陸上自衛隊八尾駐屯地エアーフェスタ2017|イベント

陸上自衛隊中部方面隊が誇る空の精鋭、中部方面航空隊。

その航空隊の拠点である八尾駐屯地で、創立63周年記念行事である「エアーフェスタYAO(八尾)2017」が、平成29年度も開催される。

大阪人にとっては馴染み深い八尾空港だが、全国的には八尾駐屯地が所在する基地としてしか知られていないであろう、東大阪の外れにあり、知る人ぞ知る空港がイベントの舞台だ。

定期航空便の発着はなく、一般人が利用することはほとんどないので、八尾駐屯地のイベントの時にしか出入りができない貴重な機会になるだろう。

さて、気になるそのエアーフェスタYAO2017の開催予定だが、開催日が2017年10月15日(日)。

時間は8:30~15:00で、この時間内は駐屯地が一般開放されることから誰でも出入りが自由となる。

予約なども特に必要が無いので、近隣の人はぜひ足を運んで欲しい。

イベントも目白押しだが、タイムスケジュールは以下のようになっている。

8:30~15:00 装備品展示、模擬売店、文化展

10:00~10:45 記念式典

10:45~11:45 音楽隊演奏、格闘展示、バクドリルなど

11:05~11:35 観閲飛行

11:45~12:25 訓練展示

12:30~14:30 戦車試乗

12:50~14:30 航空機展示

13:00~14:30 大型ヘリ地上滑走体験

なお、戦車試乗と大型ヘリ地上滑走に乗り込むことができるのは8:30から配布される抽選券3000枚をゲットし、なおかつ会場内で当日実施される抽選で当選した300名のみとなっている。

かなり狭き門だが、まずはできるだけ早く会場入りし、抽選券を貰えなければ当たることもできないので、朝一番で会場入りした方がいいだろう。

特に、戦車試乗とヘリ試乗の両方で抽選券をゲットしたい場合には、配布場所が離れているので、余り遅くに行くとどちらかしかにしか間に合わないのは確実であり、気をつけて欲しい。

ところで、この八尾駐屯地を率いる航空隊の司令は防衛大学校第37期の卒業で、防大時代にはラガーマンとして鳴らした森貴義・1等陸佐だ。

自らも空を飛ぶベテランパイロットで、陸上自衛隊入隊以来一貫して航空科を指揮する、生粋の空の高級幹部である。

37期であれば昭和45年度の生まれということになると思われ、エアーフェスタ当日は46~7歳という年齢の指揮官だ。

ぜひ当日の記念式典では、森の挨拶にも注目して欲しい。

なお八尾駐屯地には駐車場があるものの、数は僅少であり、車を駐められることをあてにして出掛けないほうが無難だ。

JR大和路線の志紀駅から徒歩10分程度で着くことができる便利な場所にあるので、ぜひJRを利用して出掛けるようにしよう。

また念のためだが、自衛隊はとても親しみやすい組織だが、その本質は我が国の防衛を担う軍事組織そのものだ。

その為、入場に際しては手荷物検査があり、武器になるようなもの、多量の液体、刃物や火薬類などを持ち込もうとしたら、本当にシャレにならないので注意して欲しい。

悪ふざけしたyoutuberが警官の前で白い粉を落として逃げる動画を作ろうして逮捕される事件があったが、おそらく同じようなことになるので、くれぐれも悪ふざけはしない方がいいだろう。

マナーを守り、それぞれが楽しくイベントに参加できるように気をつけてもらえれば幸いだ。

行楽シーズン真っ只中の秋の日曜日だが、ぜひ八尾駐屯地に足を運び、非日常の極みである自衛隊のイベントに参加してみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:八尾駐屯地創立63周年記念行事 

開催場所:陸上自衛隊八尾駐屯地   

所在地:大阪府八尾市空港1丁目81番地 

開催日:2017年10月15日(日)    

開催時間:8:30~15:00       

問合せ先:072-949-5131(駐屯地広報班)

料金:無料             

駐車場:僅少(本文参照)      

Web:八尾駐屯地公式イベントサイト 

自衛隊イベント一覧に戻る

トップページに戻る

【注記】

このページに使用している画像は、防衛省のルールに従い防衛省のHPから引用。

※画像は、軽量化やサイズ調整などを目的とし、オリジナルからトリミングし切り取って加工し用いている。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 八尾駐屯地公式Webサイト(ポスターチラシ、司令顔写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/yao/ibento.html

http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/yao/sirei.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする