海将補人事|2018年8月・海上自衛隊

2018年8月、海上自衛隊・海将補の人事異動が防衛省から発令された。

定期将官人事の季節であったために、海将補クラスでも昇任と退役を含む非常に大きな動きがあった注目の異動になっている。

将官人事のことなので特筆することだらけだが、敢えて挙げるとすれば、36期のエース、竹中信行(第36期相当)が、全部隊を俯瞰する要職である防衛監察本部監察官に異動したことであろうか。

一般大学卒業生でありながら1選抜で将補に昇り、早くも2つ目の補職で防衛監察本部監察官への着任である。

非常に興味深く、今後の竹中がますます楽しみになってきた。

なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性と人事異動には、何の関係もない。

自衛隊宮崎地方協力本部の日南事務所長を務める、原口1等海尉である。

海上自衛隊のヘリコプターパイロットとして、数々の任務や訓練に従事してきた強く、気品のある、美しい女性である。

なおかつ、これだけの激務をこなしながら1児の母として子育てもこなされている、文字通りのスーパーウーマンだ。

これからもぜひ、お仕事頑張って下さい!

以下、詳細な異動の内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。


(画像提供:自衛隊宮崎地方協力本部公式ツイッターサイト

海将補に昇任させる

(統合幕僚監部運用部運用第3課長)
1等海佐 川村伸一

(自衛隊中央病院第3外科部長)
1等海佐 小川均

海上幕僚監部総務部副部長を命ずる
(護衛艦隊司令部幕僚長)
海将補 伍賀祥裕

海上幕僚監部防衛部長を命ずる
(海上自衛隊幹部候補生学校長)
海将補 齋藤聡

護衛艦隊司令部幕僚長を命ずる
(第1護衛隊群司令)
海将補 八木浩二

第1護衛隊群司令を命ずる
(海上幕僚監部総務部副部長)
海将補 江川宏

第1航空群司令を命ずる
(統合幕僚監部運用部運用第3課長)
海将補 川村伸一

第5航空群司令を命ずる
(第1航空群司令)
海将補 中村敏弘

舞鶴地方総監部幕僚長を命ずる
(統合幕僚監部指揮通信システム部長)
海将補 関口雄輝

海上自衛隊潜水医学実験隊司令を命ずる
(自衛隊中央病院第3外科部長)
海将補 小川均

海上自衛隊幹部候補生学校長を命ずる
(防衛監察本部監察官)
海将補 南孝宜

自衛隊横須賀病院長を命ずる
(海上自衛隊潜水医学実験隊司令)
海将補 德永徹二

防衛監察本部監察官を命ずる
(舞鶴地方総監部幕僚長)
海将補 竹中信行

退職を承認する
(自衛隊横須賀病院長)
海将補 井上公俊

(以上8月1日付)

防衛省発表資料

http://www.mod.go.jp/j/press/sankou/2018/08/01b.pdf

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする