上田和幹(うえだ・かずまさ)|第35期・陸上自衛隊

上田和幹は昭和44年3月生まれ、鹿児島県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第35期の卒業で幹候72期、出身職種は判明しないが、後方支援職種の出身であることは間違いないと思われる。

平成30年3月(2018年3月) 陸上自衛隊需品学校長兼ねて松戸駐屯地司令・陸将補

前職は北部方面総監部幕僚副長であった。

2018年4月現在、需品学校長を務める上田だ。

35期といえばまだ40代の後半であり、その若さで出身の職種学校長を務めるのはやや珍しい補職になっている。

前任は28期の和田良作(第28期)で、その前任は27期の今金元(第27期)であったことを考えても、やはり上田の着任で需品学校長が大きく若返った印象だ。

その需品学校長だが、陸自の需品科を担う隊員を教育するための組織であり、自衛隊が戦える機能を維持するために欠かせない組織だ。

需品科は、平時においては糧食、燃料、需品器材や被服の補給、それらの整備や回収、給水、入浴洗濯等を行っているが、需品学校では新しい科学技術の取り入れや研究などを行う機能も有している。

災派(災害派遣)の際には、野外入浴セットを展開し被災者に温かい風呂を提供し、汚れた衣服を洗濯し衛生環境を整え、また飲み水の給水などを行う光景は、メディアでもおなじみになっている。

大きな災害に遭遇し、避難所生活をしたことがある人であれば、おなじみの職種だ。

第2後方支援連隊長を務めるなど、後方支援のエキスパートとして補職を重ねてきた上田には、やや早いことが気になるとはいえ、適任のポストということになるだろう。

さて次に、その上田と、上田を含む35期組の動向について見てみたい。

上田が陸上自衛隊に入隊したのは平成3年3月。

1等陸佐に昇ったのが平成22年1月、陸将補に昇ったのが28年7月なので、共に35期組の1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ。

陸上自衛隊では、陸上幕僚長に昇るものはまず間違いなく将補、将への昇任で1選抜のキャリアを積んでいることからやはり特別な意味がある。

そして2018年4月現在、35期組で陸将補にある幹部の状況は、以下の通りとなっている。

井戸川一友(第35期)・北部方面総監部幕僚副長(2016年7月)

上田和幹(第35期)・需品学校長兼ねて松戸駐屯地司令(2016年7月)

遠藤充(第35期)・第3施設団長(2016年7月)

戒田重雄(第35期)・第1空挺団長兼ねて習志野駐屯地司令(2016年7月)

坂本雄一(第35期)・中部方面総監部幕僚副長(2017年3月)

※肩書は全て2018年4月現在。( )は陸将補昇任時期。

※最新の昇任将補の人事では期別未確認のため、追記する可能性あり。

上記のような状況になっており、まずは井土川、上田、遠藤、戒田の4名を中心に、35期の人事が進められていくことになるだろう。

上田については、後方支援職種からの陸自1選抜は近年少し、他の年次で記憶がないが、順調に行けば2022年に予想される35期組の陸将選抜でも1選抜で昇り、いずれかの師団長に着任する可能性がある。

一方で、需品学校長からは通常、各地の補給処長や補給統制本部の要職に転じ、そのまま補給系のキャリアを積むことが自然な流れだ。

そのため上田については、後職で補給系のキャリアを積んでいくことになるのか、或いは旅団長や師団長といった、出身職種を含むより大きな部隊の指揮官になっていくのか。

次のポストがそのキャリアを予想する上で、大きなポイントになりそうだ。

何れにせよ、この先10年にわたり、我が国の平和と安全にもっとも重い責任を背負っていく世代である。

その活躍には注目し、そして応援していきたい。

本記事は当初2017年9月24日に公開していたが、加筆修正が重なったので2018年4月24日に整理し、改めて公開した。

◆上田和幹(陸上自衛隊) 主要経歴

平成
3年3月 陸上自衛隊入隊(第35期)
6年9月 ルワンダ難民救援隊
14年1月 3等陸佐
17年7月 2等陸佐
22年1月 相浦駐屯地業務隊長 1等陸佐
22年3月 幹部学校付
23年3月 陸上幕僚監部防衛課
24年4月 陸上幕僚監部防衛課編成班長
26年3月 第2後方支援連隊長
27年8月 陸上幕僚監部情報通信・研究課長
28年7月 北部方面総監部幕僚副長 陸将補

【注記】

このページに使用している画像の一部及び主要経歴は、防衛省のルールに従い、防衛省のHPから引用。

主要経歴については、将補以上の階級のものにあっては防衛年鑑あるいは自衛隊年鑑も参照。

自衛官各位の敬称略。

※画像はそれぞれ、軽量化やサイズ調整などを目的に加工して用いているものがある。

【引用元】

防衛省陸上自衛隊 北部方面隊公式Webサイト(あかしや729号、737号、742号より)

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/katudou/akasiya/akasiya.html

防衛省陸上自衛隊 第6師団公式Webサイト(九州豪雨災派写真)

http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/activity/h29.7_kyusyu_hokubu.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする