南極観測船 砕氷艦「しらせ」特別公開|名古屋港・海上自衛隊

「南極観測船」や「砕氷船」の名前で知られる海上自衛隊の砕氷艦しらせが、名古屋港で一般公開される。

日時は2017年9月30日(土)、10月1日(日)で、時間は9:00~16:00。

場所は名古屋港ガーデンふ頭の3号岸壁だ。

なお、最終受付は15:00までなので、見学希望者は時間ギリギリではなく、なるべく早く名古屋港まで足を運ぶようにして欲しい。

なお、しらせは正式名称を「砕氷艦しらせ」というが、記事中では一般に親しまれている南極観測船、砕氷船という表現を用いる。

南極観測船しらせは言わずと知れた我が国で唯一、南極の地域観測を行う艦であり、観測隊員と必要物資の輸送、それに付随する研究任務を行うことを目的として運用されている艦だ。

建造費用は文部科学省から拠出されているものの、所属は海上自衛隊であり、その運用も海上自衛隊が行っていて、艦長は1等海佐が務めている。

南極が夏を迎え、接岸及び観測作業が比較的楽になる12月末から2月の頃にかけて現地で活動するために、日本を出港するのは毎年11月頃。

予定された任務を終え、南極が秋を迎える2月末には現地を出港し、4月頃に母港の横須賀に寄港するルーティンで例年活動を行っている。

なお横須賀に寄港したしらせは直ちにドックに入り、長期メンテナンスに入るのが通例だ。

その後必要なメンテナンスを終え、8月頃から3ヶ月間、日本を離れるまでの僅かな期間を使い乗組員の慣熟航行訓練を行っているのだが、その一環として名古屋港に寄港し、一般公開となるのが今回のイベントである。

しらせはまさに、今が新品ピカピカ。

ドックで修理を終え、化粧直しを終えたばかりの美しいしらせを見学できるとあって、イベント当日の名古屋港は多くの人で賑わうことになるだろう。

なお、見学は無料で、事前申し込みも必要なく当日現地に足を運べば誰でも見学可能だが、しらせに限らず海上自衛隊の艦船は言うまでもなく「軍艦」だ。

デッキの角度は急で、防水隔壁の扉などで区画を区切るため、通路は狭く段差があり、歩きにくい服装や靴での見学は絶対にお勧めできない。

男性はサンダル、女性はハイヒールはもちろん、ローヒールでの見学も危険であり、安全のためにこれらの着装で会場に来ても断られる事があるので、必ず運動靴などで参加するようにしよう。

(以前、どこかの女性防衛相がヒールで潜水艦の甲板を歩いていたが、もちろん論外である)

またしらせは、主任務が観測と研究とはいえ、その実態は海上自衛隊所属の軍艦だ。

飲酒し酩酊した状態での見学などは論外な他、乗艦に際しては手荷物検査があり、冗談でも携行品の中に武器と看做されるものを入れて、乗艦しようとすることは厳に謹んでほしい。

冗談ですまないことになるので、常識とマナーを守り、見学に行くようにしよう。

また今回のイベントでは、一般公開に合わせて特別公開も行われる。

特別公開とは、一般公開では絶対に見ることが出来ない隊員たちの居住区や寝室、浴槽、洗面台など、要はなんでもお見せしますという相当レアなイベントのことだ。

一般公開は年中様々な港で、様々な護衛艦を始めとした艦種で開催されているが、特別公開は相当レアなイベントになっている。

ただし今回の特別公開は、15歳~26歳限定で、なおかつ事前申し込みを行い抽選で選ばれた若者限定となっている。

当選をすれば、現役の海上自衛官からエスコートをしてもらい、しらせの裏の裏まで見学させてもらえることになっているので、海上自衛隊に入りたいと考えている若者や、興味がある学生は、ぜひ応募して欲しい。

なお、公式サイトでも非常にわかりにくい案内になっているので、以下に特別公開案内ページのリンクを貼っておく。

http://www.mod.go.jp/pco/aichi/shirase2017.html

ほとんどの人にとっては一般公開を満喫するイベントになると思うが、それでも十分レアな一般公開なので、時間が合うようであればぜひ、名古屋港に足を運んで欲しい。

間もなく日本を離れ南極に向かい、極寒の中で厳しい任務に従事するしらせと海上自衛官。

一般公開に足を運んだ人からの、

「いつもお疲れ様です」

「厳しい任務ですが、頑張ってください」

などの言葉が何よりの心の栄養でありごちそうだ。

現地に足を運び、海上自衛官を見かけることがあったらぜひ、ひと声かけてあげて欲しい。

そんなところからも、一般国民が我が国の国防に貢献できる、大きな役割がある。

【イベントデータ】

名称:砕氷艦しらせ 特別公開 

開催場所:名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁 

所在地:愛知県名古屋市港区港町1-3 

日時:2017年9月30日(土)10月1日(日)

開催時間:9:00~16:00   

問合せ先:052-331-6266(愛知地本)

料金:無料           

駐車場:無し          

Web:愛知地本公式イベントサイト 

自衛隊イベント一覧に戻る

トップページに戻る

【注記】

このページに使用している画像は、防衛省のルールに従い防衛省のHPから引用。

※画像は、軽量化やサイズ調整などを目的とし、オリジナルからトリミングし切り取って加工し用いているものがある。

【引用元】

防衛省海上自衛隊 活動内容紹介公式Webサイト(しらせ画像)

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/operation/nankyoku57.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする