北島一(統合幕僚監部運用第2課長・1等陸佐)|第39期・陸上自衛隊

北島一は昭和48年生まれ、神奈川県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第39期の卒業で幹候76期、職種は普通科だ。

平成30年8月(2018年8月) 統合幕僚監部運用部運用第2課長・1等陸佐

前職は第39普通科連隊長兼ねて弘前駐屯地司令であった。

(画像提供:陸上自衛隊弘前駐屯地公式Webサイト

(画像提供:陸上自衛隊弘前駐屯地公式Webサイト

2019年1月現在、統合幕僚監部で運用部運用第2課長の要職にある北島だ。

統合幕僚監部は言うまでもなく、陸海空3自衛隊の統合運用に関する幕僚機能を発揮する組織だが、その中でも運用2課は、部隊の運用と災害派遣に責任を持つ部署となる。

いわば、統合幕僚監部の要とも言うべき機能を発揮する部署であり、当然のことながらその課長ポストはエリートが座る指定席になっている。

そんなこともあるのであろうか。

あくまでもこれまでの実績からは、という前置きをさせて頂いた上でだが、運用第2課長を務めた幹部は、ほぼ間違いなく、次に陸将補に昇任する。

しかも、1選抜(1番乗り)で昇任する前提での配置だ。

言い換えれば、最高幹部に昇任する者にとって佐官としての最後の大仕事であり、このポストで結果を残すことができた幹部が、将官に昇ることを許されるポストの一つと言ってよいだろう。

実は陸自には他にも、そういうポストが多くある。

陸将補昇任直前ポストとも言うべき要職だが、この辺りの配置を見ていると人事そのものが諸外国へのメッセージとして機能していることも透けて見えるので、非常に興味深い。

この辺りはまた別に、人事の見方として別コラムにさせて頂ければと考えている。

いずれにせよ、陸上自衛隊では1選抜で陸将補に昇った幹部は、大きな服務事故でもない限り、そのまま1選抜で陸将に昇ることが多い。

つまり、近い将来の陸上幕僚長候補に選ばれたことを意味するわけだが、その前段階として、これら要職を任された1等陸佐がどのような活躍を見せてくれるのか。

ぜひ、そういった意味でも注目して貰えればと思う。

では、そんな要職を任された北島とはこれまで、どのようなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。

少し詳細に、その経歴をみていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする