第1空挺団新年初降下における、小西ひろゆき議員の残念な振る舞い

私事で恐縮ですが、昨日(2019年1月13日)、管理人(私)は習志野演習場で開催された「平成31年 陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始め」にご招待をして頂き、参加してきました。

少しその際の出来事について、どうしてもひとこと書き残しておきたく、記事にさせて頂きます。

 

第1空挺団の降下訓練始めは、正月最初の降下訓練を一般にも公開するもので、諸外国の武官も多く見学に訪れる一大イベントです。

そして降下初めの後には、第1空挺団を始めとした自衛官とそのご家族、在日米軍、自衛隊を支える多くの民間人などが参加し、大規模な野宴(野外でのパーティー)も行われます。

2019年の野宴には、岩屋防衛大臣、野田前総理大臣、河野統合幕僚長、山崎陸上幕僚長に加え、在日米軍の将官など錚々たる主賓・来賓、関係者が出席。

そしてその中に、国会議員の小西ひろゆき(小西洋之)さんもいらっしゃいました。

国会クイズで一躍有名になった方ですが、直近では

「『国民の敵』と、自衛官から暴言を受けた」

と、2018年4月の騒動でもさらに”名を挙げた”、立憲民主党(会派)の参議院議員です。

 

野宴の来賓挨拶では、本当に皆さんシンプルな挨拶で、自衛官の皆様にエールだけを送るのが慣例と言っていいでしょうか。

岩屋防衛大臣は要旨、自衛官とその家族へのねぎらい、出席している民間人への感謝のみを述べ数分程度で終了。

野田前総理も「自衛官の皆様のますますの活躍を確信し、お祈りしています!」という趣旨の短い挨拶だけでした。

その中で、来賓として挨拶に立った小西洋之議員。

「旭日旗は大日本帝国の軍旗」とし、その使用を否定する政治信条の方ですので(小西議員公式ツイッター)、嫌な予感しかしません。

そしてその嫌な予感は的中します。

 

小西議員はマイクを握ると、まず最初に、

「自衛官から罵声を浴びせられた小西です」

と自己紹介。

あまりのことに、岩屋防衛大臣思わず目を閉じてしまいます。

ちなみに岩屋防衛大臣の左横に座る制服自衛官は、第1空挺団長の戒田重雄(第35期)・陸将補。

その左隣が、立て札で顔が見えにくいですが、野田佳彦・前総理大臣です。

ちなみに小西議員は、民主党時代には野田グループに所属していましたので、野田前総理の子分とも言うべき存在と言って良いでしょうか。

 

さらに小西議員の驚きの発言は続きます。

「それではここで、暴言事件について防衛省が発表した調査結果を読み上げさせて頂きます」という趣旨を述べて、ポケットから紙を取り出す。

そして、自衛官の反省文などを朗読し始めます。

さすがに会場の空気は一変しました。

それまで、シンプルですが自衛官を励ます来賓の心温まる声援に、会場の皆が新年らしい祝いの席を楽しんでいたところ。

朗読が始まると会場からは大きなどよめきが起き、何人かから、

「てめぇー!帰れよ」

「場をわきまえろ!!」

という罵声まで飛び始めます。

※いずれも民間人招待者席からです。自衛官からではありません。

 

そして要旨、「自分は悪くない」「自分は自衛隊を応援している」「自衛官からも信頼されている」という趣旨で、挨拶を締めくくりました。

再度「空気読め!」という小さな罵声などが飛び、壇上も怪しい雰囲気に。

同時通訳の女性から小西議員の発言を伝えられた米軍の将官は、さすがに苦笑し、岩屋防衛大臣や第1空挺団長・戒田陸将補の表情を確認するような仕草を見せます。

岩屋防衛大臣、ずっと目を閉じたまま話を聞いていましたが、少し苦笑いにも見える表情に。

民間人席からも、まだどよめきが収まりません。

 

しかし、小西議員が話を終えると、意外な続きがありました。

民間招待者席からは罵声ばかりが聞こえ、全くと言っていいほど拍手が出ない中、自衛官とその家族が座っているエリアからは、この日一番とも言えるくらいの大きな拍手が沸き起こります。

「拍手なんかできるか」という民間人招待者と違い、来賓としていらっしゃった小西議員に対する自衛官とそのご家族からの、挨拶に対する返礼でした。

 

自衛官の仕事は、言うまでもなく国民の生命と財産を護る最後の砦となり、必要に応じて実力を行使すること。

そしてその国民には、自分たちに決して好意を持っていない政治勢力に所属し、あるいはその勢力を支持する一般人も含まれます。

有事の際は、そういった国民を護ることも含めて当然、自らの危険を顧みずに力を尽くしてくれることでしょう。

私は自衛官とそのご家族席から聞こえた大きな拍手に、その想いへの揺るぎない信念を感じました。

 

「あなたのことも含めて必ず護り、この国の平和と安全を守り抜いてみせる。」という強い決意と信念。

少し変則的ではありましたが、新年早々にこの第1空挺団の皆様とそのご家族の、とても誇りある「防人」としての心意気に触れさせて頂いた思いです。

意外な形でしたが、これも小西議員の「手柄」でしょうか。

このような政治家でも、あるいは必要な人なのかも知れませんね・・・。

 

明日以降また、第1空挺団新年初降下のレポートを更新します!

第1空挺団の皆様、第1ヘリ団の皆様、航空自衛隊の皆様、他、新年初降下の運営に携わった関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!

ありがとうございました!

(了)

64 件のコメント

  • >「陸上自衛官から罵声を浴びせられた小西です」
    暴言の事件は3等空佐だった記憶があるんですが…
    打ち間違いでなければ、国会議員が陸海空の区別もつかないのは悲しいですね…

  • 私も野宴会場におりましたが、彼のことを知らない人を除いて皆呆れ返っていました。
    あの場にのこのことやって来てあのようなふざけた発言をする思考回路・精神状態は異常ではないでしょうか。

    • 一般人様コメントありがとうございました。
      本当に酷かったですよね。。
      さらに、ステージ向かって左側、自衛官とそのご家族席からの拍手で2度恥ずかしい。。
      いや、恥ずかしいなんて思われていないかな・・・。

  • 文民の有権者たる一般の参加者の意見はごもっともという大前提ですが、
    この件で小西議員の意見の小ささと、自衛官とそのご家族の国民と国というシステムを守っていくという
    ゆるぎない信念を確信することが出来ました。

    当地で気分を害された方々のお気持ちもさることながら
    私はむしろ自衛隊の信頼につながる一件だと感じました。

  • またアホの小西がしでかしましたか。こいつは早く亡命させるべきですね。生きていく価値の無い男やね。私の税金でこいつに議員報酬を支払っていると思うと自分に腹が立つ!税金納めたくない!!!

    • お気持はわかりますが、ここは自衛官の皆様の立ち居振る舞いに思いを馳せて、私達もグッと我慢です!

  • 自衛隊の皆さんの献身的な仕事ぶりには大多数の国民が感謝していますよ
    防衛任務も災害救助も本当にご苦労が多いと思います
    海自隊員の韓国軍レーダー照射事件における冷静な対応を見ても
    頼もしいなと心強く思いました
    稀にひどい意見も今回のようにありますが、負けずに今後も頑張ってください
    ところで、ネコは大好きですか?

  • 自衛隊の株が急上昇し、何とかっていう国会議員(笑)の株が暴落しただけのこと…では済まない木がします。というのは国会議員たるものの品と常識の無さが米軍に伝わったわけですから。もちろん自衛隊の株は上がりったわけですが、国会議員がこれじゃねえ…と思われて当然です。
    ところでこの珍発言はテレビで放送されないことに1票

    • あお様コメントありがとうございました。

      そのご懸念はよくわかりますが、野党にはいろいろな議員がいることは、おそらく米軍の高官もよくわかっているはず。
      だから大丈夫だと信じましょう!

  • 自衛官とそのご家族が実に寛大なことが良くわかりました。対して小西議員のちっぽけなこと。男が下がることをしていると気付いてほしいものです。国民の代表らしく男を上げる挨拶をしてもらいたかったですね。兎にも角にも、自衛官とご家族の皆様には素晴らしい年となりますように心から願っております。

    • Hiro様コメントありがとうございました。
      全く同感です。
      国を護り、世界平和に貢献する自衛官とそのご家族皆様にとって、良い年になりますように。

  • 冷静になって考えてみて欲しいのですが、小西氏は本当に自衛隊をよく思わない人なのでしょうか?彼は、集団安全保障や自衛官の暴言問題に関して、主義主張や総括をしてるだけではありませんか?

    はっきり言って、彼は大人げない面もあるかもしれませんが、かと言って目を逸らすのは誤りです。

    例えば、自衛隊とか防衛政策とか、何かが正しいと信じている人間だけでは、正しさから遠ざかります。なぜなら、自分を正しいと信じる人間は、往々にして自分の行動や思考を点検できないからです。

    また、この日の挨拶は彼にしかできない貴重なものだったのではないでしょうか。

    自衛官は、プロフェッショナリズムに基づいて、政治的中性であることが求められます。なぜなら、自衛隊が政治的に中性であり、単に国防の道具として扱われるプロフェッショナルな集団に過ぎないなら、政治は、政治に介入できる実力を持つ自衛隊に対して、安心して高度な独自性を認めることができるからです。

    彼の自衛官に対する批判の精神と総括は、自衛隊にとって、極めて有り難いものです。
    私は、国民の代表者たる彼の、愛の鞭に対する拍手を、心意気などと奢った態度の現れだったなどと曲解する気にはなれません。

  • どのような意見(たとえ おバカな意見でも!?) に対しても自衛官の方々は、こう言うと思います。『貴方の様な人も助けて護るのが我々の任務です。』 自衛隊万歳❣️

  • 新しい火種を探しているのでしょうね。
    炎上商法でしょう。そうじゃなきゃ、この議員の方は本当に無能ですね。恥ずかしい(´-ω-`)

  • 色んな思想を持った政治家は居てもいいと思うけど、自分の事しか考えてないような人はアカンと思うんですよ。

  • 一応 元予備自衛官補ですが、反論もできない自衛官サンドバッグにして鬱憤晴らしているようにしか見えない 米軍将校の反応見れば分かるでしょう ヒト科の常識を越えたあり得ない無礼です
    いい方を変えましょう
    彼らの態度には想像を超越した悔しさがあり、
    感動などは一切覚えません。

    こんな、横暴を多方面でも野ばらしにしておくから、自衛官減るんですよ

  • 加害、被害の関係が本末転倒していませんか。問題は当の自衛官の発言です。小西議員の品格なんてちっっちゃな話で品格を問われる議員はや山ほどいます。国会議員に暴言をはく行為は自衛隊の存続にかかわるもんだいだとおもうのですが。

  • 相変わらずの小西議員の振る舞いですね。
    どこかで、踏み外した思想はもう元には戻らないのでしょうか。
    ただ、彼の言動に共感する人がいるのも事実です。社会全体が、一方向に向かって突き進むのも問題ですが、彼の言動は稚拙過ぎます。これは今の野党全体的に言えることですが。

  • 自衛隊員殿のご家族様の振舞いに感動しました。益々自衛隊を好きになると共に感謝の気持ちが大きくなりました。ありがとうございました。

    • 同感です。
      ちなみに罵声を発した民間人の方は、「よく言った!」と、周りの民間人から褒められてました笑

  • この日一番の拍手と言うのが引っかかります。
    私は国会クイズは議員に相応しくない品格だと感じますしいい加減千葉の人は落選させてくれないかなとは思ってますが、一般の人がヤジを飛ばす中、自衛官や家族がわざわざこの日一番の拍手を送ったとなると、自衛官の人たちは小西議員の姿勢を暗に応援してるのかなと感じそうです。

    小西議員自体そんな大きな拍手貰ったら「やはり良識ある自衛官達は自分を応援しているんだ。やじを飛ばしてるのは一般に潜り込んだ与党支持者だ。」とか思ってそう。

    他の方の挨拶と分け隔てなく平等に拍手したのではなく、実際に防衛大臣等他の方の挨拶に比べこの日一番の拍手だったのですか?
    筆者がヤジとの対比でそう感じただけなら良いのですが、自衛官の多くが小西議員を応援してる感じなら少し衝撃です。(実際に選挙で勝っているので千葉県民の自衛官家族が応援してる可能性もありますけど…)

    • 聞こえ方ですので主観はあると思いますが、私のいる一般席では全く拍手がなかった分、自衛官席からの拍手が印象的でったので大きく聞こえたのかも知れませんね。
      つまり、分け隔て無い拍手ということです。

  • こんな人物を選んでしまった国民は恥ずべきであり、こんな人物にも他の来賓と同じように拍手した自衛官とその家族の皆様にただただ敬意を表します。これほどまでに尊敬されない国の軍人ではなく自衛官は、この人を含め全ての人を守るために存在しています。皆さん頑張って下さい。

    • おっしゃる通り、誇りある人達が命をかけるべき、誇りある国であり誇りある国民になりたいと思います。

  • ↓まさにこのコピペの通りですね

    広島の平和集会にゲストとして呼ばれた自衛隊員に浴びせられた言葉

    市民「自衛隊は無くすべきだと思いますが、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」
    市民「自衛隊が有るから軍事的緊張が発生する、憲法違反だから自衛隊は無くすべきだと思います、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」

    そこで自衛隊員の返事、俺はこの言葉をこれからもずっと忘れないと思う

    自衛隊員「そう言う人達も守るのが、自衛隊です」

  • >はっきり言って、彼は大人げない面もあるかもしれませんが、かと言って目を逸らすのは誤りです。

    その言葉を、そっくりそのままもう一度、この暴言二枚舌に向けてみてどうぞ

    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/854990157325389824
    小西「安倍総理は法論理ではない不正行為によって歴代解釈を破壊し、国民から憲法9条を強奪した。
       つまり刑事犯罪人で例えるならば安倍総理は強盗殺人犯である。」

  • この国には、道理も情も関係なく、憲法9条が至高の存在だと盲信する異常な人たちが約2割います。選挙では、8割のノーマルな人の反感を買っても、2割の異常者の票が集まれば当選できるということさ。

  • 基本的に野次は嫌いなのですが
    一般席から出た野次が自衛隊員からの拍手を後押し出来た形になったのならいいかなと思います。
    自分達を本当に思ってくれる人がいるからこそ、小西議員のような方にも堂々と拍手が送れる、と。
    自衛隊を心から応援する人がいるとアピールすること、それが一般市民に出来る一番大きな力添えであって欲しい。

    • おっしゃるとおりですね。
      自衛隊を心から応援する支援者がいることで、安っぽい煽りには動じない自衛官の力になっているのだとすれば、それはそれでヤジも意味があったのかも知れません。
      ちなみに会場では、野次を飛ばした人に対し周囲から「よく言った!」という声も多数聞こえてました。
      ※民間人からです。
      それくらい、コニタンの振る舞いはなかなか腹に据えかねる凄いインパクトが有りました。

  • https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/profile/YTPSRAYE12XXXXXX003.html
    上位2人はもう決まっていて、この男が当選するのだけは嫌で、同じ民進の議員に入れたけど
    結局こいつが当選してしまったんだわ…今思い出しても腹立たしい。
    まあテレビしか見ないとこいつの乱行の数々ってわからんよね。
    若い奴でこいつに入れてるのはもう救いようがないが、
    今更テレビ新聞しか知らない爺婆にネットで情報収集しろって言っても無理だしな。

    • これは厳しい・・・。
      3人区である以上、こういう方も混じってしまうのか。。
      しかも4位とは大差がありますね汗

    • おそらく、地元選出&野田前総理の子分だからだと思います。
      野田さんも、少し子分を見る目が無かったですね。。

  • 日本のために危険をかえりみず体をはってくれている自衛隊のみなさんに敬意を払わず、殺人集団と罵倒した小西さんのような政治家……むしろ、もっと積極的に敬意を払わなければならないはずの政治家が……小西さんみたいな人間を政治家にしておいていいのでしょうか?そもそも、自分のメンツ守りたいだけのアホがこういう場を悪用するなよ……

    • 選挙が厳しいと、極端な主義主張を披露して少数意見を拾おうとするのかも知れませんね。
      小西議員ご本人さんはいいかも知れませんが、ご家族が気の毒だと思います。
      特にお子さんが心配です。

  • 我々が小西さん拍手したのはどのような内容であれ祝辞を述べられたからであり、それに対して拍手をしないのは無礼にあたるからであり当然のことをしただけです。別に工作員がいたわけでも支持してるわけでもありません。

    • 現役様コメントありがとうございます。
      小西議員の非礼に、当然の礼儀で返されたことに敬意を表します。
      本当にお疲れ様でした。

  • 現役殿、ご立派です。年初の祝辞にはあるまじき小西議員の良識を欠いた演説に対して、自衛官とご家族の皆様の素晴らしい態度は観客のみなさんの心を打ったと思います。

  • ytamon にコメントする コメントをキャンセル