次期航空幕僚長人事予想|第36代・2019年11月版

気がつけば、早くも第35代・航空幕僚長である丸茂吉成(第27期)が現職に着任してから2年が経ってしまった。

つまり、順当に行けば航空幕僚長の交代の時期を迎えたということである。

もちろん、全てのトップ(幕僚長)がきっちり2年で交代するわけではないが、やはり2年も経つと次のトップは誰になるのか。

いろいろとネット界隈でも議論が盛んになるので、今回も少し参戦してみたい。

なお予め申し上げておくが、管理人(私)の人事予想は当たらないことで有名である。

その前提で、読み進めて頂きたい。

(画像提供:航空自衛隊築城基地公式Webサイト

まず始めに、航空幕僚長人事に関する初歩的な知識からおさらいをしてみたい。

航空幕僚長に昇任する可能性があるポストは、おおよそ以下に限られる。

なお、各ポストの右側にある数字は、「号」がポストの格、すなわち指定職号数である。言うまでもなく、数字が大きいほうが格上だ。

「回」は空白の80年代以降、すなわち防衛大学校1期生以降で、後職の異動で航空幕僚長に昇任した回数である。

ご覧のように、航空自衛隊では半ば、航空総隊司令官のポストが、次期航空幕僚長の指定席として長く続いてきた。

航空総隊司令官 5号・9回

航空幕僚副長 3号・4回

航空教育集団司令官 5号・1回

航空支援集団司令官 4号・1回

情報本部長 4号・1回

これに加え、ポストの格(指定職号数)だけで言えば、航空支援集団司令官や情報本部長と同格である補給本部長(4号)。

航空幕僚副長と同格(3号)である統合幕僚副長と航空総隊副司令官も、ポストの格だけで言えばありえるということになるが、いくらなんでも総隊副司令官はありえない。

また、過去に1回の実績がある情報本部長は特殊事例による例外であり、やはりありえない。

なおかつ、現任の情報本部長は海上自衛隊の大塚海夫(第27期)なので、とにかく無い。

そういった事を考え合わせると、次期航空幕僚長の候補者は、以下に限られそうだ。

井筒俊司(第30期) 航空総隊司令官(2019年8月着任)

荒木文博(第28期) 航空幕僚副長(2017年12月着任)

城殿保(第29期) 航空教育集団司令官(2018年12月着任)

金古真一(第30期) 航空支援集団司令官(2019年8月着任)

三谷直人(第29期) 航空自衛隊補給本部長(2017年8月着任)

増子豊(第29期) 統合幕僚副長(2019年4月着任)

なお並びは期別ではなく、これまでに後職で、航空幕僚長に着任した回数の多いポスト順である。

ここから見えてくる、次期航空幕僚長は・・・

うーむ、全くわからん(泣)

とりあえず、定年延長の流れにある今の自衛隊で、世代交代をなるべく早く進めようというベクトルは働きにくいはずだ。

そのため、常識的に考えれば30期の井筒と金子は除外してよいだろう。

つまり、最有力ポストであるはずの航空総隊司令官のポストが、いきなりの除外である。

なおかつ、井筒が総隊司令官に着任したのはわずか4ヶ月前であり、2019年12月に丸茂の交代がある前提で考えれば、まず井筒ではない。

おそらく、次の次の航空幕僚長含みで、井筒は現職についたのではないだろうか。

さらに言えば、統合幕僚長人事でも、井筒は山崎幸二(第27期)の後任に、最も近い可能性すらありそうだ。

というわけで、残るは荒木、城殿、三谷、増子の4名だが・・・

過去の異動から考えて、補給本部長から航空幕僚長に昇った事例が皆無である以上、なかなか三谷の予想は出し辛い。

かといって、わずか1回の事例しか無い航空教育集団司令官にある城殿も、回数で言えば同じようなものである。。

増子は、統幕副長から空幕長に昇った事例は過去に1件もないものの、そのキャリアも含めて十分考えられるのではないだろうか。

とはいえ、常識的に考えれば、陸・海の各幕僚長と同期であり、これまでの昇任回数から考えても、航空幕僚副長にある荒木が、次期航空幕僚長であると考えるのが一番常識的な線だ。

とはいえ、4人のキャリアを見ると、過去の航空幕僚長との共通点も多く、一番可能性を感じさせるのは城殿と増子である。

ぶっちゃけ、これ以上のことは全く分析できない(泣)

というわけで、今回の航空幕僚長人事予想は早々に泣きを入れさせて頂き、下記のように予想をしてみたい。

◎=本命 ◯=対抗 △=穴 ×=大穴

- 井筒俊司(第30期) 航空総隊司令官

△ 荒木文博(第28期) 航空幕僚副長

- 金古真一(第30期) 航空支援集団司令官

◎ 城殿保(第29期) 航空教育集団司令官

× 三谷直人(第29期) 航空自衛隊補給本部長

◯ 増子豊(第29期) 統合幕僚副長

以上の予想で、当サイトの予想としては、大胆にもほどがあると思うが、次期航空幕僚長は2019年12月の異動であり、なおかつ過去に1度しか異動の実績がない航空教育集団司令官にある、城殿保(第29期)が着任すると言うことにしたい。

対抗が増子だが、第8航空団司令や第83航空隊司令を務めるなど、国防の最前線での経験も厚く、また何よりも、統合運用に力を入れる自衛隊の中にあって、統幕副長の経験は非常に大きい。

世の中の多くの人は、きっと増子の方を予想しているのではないだろうか。

つまり、当たらないことで有名な当サイトが全く予想できなかった金古か井筒が、実際には次期航空幕僚長に着任ということになりそうだが・・・さすがにそんな事になれば、お詫びにスキンヘッドに頭を剃り上げて、アップしたいと思う(必ずやる!)

いずれにせよ、第36代航空幕僚長はこの12月か、遅くとも来春までの交代となるだろう。

楽しみに、その発令を待ちたいと思う。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(了)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たまこ より:

    この記事待ってました!
    そういえば、増子統幕副長はどうですかね。

    • ytamon より:

      あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
      完全に見落としてた

      何事もなかったかのように、書き直しました。。
      (*ノω・*)

  2. えっく より:

    きっと、管理人さんが毎回予想を当てちゃうから直前に変更されているんですよ!