空将人事・空将補人事|2020年8月・航空自衛隊

2020年8月、航空自衛隊の空将・空将補の人事異動が防衛省から発令された。

 

当月の話題はなんと言っても、井筒俊司(第30期)の航空幕僚長着任だろう。

そして山崎幸二(第27期)の後任である、第7代・統合幕僚長への着任も事実上、内定したと言っても良い。

そして同時に、管理人(私)はこの人事のせいで、丸坊主にすることが決まってしまった

 

ことの発端は、こちらの記事だ・・・

次期航空幕僚長人事予想|第36代・2019年11月版

 

私はこちらの記事で、航空幕僚長着任から間もなく2年になる丸茂吉成(第27期)が、2019年12月に退役になると予想していた。

そしてその時点では、2019年8月に航空総隊司令官に着任したばかりの井筒が、着任からわずか4ヶ月で空幕長に昇ることはありえないとも、併せて予想した。

 

情勢やキャリア、伝え聞くお人柄などを考えると、井筒が空幕長に昇らないことはまず無いだろう。

しかし、総隊司令官着任から4ヶ月での空幕長もありえない。

そのため、おそらく1年か1年半ほど、29期の空幕長を間にはさみ、井筒が空幕長に昇る。

そして山崎幸二の後任として、第7代統幕長も井筒であると、予想した。

そのような考えの結果として、2019年12月にあるであろう空幕長人事を、以下のように予想している。

更にこの際、私は致命的に余計なことを言ってしまった・・・。

言わなくてもいいのに、こんなことを書き添えてしまったのだ。。

もし井筒が次の航空幕僚長に昇るようなことがあったら、

 

お詫びにスキンヘッドに頭を剃り上げて、アップしたいと思う(必ずやる!)

 

と、宣言してしまったのである・・・。

(ぶっちゃけ、完全に忘れてた・・・。)

 

ただ誤解のないように強調させていただくが、これは井筒が空幕長にならないという予想ではもちろんなかった。

次の次の空幕長に昇り、そのまま統幕長にもなるだろうと予想していたので、管理人は

井筒空幕長が大好き

なのである。

 

とはいえ、ここまで宣言した上での予想外しである。

さっそく、読者の方からは以下のような書き込みが続いた・・・。

 

 

 

 

 

・・・

私は、ウソを付くのが嫌いだ。

予想が外れるのは仕方ないが、誰かと約束をしたことを守らないことは、信条に反する。

本当は、「2019年12月に空幕長人事がある場合」という意図だったのだが、後出しジャンケンほど見苦しいものはない。。

こうなったら、近いうちに丸坊主にして、必ずアップしようと思う。

 

今回少しだけ・・・

「もしかして、防衛省の人事担当者はこのサイトの存在に気がついているのではないか・・・?」

と思ってしまった。

 

そして、

「あの桃野とかいう素人、ムカつくし生意気なんで井筒さんを次の空幕長にしてやりましょうよwww」

「いいね、丸坊主にしてやろうぜwww」

 

などという会話を楽しんでいるのではないかと、ありもしない妄想を楽しんでしまった。。

まあありえないし、仮に人事担当者の目に止まったところで人事に影響を与えることなどありえないのだが、それにしたところで、

 

当サイトが予想した高級幹部人事は、必ず外れる

 

という必敗伝説は、今回も華麗に更新できたことを嬉しく思う。

もはやこうなったら、出世予想を書かれたら死ぬデスノートではないか・・・。

 

本当なら、次の空幕長に内倉空将が内定したであろう予想や、亀仙人軍団である亀岡弘(第35期)の異動。

さらに、南雲憲一郎(第33期)の空将昇任と西部航空方面隊司令官着任は、いろいろな意味で注目の人事であった。

 

なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性は、将官人事とは何の関係もない。

熊本県出身で、2014年3月に一般大学を卒業し、補給職の幹部として活躍する山下省子・2等空尉である。

2018年には、後方幹部課程を学ぶためにアメリカ留学を果たすなど、今まさに、メキメキと力をつけつつある期待の若手幹部だ。

女性活躍時代の象徴とも言える存在であり、おそらく彼女が中堅幹部になる頃には、女性将官が注目もされない環境になっているのではないだろうか。

 

自衛隊に興味がある女子学生の皆さん!

自衛隊には、男女関係なしに誰でも、能力次第で活躍できるフィールドが広がっているぞ!

もちろん、イケメンマッチョに将来の将官候補と、いい男もよりどりみどりで揃っている。

さあ、少しでも興味があるのであれば、今すぐ最寄りの地本に足を運び、次の自衛官採用試験に応募をしよう!

(`・ω・´)

 

その他、詳細な人事異動の内容は以下の通り。

 

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:航空自衛隊公式Webサイト

空将に昇任させる
(統合幕僚監部防衛計画部長)
空将補 森田雄博

(航空幕僚監部防衛部長)
空将補 南雲憲一郎

(航空総隊司令部幕僚長)
空将補 柿原国治

 

航空幕僚長を命ずる
(航空総隊司令官)
空将 井筒俊司

 

航空幕僚副長を命ずる
(航空自衛隊幹部学校長兼目黒基地司令)
空将 阿部睦晴

 

航空総隊司令官を命ずる
(航空幕僚副長)
空将 内倉浩昭

 

中部航空方面隊司令官を命ずる
(統合幕僚監部防衛計画部長)
空将 森田雄博

 

西部航空方面隊司令官を命ずる
(航空幕僚監部防衛部長)
空将 南雲憲一郎

 

航空教育集団司令官を命ずる
(中部航空方面隊司令官)
空将 引田淳

 

航空自衛隊幹部学校長を命ずる兼ねて目黒基地司令を命ずる
(航空総隊司令部幕僚長)
空将 柿原国治

 

航空自衛隊補給本部長を命ずる
(西部航空方面隊司令官)
空将 西谷浩一

 

退職を承認する
(航空幕僚長)
空将 丸茂吉成

(航空教育集団司令官)
空将 城殿保

(航空自衛隊補給本部長)
空将 三谷直人

(以上、2020年8月25日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0825a.pdf

 

 

空将補に昇任させる
(航空幕僚監部人事教育部補任課長)
1等空佐 高石景太郎

(航空幕僚監部防衛部防衛課長)
1等空佐 尾山正樹

(航空幕僚監部運用支援・情報部情報課長)
1等空佐 松﨑勇樹

(航空幕僚監部装備計画部装備課長)
1等空佐 德重勇一

防衛装備庁プロジェクト管理部装備技術官
1等空佐 市川佳弘

 

統合幕僚監部防衛計画部長を命ずる
(航空総隊司令部防衛部長)
空将補 亀岡弘

 

統合幕僚監部報道官を命ずる
(南西航空警戒管制団司令)
空将補 伊藤顕

 

航空幕僚監部防衛部長を命ずる
(航空幕僚監部運用支援・情報部長)
空将補 谷嶋正仁

 

航空幕僚監部運用支援・情報部長を命ずる
(第9航空団司令兼那覇基地司令)
空将補 稲月秀正

 

航空総隊司令部幕僚長を命ずる
(航空教育集団司令部幕僚長)
空将補 荒木哲哉

 

航空総隊司令部防衛部長を命ずる
(航空戦術教導団司令)
空将補 鮫島建一

 

北部航空警戒管制団司令を命ずる
(航空自衛隊第1術科学校長)
空将補 樋山謙一郎

 

中部航空方面隊副司令官を命ずる
(第7航空団司令兼百里基地司令)
空将補 佐川詳二

 

第7航空団司令を命ずる兼ねて百里基地司令を命ずる
(防衛監察本部監察官)
空将補 石村尚久

 

西部航空方面隊副司令官を命ずる
(北部航空警戒管制団司令)
空将補 秋山圭太郎

 

第5航空団司令を命ずる兼ねて新田原基地司令を命ずる
(航空幕僚監部防衛部防衛課長)
空将補 尾山正樹

 

第9航空団司令を命ずる兼ねて那覇基地司令を命ずる
(航空幕僚監部人事教育部補任課長)
空将補 高石景太郎

 

南西航空警戒管制団司令を命ずる
(航空幕僚監部運用支援・情報部情報課長)
空将補 松﨑勇樹

 

航空戦術教導団司令を命ずる
(西部航空方面隊副司令官)
空将補 寺﨑隆行

 

航空教育集団司令部幕僚長を命ずる
(中部航空方面隊副司令官)
空将補 小島隆

 

第4航空団司令を命ずる兼ねて松島基地司令を命ずる
(航空安全管理隊司令兼立川分屯基地司令)
空将補 津田昌隆

 

航空安全管理隊司令を命ずる兼ねて立川分屯基地司令を命ずる
(第5航空団司令兼新田原基地司令)
空将補 福田隆宏

 

航空自衛隊第1術科学校長を命ずる
(防衛装備庁プロジェクト管理部装備技術官
空将補 市川佳弘

 

航空自衛隊第2補給処長を命ずる兼ねて岐阜基地司令を命ずる
(航空幕僚監部装備計画部装備課長)
空将補 德重勇一

 

防衛監察本部監察官を命ずる
(航空自衛隊第2補給処長兼岐阜基地司令)
空将補 上境賢己

 

退職を承認する
(第4航空団司令兼松島基地司令)
空将補 松尾洋介

 

(以上、2020年8月25日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/0825b.pdf

2 件のコメント

  • 残暑お見舞い申し上げます。
    管理人さんの丸坊主大反対です!断固阻止してください。自衛隊で聞いた言葉ですが、「反省は過去に向かってするものでなく未来に向かってするもの」だと思います。
    陸自ファンの私ですが、総隊司令官だった高田さんは射撃競技会に負けたとき丸坊主にしたとか、7師団長や空挺団長のときの前田さんは自衛隊は負けることだけは許されないと隊員にいつも言っていたそうですが、勝負に拘ったようですが、管理人さんの予想とは別物と思います。管理人さんの使命は、自衛隊応援団として、鳥瞰図的な興味深い人事予想です(笑い)。スキンヘッドにして予想が鈍ったら困ります。
    新空幕長の登用でこのあとの陸海の幕僚長戦線がどうなるのか、予想よろしくお願いします。
    陸は30、31期のどちらかかはわかるとして、海はよくわかりませんね。30期がこの夏自衛艦隊司令官や副長なったということは・・・。
    管理人さんのスキンヘッド断固反対です。

    • コメントありがとうございました!
      なんか自作自演を疑われるようで恐縮ですが(笑)、参考にさせて頂きます!
      ^^

  • コメントを残す