堀江祐一(ほりえ・ゆういち)|第33期相当・陸上自衛隊

堀江祐一は昭和39年7月生まれ、佐賀県出身の陸上自衛官。

少年工科学校生徒第26期を卒業後、自衛官として活躍する傍らで日本大学経済学部に学び、平成元年3月に幹部候補生学校に入校しているため、33期相当の幹部ということになる。

出身職種は通信科だ。

平成30年3月(2018年3月) 陸上自衛隊高等工科学校長兼ねて武山駐屯地司令・陸将補

前職は第8師団副師団長であった。

なお、高等工科学校長としての指導方針は以下の通り。

【統率方針】「部隊を念頭においた学校理念の実現」

2018年5月現在、陸上自衛隊高等工科学校長兼ねて武山駐屯地司令を務める堀江だ。

自らも、15歳の春であった昭和55年3月に高等工科学校の前身である少年工科学校の生徒26期として学んだため、自衛官生活38年目にして、懐かしの母校に校長として帰ってきたことになる。

そのため、イガグリ頭の生徒たちを見つめる堀江の想いも、きっと厳しくも愛情溢れるものであるはずだ。

その堀江が少年工科学校を卒業し、最初に着任したのは第6高射特科群(与座)。

陸上自衛官生活の最初は高射特科の陸曹として、そのキャリアを歩み始めたものと思われるが、幹部候補生学校卒業後は通信科に職種替えとなっている。

その後、1佐までは陸幕と通信部隊の現場で指揮を重ねるが、陸将補に昇任して最初のポストは第8師団副師団長。

いうまでもなく、西方は2010年代に入ってからは、我が国の国防の最前線になっていると言って良い場所だ。

その西方隷下、第8師団で副師団長を任され、北熊本駐屯地司令をやり遂げると、その次の補職として古巣である高等工科学校の校長職を任されたことになった。

少年工科学校出身である堀江にとっては、職種学校の長よりもこのポストのほうが、おそらく心から願っていた補職であったに違いない。

そして、やりがいと天命を感じながら、20年後、30年後に陸上自衛隊を堀江と同じ立場で支えてくれるであろう生徒たちを、厳しく鍛え上げていることだろう。

では次に、その堀江と堀江の同期である33期組の動向について見てみたい。

なお上記画像は2018年度、高等工科学校入学式の画像であり、堀江は向かって右側に座っている。

式辞を述べているのは、陸自きっての機甲科の コワモテ イケメンである高田克樹(第29期)・陸上幕僚副長だ。

どうにも、富士学校機甲科部長であった頃のイメージが濃すぎて、こういう場で式辞を述べる幕僚副長様として見ると、上品な仕事で我慢してないで、はよ北部方面総監か富士学校長になりなされ、と思ってしまわないでもない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク