南川信隆(みなみかわ・のぶたか)|第36期・陸上自衛隊

南川信隆は昭和43年12月生まれ、茨城県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第36期の卒業で幹候73期、出身職種は野戦特科だ。

平成30年3月(2018年3月) 教育訓練研究本部訓練評価部長・陸将補

前職は陸上幕僚監部運用支援・訓練部訓練課長であった。


(画像提供:陸上自衛隊北部方面隊公式Webサイト

第36期エースの一人であり、野戦特科のエキスパートである南川だ。

2018年6月現在で、新編された陸上自衛隊教育訓練研究本部で、初代となる訓練評価部長を務めている。

そしてそのキャリアはまさに、この要職にふさわしい極めて充実したものになっている。

その南川のキャリアをご紹介する前に、陸上自衛隊教育訓練研究本部のことについてだ。

この組織は2018年3月に新編されたばかりであり、陸上自衛隊において、従来は独立し有機的に機能していなかった研究開発と教育を直接結びつける、極めて重要な役割を担う。

中でも、陸自幹部学校がその名前を失いこの組織の母体の一つとなったことからもわかるように、陸自の最高幹部たるCGS(指揮幕僚課程)に学ぶ幹部に対し、最新の研究成果を直接フィードバックする役割を担うことになったのは非常に意義深い。

またこの組織は、戦前でいうところの陸軍教育総監だが、このポストはまさに教育訓練研究本部長に相当する。

そして陸軍教育総監は、陸軍大臣、参謀総長と並び陸軍3長官に数えられた要職であった。

話が長くなるので詳細は割愛するが宜しければ、発足前の記事でやや旧い記事だが、2017年11月に書いたこちらの記事を参照して欲しい。

【新組織】陸上自衛隊・教育訓練研究本部 その役割と将来性

要するに、2018年3月に行われた陸自大改革の中でも、極めて大きな変革であり、非常に意義深い組織改編であったということだ。

その組織において、初代となる訓練評価部長に着任した南川への陸自内外の期待が小さいわけがない。要注目の最高幹部の一人ということであり、その活躍にはますます注目が集まっている。

ではその要職を任された南川とは一体どういう男なのか。

そのキャリアを詳しく見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする