1佐人事・昇任1佐人事・1佐職人事|2020年7月海上自衛隊

2020年7月、海上自衛隊1佐・1佐職の人事異動が防衛省から発令された。

 

当月の海自の異動は、いかにも「将官人事前」という感じで、現場指揮官クラスも多く異動が発令されている。

中でも印象的な人事は、やはり第1掃海隊司令に着任した、野口泰志・1等海佐だろうか。

ご存知のように掃海隊群は、2016年7月に第1輸送隊を隷下に組み入れるなど、明らかに

「島嶼部戦闘」

において、殴り込み部隊の先頭に立つことが期待される戦力に衣替えを遂げた。

それは人事にも現れており、現在の掃海隊群司令は、第34期の  なにわのイケイケ兄ちゃん  海上幕僚長候補筆頭の一人、福田達也(第34期)である。

従来、掃海隊群はどちらかというと、艦方ともいうべき艦の職人幹部が指揮を執ることが多かったポジションだが、福田は押しも押されもせぬ、本流出世街道を昇り続けているエリートだ。

それほどまでに、掃海隊群と隷下部隊には大きな期待が掛けられているということだが、その福田を支える第1掃海隊司令に着任したのが、野口泰志・1等海佐ということである。

 

その活躍は文字通り、我が国がもっとも直面する脅威に直接の影響を与えることになるだろう。

裏を返せば、野口の活躍次第で我が国の安全保障環境は大きく変化する可能性があるということだ。

ぜひ、今もっとも注目して欲しい幹部の一人であり、そしてポジションである。

 

なお例によって、アイキャッチ画像の若く美しい女性は、人事異動とは何の関係もない。

以前も一度、別の画像でご紹介したことがあるのだが、第5航空隊に所属し、P-3Cの操縦士として活躍する渡邊瞳子・1等海曹である。

我が国が誇る海自の航空部隊の最前線で、こんなに若く美しい女性隊員が活躍してるなんて、私ももういい年こいたおっさんになるわけである。

時代が変わったなんてものじゃなく、嬉しいやら寂しいやら・・・

 

その他、詳細な異動内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:自衛隊沖縄地方協力本部公式ツイッター

1等海佐に昇任させる
(ちはや)
2等海佐 伊藤裕雅

(すずなみ)
2等海佐 岩井忠史

(第22航空群司令部)
2等海佐 老本昌弘

(海上幕僚監部)
2等海佐 大小田学

(掃海業務支援隊)
2等海佐 大松清生

(あさひ)
2等海佐 沖重大樹

(統合幕僚監部)
2等海佐 恩蔵洋

(第21航空群司令部)
2等海佐 影山慶太

(海上幕僚監部)
2等海佐 片山稔文

(自衛隊中央病院)
2等海佐 上出大介

(ふゆづき)
2等海佐 北口周右

(護衛艦隊司令部)
2等海佐 國分一郎

(海上幕僚監部)
2等海佐 今野政則

(統合幕僚監部)
2等海佐 佐々木稔

(海上自衛隊幹部候補生学校)
2等海佐 大樂健太郎

(海上幕僚監部)
2等海佐 髙橋曉生

(海上自衛隊幹部学校)
2等海佐 田中信也

(防衛装備庁)
2等海佐 堤一郎

(海上自衛隊補給本部)
2等海佐 鉄村幹太

(自衛艦隊司令部)
2等海佐 兎澤仁

(海上幕僚監部)
2等海佐 中塚仁一

(海上幕僚監部)
2等海佐 花田耕一

(航空集団司令部)
2等海佐 増田淳

(海上自衛隊幹部学校)
2等海佐 眞鍋太

(護衛艦隊司令部)
2等海佐 吉江峰樹

(第1音響測定隊)
2等海佐 吉福俊彦

(海上自衛隊幹部学校)
2等海佐 頼経孝二

 

(以上、2020年7月1日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0701b.pdf

 

海上幕僚監部首席衛生官付衛生企画室勤務を命ずる
(海上自衛隊東京業務隊付)
1等海佐 江戸川誠司

 

海上幕僚監部総務部経理課勤務を命ずる
(海上自衛隊東京業務隊付)
1等海佐 窪田修司

 

海上幕僚監部装備計画部艦船・武器課艦船・武器班長事務取扱を解く
(海上幕僚監部装備計画部艦船・武器課長)
1等海佐 木下治信

 

海上幕僚監部装備計画部艦船・武器課艦船・武器班長を命ずる
(海上自衛隊東京業務隊付)
1等海佐 村中紀章

 

海上幕僚監部装備計画部航空機課勤務を命ずる
(海上自衛隊東京業務隊付)
1等海佐 白石俊彦

 

