなく、また統合運用を重要視する今の自衛隊のあり方から考えて、海空にも一定の役割を担ってもらうことは容易に想像がつく。

というよりも、演習の内容、場所、想定・・・といったものを決定するにも、海空に参加してもらわないと、南西方面で実践的な演習は難しいだろう。

そのため、陸演は統幕2課を中心に部隊運用のプランニングがなされており、その準備のために運用2課に、必要な幹部が集められているのではないだろうか。

そのような視点から見ると、5月以降の異動の顔ぶれはとても納得感がある陣容になっている。

 

(3)新組織立ち上げの準備?

最後に考えられるのが、予告されている統合司令部の新設など、新たな大規模部署の設立準備に入っているのではないか?という予想だ。

ただ統合司令部の発足準備なのであれば、海空でも同様に統幕運用2課への発令が多く見られるなど、同様の特徴が無い限り、筋が通らない。

そしてそのような傾向は今のところ無い。

であれば、陸自内での新たな大規模な組織改編か運用見直しに絡み、統合運用との兼ね合いで統幕運用2課がイニシアティブを執ってるということなのだろうか。

いずれにせよこの辺りは、推測の域を出ない上に、考えても全く結論が出ない。

そのため引き続き注意深くウォッチしながら、楽しみに動きを待ちたいと思う。

 

最後に、恐らくこの7-8月は、ここまで(7月25日)の1佐の異動発令を見ても、極めて小規模な人事異動の夏になるのではないだろうか。

将官に連動した人事の動きが余り感じられない上に、そもそも陸演と東京五輪、秋の衆院選挙の関係で、偉い人を容易に動かせる状況にはないのだろう。

そのような理由から、(1)で挙げたような腰掛け人事が多く発令されやすいような状況ではなく、恐らく陸将補・陸将の人事も、かなり小規模になるのではないだろうか。

昇任人事と、それに伴い退役される将官の発令に加え、予想される必然的な異動に留まるというのが常識的なセンであると考えている。

 

なお常連の読者さんであればご存知だと思うが、管理人の予想はかなりの確率で外れることで有名である。

そのため、これら予想内容を真に受けることは、オススメできない。。

万が一、メディア関係者などで私の予想を真に受けて何かに書き、大外ししても、責任は取れないのであしからず、である・・・。

 

なお例によって、アイキャッチ画像の美しい女性は人事異動とは何の関係もない。

帯広地方協力本部で日々、募集業務や地域貢献の重要な業務に従事する、陸海の担当者さんを撮影したひとコマだ。

なおこのカットには少し意味があり、私の自衛隊の師匠でもある小島肇(第19期)・元2等陸佐が同地本を訪れた日に、撮影されたものだ。

そして小島は今なんと、「輝き活躍する女性自衛官写真」なるものを出版すべく、北海道中の女性自衛官の活躍を撮りまくっている。

いや、それ自体は映像作家でもあり、カメラマンでもあるので何もおかしなことではないのだが、その仕事は少し羨ましすぎるのではないか。

というか、出版されたら絶対に裏からコッソリ回してもらわないと気がすまないのである。

そんな小島の写真集に、こちらの女性自衛官もバッチリ写っているはずだ。

出版されたら本サイトからもご案内するので、ぜひご興味ある方は購入して欲しい。

まもなく年金生活になる(?)小島の、老後の足しになるはずである・・・。

 

その他、詳細な人事異動の内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:帯広地方協力本部公式ツイッター

1等陸佐に昇任させる

(陸上自衛隊関東補給処)
2等陸佐 天利光宜

(陸上幕僚監部)
2等陸佐 新井信裕

(第8師団司令部)
2等陸佐 井出智昭

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 上原直樹

(陸上自衛隊情報学校)
2等陸佐 内山広治

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 大谷進一郎

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 梶谷篤史

(西部方面特科連隊)
2等陸佐 金丸亮平

(陸上自衛隊北海道補給処)
2等陸佐 狩野秀樹

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 菊池裕紀

(装備実験隊)
2等陸佐 工藤功介

(陸上自衛隊衛生学校)
2等陸佐 國島秀二

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 栗田和典

(中部方面総監部)
2等陸佐 小泉健司

(陸上自衛隊東北補給処)
2等陸佐 小段雄三

(自衛隊中央病院)
2等陸佐 小林伸久

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 齋藤育

(第6偵察隊)
2等陸佐 櫻井秀平

(統合幕僚監部)
2等陸佐 篠部大介

(陸上幕僚監部)
2等陸佐 赤藤司

(第9師団司令部)
2等陸佐 聖德猛

(東部方面総監部)
2等陸佐 竹村亮

(西部方面衛生隊)
2等陸佐 田嶋修

(中部方面総監部)
2等陸佐 築地靖男

(東北方面総監部)
2等陸佐 豊原芳之

(陸上幕僚監部)
2等陸佐 永江実

(自衛隊中央病院)
2等陸佐 中山健史

(北海道防衛局)
2等陸佐 新山雄貴

(北部方面総監部)
2等陸佐 西田誠

(陸上自衛隊需品学校)
2等陸佐 橋詰勝常

(第4陸曹教育隊)
2等陸佐 長谷部浩司

(北部方面航空隊)
2等陸佐 早田泰隆

(防衛装備庁)
2等陸佐 原田和伸

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 樋口圭

(陸上幕僚監部)
2等陸佐 廣田佳仁

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 深江防人

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 古健太郎

(第1陸曹教育隊)
2等陸佐 前田貴大

(西部方面総監部)
2等陸佐 松田友宏

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 村木敏彦

(陸上自衛隊北海道補給処)
2等陸佐 山内和也

(習志野駐屯地業務隊)
2等陸佐 山口尚

(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
2等陸佐 山本慎太郎

(陸上自衛隊九州補給処)
2等陸佐 渡部孝則

令和3年7月1日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0701b.pdf

 

 

統合幕僚監部指揮通信システム部指揮通信システム企画課勤務を命ずる兼ねて自衛隊指揮通信システム隊勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 巽直也

 

陸上幕僚監部防衛部防衛課勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 富野匠

 

陸上幕僚監部装備計画部装備計画課勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 八津尾宗之

 

陸上幕僚監部衛生部企画室勤務を命ずる兼ねて自衛隊中央病院産婦人科勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 吉永洋輔

 

東部方面総監部防衛部勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 安達弘典

 

第8師団司令部勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 今井洋平

 

第15旅団司令部勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 鎌田寛

 

陸上自衛隊輸送学校勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 冨永敦

 

陸上自衛隊教育訓練研究本部勤務を命ずる
(陸上自衛隊中央業務支援隊付)
1等陸佐 西﨑心

 

陸上自衛隊教育訓練研究本部付を命ずる
(陸上自衛隊教育訓練研究本部)
1等陸佐 髙木耕一郎

令和3年7月1日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0701a.pdf

 

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部監理部総務課)
1等陸佐 上野富一郎
令和3年7月3日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0705a.pdf

 

 

西部方面総監部防衛部勤務を命ずる
(陸上自衛隊教育訓練研究本部付)
1等陸佐 中津健士

令和3年7月16日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0716a.pdf

 

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部情報課基盤情報班長)
1等陸佐 藤田博之

 

(陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部指揮通信システム課サイバー・電磁波領域班長)
1等陸佐 横尾学

 

(陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部指揮通信システム課企画班長)
1等陸佐 塩満大吾

令和3年7月17日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0719a.pdf

 

 

兼ねて統合幕僚監部運用部運用第2課勤務を命ずる
(陸上幕僚監部人事教育部補任課)
1等陸佐 中村康男

(陸上幕僚監部装備計画部装備計画課補給管理班長)
1等陸佐 矢山善隆

(陸上幕僚監部装備計画部装備計画課)
1等陸佐 土工琢郎

(陸上幕僚監部装備計画部装備計画課)
1等陸佐 永禮完次

令和3年7月29日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0730a.pdf

Pocket

コメントを残す