海将人事|2018年8月・海上自衛隊

2018年8月、海上自衛隊・海将の人事異動が防衛省から発令された。

定時の将官人事異動であり、海将の異動は2名。

2年5ヶ月に渡り大湊の地方総監を務めた中西正人(第27期)が、長かった自衛官生活に別れを告げる事になった。

我が国の国防の要・潜水艦隊を率いて長年に渡り、日本の平和と安全を支え続けた男だ。

本当に長い間お疲れ様でした。

ありがとうございました。

なお後任には、防衛部長の酒井良(第31期)が、31期組1選抜(1番乗り)の海将昇任の上で着任。

海自のエリートコースを駆け上がってきた男が、順当に1番乗りでの昇任を果たしたことになる。

今後もさらに要職を歴任していくことになるのは確実であり、その動向に注目したい。

なお例によって、アイキャッチ画像の美しい女性(右)は、将官人事と何の関係もない。

女性の活躍を象徴するかのように、海上自衛隊で女性初の掃海艇艇長となった、岡田茜1等海尉である。

これからも、素敵な笑顔と統率力を活かして頑張って下さい!

以下、その詳細な内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。


(画像提供:海上自衛隊公式ツイッターサイト

海将に昇任させる
(海上幕僚監部防衛部長)
海将補 酒井良

大湊地方総監を命ずる
(海上幕僚監部防衛部長)
海将 酒井良

退職を承認する
(大湊地方総監)
海将 中西正人

(以上8月1日付)

防衛省発表資料

http://www.mod.go.jp/j/press/sankou/2018/08/01a.pdf

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする