兄は桜の木に咲いている|海軍少尉・服部壽宗 命

三重県出身の海軍少尉であった服部壽宗 命は神風特別攻撃隊・菊水部隊天櫻隊の一員として出撃。

昭和20年4月16日、南西諸島方面において敵艦に突入し散華された。

最愛の妹に充てた出撃前夜の遺書が、今も遺されている。

兄は桜の木に咲いている

節子殿

兄は神風特別攻撃隊の一員として明日敵艦と共に、わが愛機雷撃機天山に特攻用爆弾を抱きて命中、男一匹玉と砕けるのだ、最後にのぞみ一筆書遺し置くことあり。

節子も今では立派な可愛い女学生となつたことであらう。

兄は節子の女学生姿が見られずに死んでいくのが残念だ。

節子も光輝ある服部家の一女子だ。

兄の一人ぐらゐが死んだとて何も悲しみなげく事はない。

兄は喜んで天皇陛下の為、重大危機に直面して居る日本の為、一億國民の楯となつて散って行くのだ。

少しも悲しまずに笑つて兄の魂を迎えて呉れ。

兄は常に九段の杜の櫻の木の枝に咲いて居る。

裏の元屋敷の櫻の木にも咲きますよ。

櫻が咲いたら兄だと思つて見て下さい。

さやうなら。母上を御願ひ致します。

出撃前夜

親愛なる妹 節子殿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする