1佐人事・昇任1佐人事|2021年1-2月・海上自衛隊

Pocket

 

2021年1-2月、海上自衛隊1佐人事・昇任1佐人事が発令された。

まずは、今回の人事で1等海佐に昇任された皆様、本当におめでとうございます!

長い間の努力と国家への貢献が認められ、1等海佐に昇られたことに、心からのお祝いと敬意を申しあげます。

厳しい国際情勢の中で、またコロナ禍の中で、心身ともに厳しい任務が続いているかと拝察申し上げますが、どうぞお体にお気をつけになって任務に励んでください。

そして、さらなるご活躍をされることを心よりお祈り申し上げます。

 

さて、本題に進みたい。

今回の人事で1選抜の1等海佐に昇ったのは、平成14年入隊、すなわち防衛大学校第46期(相当)の幹部たちである。

寄り道なしのストレートの場合、昭和54年度生まれということになり、2020年度(当年度)で41歳の若きリーダーだ。

今後、中央での班長や課長ポスト、隊司令、艦長、群首席幕僚、自衛艦隊・護衛艦隊の主任幕僚、地方本部長・・・といった要職に就き、まさに国家防衛の現場指揮官として多くの活躍を重ねていくことになる。

そして、1選抜前期で海将補に昇るのが6年半後の2027年夏の将官人事。

12年後の2033年夏~2034年春の将官人事で1選抜の海将に昇るものが選抜され、そして概ね2036~2038年頃に、それらエリートから海空幕僚長も選抜されるのが、一つのモデルケースだ。

 

しかし海自でも、やはり海自らしい陸・空とは少し異なる人事がある。

海自では、海上幕僚長に昇るものであっても、必ずしも1選抜前期で海将補、海将のポストに昇任しているわけではない。

例えば、長きに渡り自衛隊のラスボスとして活躍した河野克俊(第21期)

河野は海将補昇任こそ1選抜前期であったが、海将昇任は将官人事としては異例の2008年11月。

言い換えれば、2008年夏の将官人事で、同期1番乗りが先に海将に昇任した後の、2番手としての昇任だった。

もちろんこの前後には、河野を巡る責任人事があったわけだが、言い換えれば責任人事を経てもなお、海幕長への道が閉ざされなかったということである。

さらに、後方支援職種として初の海上幕僚長に昇った村川豊(第25期)は、海将補昇任が2008年3月であった。

25期の1選抜前期海将補は2007年夏の人事で選抜されているので、1選抜後期での昇任ということになる。

しかしその後、海上幕僚長まで昇ったのはご存知のとおりだ。

このように海自では、同期1番出世が必ずしも海上幕僚長に昇るわけではないという意味で、陸自とは異なる人事の仕組みがある。

そういった意味でも、1選抜での昇任だけでは最高幹部人事は予想できないことを踏まえながら、今回1選抜で1佐に昇ったエリートたちの活躍に注目して欲しい。

 

なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性は、人事異動とは何の関係もない。

掃海母艦ぶんご所属で、我が国の平和と安全を守る最前線で活躍する訓練中の女性隊員を撮影したひとコマだ。

令和2年度機雷戦及び掃海特別訓練の際、自衛艦隊旗掲揚時に敬礼する、凛々しくも美しい若きwaveさんである。

 

全国の若い男性諸君!

一昔前、掃海屋さんといえば男の世界というイメージがあったかも知れないが、今はこんなに若く美しい女性がたくさん働く職場になっているぞ!(多分)

さあ、今すぐ最寄りの地本に願書を貰いに行き、海上自衛隊入隊を目指すんだ!

(`・ω・´)

 

その他、人事異動の詳細は下記の通り。

 

(※文中、自衛官および関係者の敬称略)

(画像提供:海上自衛隊掃海隊群公式Webサイト

1等海佐に昇任させる

(防衛政策局)
2等海佐 臼井洋太郎

(海上幕僚監部)
2等海佐 加藤太輔

(海上幕僚監部)
2等海佐 加藤智聡

(海上幕僚監部)
2等海佐 勘米良悠貴

(第46掃海隊)
2等海佐 國田貴之

(きりさめ)
2等海佐 白石豪

(いかづち)
2等海佐 杉山靖浩

(防衛政策局)
2等海佐 高橋英樹

(海上幕僚監部)
2等海佐 田中裕昭

(自衛隊佐世保病院)
2等海佐 長尾華

(海上自衛隊幹部学校)
2等海佐 中嶋智己

(海上幕僚監部)
2等海佐 中村雄貴

(統合幕僚監部)
2等海佐 東和正

(海上自衛隊補給本部)
2等海佐 堀田剛志

(海上幕僚監部)
2等海佐 水野達彦

(海上自衛隊幹部学校)
2等海佐 溝添健次

(海上幕僚監部)
2等海佐 横手裕之

 

令和3年1月1日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0101a.pdf

 

第22航空群司令部勤務を命ずる
(第25航空隊副長兼本部幕僚室長)
1等海佐 速水孝明
令和3年1月8日付

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0108a.pdf

 

 

海上幕僚監部人事教育部人事計画課募集推進室長事務取扱を解く
(海上幕僚監部人事教育部人事計画課長)
1等海佐 鈴木克哉

 

海上幕僚監部人事教育部人事計画課募集推進室長を命ずる兼ねて人事計画調整官を命ずる
(海上幕僚監部総務部総務課総務調整官)
1等海佐 大宅学

 

海上幕僚監部人事教育部人事計画課制度班長を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部人事計画課)
1等海佐 福澤光恭

 

海上幕僚監部人事教育部補任課服務室長を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部人事計画課制度班長)
1等海佐 奈良崇

 

海上幕僚監部防衛部防衛課能力評価・分析室長を命ずる
(第2護衛隊司令)
1等海佐 北川敬三

 

第2護衛隊司令を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部補任課服務室長)
1等海佐 工藤正徳

 

横須賀造修補給所副所長を命ずる
(海上自衛隊航空補給処副処長)
1等海佐 村上明弘

 

海上自衛隊航空補給処副処長を命ずる
(横須賀造修補給所副所長)
1等海佐 髙梨洋之

令和3年1月12日付

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0112a.pdf

 

 

第201整備補給隊司令を命ずる
(標的機整備隊司令)
2等海佐 福田隆太郎

令和3年1月15日付

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0115a.pdf

 

 

第25航空隊副長を命ずる兼ねて本部幕僚室長を命ずる
(下総教育航空群司令部首席幕僚)
1等海佐 糸瀬博明
令和3年1月25日付

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0125a.pdf

 

自衛艦隊司令部勤務を命ずる
(第1海洋観測隊司令)
1等海佐 金子純一

 

第1海洋観測隊司令を命ずる
(海洋業務・対潜支援群司令部首席幕僚)
1等海佐 野中賢太

 

 

近畿中部防衛局調達部首席検査官を命ずる
(近畿中部防衛局調達部)
2等海佐 円山敏範

令和3年2月1日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0201a.pdf

 

 

統合幕僚監部運用部運用第1課事態対処調整官を命ずる
(統合幕僚監部運用部運用第1課)
1等海佐 原利光

 

海上幕僚監部総務部総務課総務調整官を命ずる
(統合幕僚監部運用部運用第1課事態対処調整官)
1等海佐 石田徹

 

下総教育航空群司令部首席幕僚を命ずる
海上幕僚監部防衛部運用支援課兼自衛艦隊司令部
1等海佐 小俣泰二郎

令和3年2月8日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0208a.pdf

 

 

航空集団司令部勤務を命ずる
(第51航空隊)
1等海佐 竹内俊雅

令和3年2月15日付
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2021/0215a.pdf

Pocket

コメントを残す