【退役】小島肇(こじま・はじめ)|第19期・陸上自衛隊

小島肇は昭和26年12月24日宮崎県生まれ、熊本市出身の元陸上自衛官。

防衛大学校第19期の卒業で幹候56期、現役時代の職種は普通科であった。

平成18年12月、2等陸佐で陸上自衛隊を定年退官。

退役後に独立し、HAJIMEVISIONを創業して映像クリエイターとして活躍する、異色の元陸上自衛官である。

当サイトでたびたび、貴重な画像の提供や現役時代の知見を教えて頂いている小島である。

当サイトの運営目的は、このサイトについてでも明記をさせて頂いているが、基本的に自衛隊と自衛官を応援することだ。

その中にはもちろん、退役した自衛官の第二の人生を応援することも含まれている。

自衛官の現役生活は、一般のサラリーマンに比べどうしても短い。

そして時代や景気の状況によっては必ずしも、満足の行く再就職ができないこともある厳しい職業だ。

そんな中で、第二の人生では映像クリエイターとして独立し、成功しているのが今回ご紹介する小島である。

経営している事務所名は、そのお名前から取ったHAJIMEVISION。

一般的なドキュメンタリービデオ制作や社史・自分史の記録作成などを手掛ける他、陸上自衛隊、とりわけ北部方面隊の勇姿を撮影するにあっては日本一の映像作家であると言って良い、凄腕のカメラマンだ。

なお、その運営されている会社とサイトはこちらである。

http://www.military-spirit.com/

その小島が、映像の力と初めて出会ったのが昭和59年の陸上自衛隊倶知安駐屯地勤務時代というから、もう相当な年季になる。

当時、レンジャー教官として教育の傍らビデオを回し、学生たちに贈ったところこれが評判になったことをきっかけに映像の魅力を追求。

上記画像はその倶知安第29普通科連隊で、レンジャー教育主任教官だった時に撮影されたものだ。

中央で着帽しているのが小島。

制服もドーランも今とは違う、前時代的なものを感じさせる貴重な一枚になっている。

その後、平成2年には第11師団広報室長として映画「マドンナのごとく(名取裕子主演、加藤雅也、宍戸開共演)」の撮影協力を行ったことで、映像作家としての才能が完全に開花した。

とは言えさすがに、定年退官後にはやはり援護から斡旋を貰って再就職したくなりそうなものだが・・・・。

映像作成の魅力に完全にハマってしまっていた小島は、そんなこともどこ吹く風で、すぐに個人オフィスを開業。

全国区の自衛隊DVD撮影を次々に依頼されるなど、この道では知らぬ者がいない第一人者にまで駆け上がってしまった、本当に凄い自衛隊OBである。

なおその小島。

19期の防大時代、同じ中隊で第4代統合幕僚長であった岩崎茂(第19期)とともに学び、また小隊指導官が初代統合幕僚長であった先崎一(第12期)であったと言うのだから、時代を感じさせる。

御年66歳(2018年7月現在)になられるが、冷戦時代真っ只中に北方で活躍をされた元幹部自衛官のお話はとても貴重であり、刺激的で興味深い。

しかしある時、その小島が私にぼそっと言ったことがある。

「ところで君は何期なんだ?」

「え・・・(汗」

繰り返しになるが、このサイトについてでも明記をさせて頂いているのだが、私は自衛隊経験が一切ない一般人だ。

地方の防衛協会に所属し、また東日本震災よりも以前の時期に防衛省の防衛モニターを2年間拝命していたことはあるが、自衛官経験は一切ない。

にも関わらず、勝手にこのようなサイトを運営し、自衛隊と自衛官を応援している者である。

実は小島に限らず、私が元幹部自衛官であると思って話し始める人はとても多いのだが、そのような時、私は大概、震え上がっている。

私は純度100%の一般人です、どうぞお許しくださいませ・・・。

そしてこれからも、一般人でありながら自衛隊を応援していきたいと願っている。

自衛官も、現役だけで20数万人もいれば本当に人生は様々だ。

最高幹部まで昇り、メディアなどで引っ張りだこの論客として活躍する人。

任期付自衛官として根性を鍛え上げ、一般企業に転じて活躍する人。

酒に酔って暴れ、出世の道をぶち壊した人。

そして小島のように、自衛官時代の経験が縁で起業に成功したレアな人など。

そしてこれからも、多くの自衛官が生まれ、そして退役し第二の人生を歩んでいくのだろう。

そんな時に、ふと何かの拍子で「こんな活躍をしている人もいますよ」ということで、小島の活躍を知ってもらえればと。

こんな自衛官生活と退役後の生活もあるのだということを、あるいはこれから自衛官を志ざす人の参考にもなればと思い、今回記事にさせて頂いた次第だ。

何かの参考になりお役に立てれば、嬉しく思う。

自衛官として活躍することは、生きていく上でも意外なスキルが身につくものだということを、小島の人生が雄弁に語ってくれている。

与えられた任務を全力で、最高の完成度でこなし続けたからこその結果ではあるが、こんな第二の人生も、本当に魅力的なのではないだろうか。

ぜひ、これから自衛官を目指そうと考えている若者には、リスクではなくこのようなサクセスを見て欲しい。

そして一人でも多くの若者に、自衛隊の門を叩いてもらえれば幸いだ。

(了)

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする