海将人事|2018年12月・海上自衛隊

2018年12月、海上自衛隊・海将の人事異動が防衛省から発令された。

31期の1選抜将補・園田直紀(第31期)が順調に海将に昇任した一方で、ついに海上自衛隊の名物海将である池太郎(第27期)・呉地方総監が勇退となった。

平成最後の年の暮れに、12月20日はひときわ寂しい退役の日となりそうだ。

せめて小春日和のような暖かさで、退役の日と池の新しい人生の門出が彩られることを祈りたい。

なお例によって、アイキャッチ画像の美しい女性は、将官人事と何の関係もない。

海上自衛隊新任幹部の成長の場である、遠洋練習航海から戻った、若く美しい女性幹部の姿だ。

去っていく幹部に着任する幹部。

そんな一コマにふさわしい画像かと思い、海上自衛隊の公式Webサイトからお借りしている。

池太郎海将、本当に長い間お疲れ様でした、ありがとうございました。

まずはゆっくりと、30数年ぶりとなる任務のない年末年始をお過ごし下さい。

そして第二の人生も、非常に充実した素晴らしいものとなりますことを、お祈り申し上げております。

以下、その詳細な内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:海上自衛隊公式Webサイト 遠洋練習公開特集)

海将に昇任させる
(海上幕僚監部人事教育部長)
海将補 園田直紀

航空集団司令官を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部長)
海将 園田直紀

呉地方総監を命ずる
(航空集団司令官)
海将 杉本孝幸

退職を承認する
(呉地方総監)
海将 池太郎

以上12月20日付 防衛省発表資料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする