山野正志(埼玉地方協力本部長・1等空佐)|第35期相当・航空自衛隊

山野正志(やまの・まさし)は昭和39年6月29日生まれ、愛媛県出身の航空自衛官。

法政大学法学部法律学科を卒業し、平成3年3月に幹部候補生学校に入校の幹候81期であり、防衛大学校第35期相当の幹部ということになる。

職種は飛行であり、F-4戦闘機のパイロットだ。

平成29年12月(2017年12月) 自衛隊埼玉地方協力本部長・1等空佐

前職は航空幕僚監部監察官であった。

なお、自衛隊埼玉地方協力本部長としての指導方針は以下の通り。

【本部長要望事項】

「至誠をもって任務に邁進せよ」


(画像提供:自衛隊埼玉地方協力本部公式Webサイト

2018年7月現在、自衛隊埼玉地方協力本部長を務める山野だ。

防衛大学校ではなく、法政大学の法学部を卒業し幹部任官、さらにF-4戦闘機のパイロットとなっているが、少なくとも18歳の頃には既に航空自衛官であったようだ。

というのも、埼玉地本の本部長挨拶ページの記述ではあるが、2017年12月に「私が35年前に熊谷基地の第4術科学校にいたとき」とあるためだ。

山野は昭和39年の生まれであり、2017年の35年前は1982年(昭和57年)となるので、あるいは高校を卒業し曹士として入隊した後に、勤務の傍らで法政の2部(夜学)に通ったということだろうか。

このあたりは判明しないので、正しい情報が分かり次第加筆したい。

なお、幹候は81期の防衛大学校第35期相当なので、奈良の幹部候補生学校に入校した時には、既に26歳だった計算になる。

そこから空自の戦闘機パイロットになるとは、いろいろな意味で色々なことが突き抜けている、本当に凄い幹部だ。

恐らくその分、訓練も勉強も相当に苦労した、並大抵の努力ではなかったキャリアを歩んできたはずだ。

そんな人生を歩んできた幹部自衛官が、地方協力本部長として民間人と接点の多いポジションに就いたということになる。

恐らく、人生に躓いている若者であっても山野の話を聞けば「俺も自衛官として、頑張れるかも知れない。」ということになるような気がする・・・。

そんな事もあって、あるいは地本長という大役を任されたのかも知れない。

なお念のためだが、地本長の仕事は自衛隊の「営業本部長」だ。

一人でも多くの若者に自衛隊をアピールし、優秀な隊員を一人でも多く獲得すること。

また幹部曹士で早期退職となる自衛官に、第二の人生となる働き口を探すために、地域の企業に自衛官の優秀さをアピールすること。

さらに自衛隊の知見を民間に提供し、防災や減災の役に立ててもらうことなどが地本の仕事だが、本部長はその責任者となる。

いろいろな意味で苦労をしたであろう山野がそのポストに就けば、きっと魅力ある仕事で自衛隊を身近に感じる民間人が一人でも増えることになるのではないだろうか。

ぜひ埼玉在住の人がいれば、機会があれば山野の話を聞きに行って欲しい。

では、そんな空自の”変わり種”である山野はこれまでどんなキャリアを歩んできたのか。

少し詳細に見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする