1佐人事・1佐職人事|2020年10月・海上自衛隊

 

2020年10月、海上自衛隊1佐・1佐職の人事異動が防衛省から発令された。

 

当月も、人事の季節外れにも関わらず多くの注目人事が動いているが、敢えてお一人を上げるとすれば、それは水陸両用戦・機雷戦戦術支援隊司令に着任された髙岩俊弘(36期)であろうか。

前の掃海業務支援隊司令であり、平成30年からは鹿児島地本長も務めたイケメンである。

生粋の掃海屋で、数々の掃海の現場で活躍をしてきた幹部だが、まさに今、ご存知のように掃海部隊は国防の要として、非常に重い任務を任されている仕事師集団だ。

 

もう今のポスト名を見るだけで十分にイメージして頂けると思うが、

「水陸両用戦・機雷戦戦術支援隊司令」

である。

つまり、南西方面有事が発生した際に、陸自とともに協働し、奪われた島嶼部へ殴り込みをかける一翼を担う部隊ということになる。

 

「そんな部隊あったっけ・・・?」

と思われる方もいるかも知れないが、それもそのはずで、当部隊は2020年10月に、前の掃海業務支援隊をベースに発展的に新設された組織である。

ちなみに、同部隊のオフィシャルページに貼られているお写真がこちら。

 

(画像提供:水陸両用戦・機雷戦戦術支援隊公式Webサイト

この1枚が、この組織の性格をとても良く表していると言えるだろう。

粗い画像でさらにマスク越しではあるが、抜群のイケメンは隠せないぞ(ゴマスリスリ)

このお二人は、左側が近い将来の海上幕僚長候補の一人、福田達也(第34期)・掃海隊群司令。

右が、最終学歴高卒でありながら将官に昇り、特戦群長などを歴任した近接戦闘のスペシャリスト、平田隆則(第34期相当)・水陸機動団長である。

まさに今、我が国の国防の危機に際して殴り込みをかける2名の責任者を支える組織といえば、髙岩の任された責任の重さを理解して頂けるのではないだろうか。

ぜひ、そんな意味でもこの新たに発足した組織に注目して欲しいと願っている。

 

なお、例によってアイキャッチ画像の美しい女性は、人事異動とは何の関係もない。

令和2年度遠洋練習航海の途上、練習艦かしまの艦上で鎮魂の祈りを捧げる、若き初級幹部の皆さまを撮影した一枚だ。

場所はミッドウェーであり、ご存知のように帝国海軍の大きなターニングポイントとなった、惨敗の古戦場である。

この地において真珠湾以来の歴戦の勇士、そして主力空母4隻を失ったことで、我が国は戦争のイニシアチブを失い、以降一度も攻勢に転じることができず、歴史上初めて国を失うことになった。

その歴史の古舞台に立つ今。

国防を担う宿命をになった若き幹部たちは何を想うのだろうか。

本当に想像がつかない。

しかしこの海に立ち、山口多聞提督も最期に見たであろう美しい月を見れば、きっと涙がこぼれそうな気がする。

どんな感情の涙なのか、まるで見当がつかないが。

 

その他、詳細な異動内容は以下の通り。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:海上自衛隊公式ツイッター

海上幕僚監部総務部経理課経理調整官を命ずる兼ねて経理班長を命ずる
(佐世保造修補給所副所長)
1等海佐 齋淳師

 

海上幕僚監部装備計画部航空機課固定翼班長を命ずる
(海上幕僚監部装備計画部航空機課)
1等海佐 椎名義和

 

自衛艦隊司令部情報作戦主任幕僚を命ずる
(基礎情報支援隊司令兼自衛艦隊司令部)
1等海佐 北島久仁彦

 

自衛艦隊司令部計画総括幕僚を命ずる
(自衛艦隊司令部)
1等海佐 三宅孝

 

水上戦術開発指導隊司令を命ずる
(誘導武器教育訓練隊司令)
1等海佐 沢田俊彦

 

水上戦術開発指導隊戦術開発部長を命ずる兼ねて水上戦術開発指導隊副長を命ずる兼ねて自衛艦隊司令部勤務を命ずる
(自衛艦隊司令部兼護衛艦隊司令部)
1等海佐 川野邦彦

 

第91航空隊司令の兼補を解く
(第81航空隊司令兼第91航空隊司令)
1等海佐 宮地裕

 

第203整備補給隊司令を命ずる
(補給本部装備計画部航空装備計画課長)
1等海佐 庄野崇

 

掃海隊群司令部作戦主任幕僚を命ずる
(掃海業務支援隊副長兼本部訓練科長)
1等海佐 大松清生

 

水陸両用戦・機雷戦戦術支援隊司令を命ずる
(掃海業務支援隊司令)
1等海佐 髙岩俊弘

 

艦隊情報群司令を命ずる
(情報業務群司令)
1等海佐 大久保勝司

 

艦隊情報群司令部首席幕僚を命ずる
(情報業務群司令部首席幕僚)
1等海佐 鳩村康

 

艦隊情報群司令部情報統括室長を命ずる
(情報業務群司令部)
1等海佐 桐生宏幸

 

作戦情報隊司令を命ずる
(作戦情報支援隊司令)
1等海佐 近藤俊明

 

電磁情報隊司令を命ずる
(電子情報支援隊司令)
1等海佐 藤井健一

 

開発隊群司令部研究開発企画幕僚を命ずる
(開発隊群司令部)
1等海佐 菊地弘憲

 

呉地方総監部監察官を命ずる
(海上自衛隊第1術科学校教育第3部長)
1等海佐 山口雅史

 

呉造修補給所長を命ずる兼ねて呉地方総監部技術補給監理官を命ずる
(海上幕僚監部総務部経理課経理調整官兼経理班長)
1等海佐 鈴木将治

 

佐世保造修補給所副所長を命ずる
(海上自衛隊艦船補給処管理部長)
1等海佐 山中健司

 

海上自衛隊東京業務隊付を命ずる
(第203整備補給隊司令)
1等海佐 米元邦行

 

海上自衛隊第1術科学校教育第3部長を命ずる
(掃海隊群司令部作戦主任幕僚)
1等海佐 五味康司

 

海上自衛隊第1術科学校研究部長を命ずる
(海上自衛隊第1術科学校)
2等海佐 髙須賀政信

 

海上自衛隊補給本部会計監査官を命ずる
(海上自衛隊補給本部)
1等海佐 田中良典

 

海上自衛隊補給本部装備計画部航空装備計画課長を命ずる
(海上幕僚監部装備計画部航空機課固定翼班長)
1等海佐 堀川新太郎

 

海上自衛隊艦船補給処管理部長を命ずる
(海上自衛隊補給本部会計監査官)
1等海佐 福田理

(以上、2020年10月1日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/1001a.pdf

 

 

海上幕僚監部人事教育部人事計画課募集推進室長事務取扱を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部人事計画課長)
1等海佐 鈴木克哉

 

第51航空隊勤務を命ずる
(海上幕僚監部人事教育部人事計画課募集推進室長兼人事計画調整官)
1等海佐 竹内俊雅

 

佐世保地方総監部勤務を命ずる
(海上自衛隊第1術科学校)
1等海佐 清水博史

(以上、2020年10月12日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/index.html

 

 

統合幕僚学校教育課第1教官室学校教官を命ずる
(統合幕僚監部運用部運用第1課)
1等海佐 雨宮正宣

(以上、2020年10月20日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/1020a.pdf

 

 

ちよだ艦長を命ずる
(ちはや副長兼航海長)
2等海佐 久保哲也

 

呉潜水艦基地隊司令を命ずる
(ちよだ艦長)
2等海佐 渡邉忍

(以上、2020年10月26日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/1026a.pdf

 

海上幕僚監部人事教育部人事計画課勤務を命ずる
(海上自衛隊幹部学校付)
1等海佐 福澤光恭

(以上、2020年10月27日付)

防衛省発表資料

https://www.mod.go.jp/j/press/jinji/2020/1027a.pdf

コメントを残す