自衛艦隊司令部勤務を命ずる
(海上自衛隊東京業務隊付)
1等海佐 山本貴文

 

艦艇開発隊開発部長を命ずる兼ねて開発隊群司令部勤務を命ずる
(開発隊群司令部)
1等海佐 石井和徳

 

艦艇開発隊付を命ずる
(艦艇開発隊開発部長)
1等海佐 後藤康二

 

自衛隊中央病院耳鼻いんこう科部長を命ずる
(自衛隊中央病院耳鼻いんこう科)
1等海佐 上出大介

 

(以上、2020年7月1日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0701a.pdf

 

兼ねて海上幕僚監部防衛部防衛課防衛調整官を命ずる
(海上幕僚監部防衛部防衛課能力評価・分析室長)
1等海佐 渡辺匡

 

第3航空隊副長を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部教育課航空教育班長)
1等海佐 片山稔文

 

第23航空隊勤務を命ずる
(海上幕僚監部防衛部防衛課防衛調整官)
1等海佐 小河邦生

 

(以上、2020年7月6日付)

防衛省発表資料
https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0706a.pdf

 

自衛隊中央病院神経科部長を命ずる
(自衛隊中央病院整形外科)
1等海佐 岡林俊貴

 

(以上、2020年7月7日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0707a.pdf

 

第1掃海隊司令を命ずる
(呉地方総監部防衛部第3幕僚室長兼第5幕僚室長)
1等海佐 野口泰志

 

呉地方総監部防衛部第3幕僚室長を命ずる兼ねて第5幕僚室長を命ずる
(あさひ艦長)
1等海佐 沖重大樹

 

舞鶴地方総監部管理部長を命ずる
(第1掃海隊司令)
1等海佐 小関昌彦

 

大湊警備隊司令を命ずる
(海上自衛隊第2術科学校副校長)
1等海佐 大元貞典

 

海上自衛隊第2術科学校副校長を命ずる
(舞鶴地方総監部管理部長)
1等海佐 吉田久哉

 

(以上、2020年7月10日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0710a.pdf

 

兼ねて第91航空隊司令を命ずる
(第81航空隊司令)
1等海佐 宮地裕

 

第201教育航空隊司令を命ずる
(第91航空隊司令)
1等海佐 田中則幸

 

(以上、2020年7月12日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0712a.pdf

 

自衛艦隊司令部勤務を命ずる
(沖縄海洋観測所長)
1等海佐 岩政秀委

 

沖縄海洋観測所長を命ずる
(海洋業務・対潜支援群司令部首席幕僚)
1等海佐 馬場智也

 

兼ねて海上自衛隊幹部学校運用教育研究部長を命ずる
(海上自衛隊幹部学校企画部長)
1等海佐 芳賀基

 

(以上、2020年7月17日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0717a.pdf

 

護衛艦隊司令部勤務を命ずる
(あたご艦長)
1等海佐 小城尚徳

 

あたご艦長を命ずる
(護衛艦隊司令部)
1等海佐 後藤正寛

 

第1音響測定隊勤務を命ずる
(第1音響測定隊第1クルー長)
1等海佐 吉福俊彦

 

(以上、2020年7月22日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0722a.pdf

 

海上幕僚監部防衛部防衛課勤務を命ずる
(海上自衛隊幹部学校付)
1等海佐 小林卓雄

(以上、2020年7月27日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0727a.pdf

 

 

海上幕僚監部防衛部防衛課勤務を命ずる
(海上幕僚監部総務部総務課)
1等海佐 伊藤雅彦

(ふゆづき艦長)
1等海佐 北口周右

 

自衛艦隊司令部作戦幕僚部運用総括幕僚を命ずる兼ねて護衛艦隊司令部勤務を命ずる
(自衛艦隊司令部)
1等海佐 岩政秀委

 

第1潜水隊群司令を命ずる
(対潜評価隊司令)
1等海佐 柴田篤

 

対潜評価隊司令を命ずる
(自衛艦隊司令部運用総括幕僚兼護衛艦隊司令部)
1等海佐 新妻嗣礼

 

阪神基地隊司令を命ずる
(第1潜水隊群司令)
1等海佐 佐藤広憲

 

横須賀教育隊司令を命ずる
(阪神基地隊司令)
1等海佐 寺田博之

 

横須賀基地業務隊司令を命ずる
(父島基地分遣隊長)
2等海佐 上山修司

 

海上自衛隊東京業務隊付を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部補任課)
1等海佐 増田信之

(海上幕僚監部人事教育部補任課)
1等海佐 本多正敏

(海上幕僚監部人事教育部補任課)
1等海佐 浅野史郎

 

(以上、2020年7月31日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0731a.pdf

コメントを残す