海将補人事|2018年12月・海上自衛隊

2018年12月、海上自衛隊・海将補の人事異動が防衛省から発令された。

当月は海上自衛隊の海将補クラスにとても大きな動きがある。

大阪の   ヤンチャ番長   1選抜のエリート海将補、福田達也(第34期)が現場を離れ、統合幕僚監部に異動。

つい先日まで、西アジア~東南アジアで大活躍し、ドゥテルテ大統領も艦上に迎えもてなしながら、かなり目立つ働きをしていたが、いつの間に帰国してたのだろうか。。

その他、長年に渡り日本と世界の平和に貢献し続けてきた自衛艦隊司令部幕僚長の眞鍋浩司(第28期)が、慣れ親しんだ制服を置くことが決まっている。

非常に寂しいことではあるが、眞鍋にとっては記念すべき退役の日であり、新しい人生の門出だ。

心からの感謝と敬意を込めて、その背中をお見送りしたいと思う。

なお例によって、アイキャッチ画像の美しい女性は、将官人事と何の関係もない。

海上自衛隊新任幹部の成長の場である遠洋練習航海中に、スェーデンのストックホルムに立ち寄った際の、若く美しい海自女性幹部の姿だ。

昇任する幹部に去っていく幹部、そして新たに着任する幹部。

そんな一コマにふさわしい画像かと思い、海上自衛隊の公式Webサイトからお借りしている。

眞鍋海将補、本当に長い間お疲れ様でした、ありがとうございました。

まずはゆっくりと、30数年ぶりとなる任務のない年末年始をお過ごし下さい。

そして第二の人生も、非常に充実した素晴らしいものとなりますことを、お祈り申し上げております。

以下、その詳細な内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:海上自衛隊公式Webサイト 遠洋練習公開特集)

海将補に昇任させる
(海上幕僚監部人事教育部厚生課長)
1等海佐 石巻義康
(海上幕僚監部防衛部運用支援課長)
1等海佐 西脇匡史
(海上幕僚監部指揮通信情報部指揮通信課長)
1等海佐 星直也


統合幕僚監部防衛計画部副部長を命ずる
(第4護衛隊群司令)
海将補 福田達也


統合幕僚監部首席後方補給官を命ずる
(防衛装備庁プロジェクト管理部プロジェクト管理総括官)
海将補 阿部智


統合幕僚学校副校長を命ずる
(練習艦隊司令官)
海将補 泉博之


海上幕僚監部人事教育部長を命ずる
(海上幕僚監部装備計画部長)
海将補 柴田弘


海上幕僚監部装備計画部長を命ずる
(大湊地方総監部幕僚長)
海将補 大力政富


自衛艦隊司令部幕僚長を命ずる
(横須賀地方総監部幕僚長)
海将補 二川達也


第3護衛隊群司令を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部厚生課長)
海将補 石巻義康


第4護衛隊群司令を命ずる
(海上幕僚監部防衛部運用支援課長)
海将補 西脇匡史


横須賀地方総監部幕僚長を命ずる
(統合幕僚監部防衛計画部副部長)
海将補 真殿知彦


大湊地方総監部幕僚長を命ずる
(統合幕僚監部首席後方補給官)
海将補 近藤奈津枝


練習艦隊司令官を命ずる
(第3護衛隊群司令)
海将補 梶元大介


防衛装備庁プロジェクト管理部プロジェクト管理総括官を命ずる
(海上幕僚監部指揮通信情報部指揮通信課長)
海将補 星直也


退職を承認する
(自衛艦隊司令部幕僚長)
海将補 眞鍋浩司

以上2018年12月20日付 防衛省発表資料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする