藤岡登志樹(ふじおか・としき)|第31期・陸上自衛隊

藤岡登志樹は昭和39年11月18日生まれ、福岡県出身の陸上自衛官。

防衛大学校第31期の卒業で幹候68期、出身職種は普通科だ。

平成29年8月(2017年8月) 陸上自衛隊富士学校副校長・陸将補

平成30年3月(2018年3月) 兼ねて陸上自衛隊富士学校諸職種協同センター長

前職は第1師団副師団長であった。


(画像提供:陸上自衛隊別府駐屯地公式Webサイト 広報誌扇山第164号※PDF注意)


(画像提供:陸上自衛隊第1師団公式Webサイト

2018年12月現在、陸上自衛隊富士学校副校長兼ねて富士学校諸職種協同センター長を務める藤岡だ。

2018年3月から本格的に始まった陸自大改革において、その中心的役割を果たしていくことが求められる、要職中の要職に着任したと言っても良い最高幹部である。

前職は「頭号師団」、第1師団において我が国の政経の中枢を護る、その副師団長として手腕を発揮した。

なぜ、その富士学校と諸職種協同センターが陸自大改革を支えるほどの組織であるのか。

それは、この改革の主眼とするところが即応性と機動力の強化であり、なおかつ諸職種混成部隊による、初動での敵の企図の完全な撃破にあるからだ。

従来は、北部方面隊が対ソ連(ロシア)戦を想定し備えていた、重火力を中心とした正面戦というのが、我が国の戦闘プランであった。

それを昨今の安全保障環境の変化に合わせ、西部方面隊を主戦場に定め、我が国の離島に侵攻しようとする敵性勢力にフォーカスし部隊と装備の再編を行ったのが、陸自大改革の狙いだ。

具体的には、各地に所在する重火力の野戦特科は、その多くが廃止あるいは統合され、方面隊の直下に集約される再編が進められている。

そしてそのうちの一部は、機甲科とともに普通科連隊と合流し、「即応機動連隊」として、常時混成の部隊からなる実力組織へと変貌しつつある。

この際、機甲科は主力戦車を廃し、公道を時速100kmで移動可能な機動戦闘車へと換装。

野戦特科は、FH-70のような大火力の重装備から、被輸送性に優れた迫撃砲へと換装し、機動戦闘車や普通科とともに即応性と機動性を飛躍的に高め、あらゆる有事に即応できる態勢を整えた。

そして北部方面隊の諸部隊であっても、有事の際には西方(西部方面隊)に直ちに駆けつけられるべく、その組織改編と運用の見直し、厳しい訓練が実施されているというのが、2018年12月現在の状況である。

そしてその諸職種混成部隊による戦いをプランニングし、訓練し、幹部教育を行うのが、まさにこの、藤岡がセンター長を務める富士学校諸職種協同センターだ。

その初代センター長として藤岡は、我が国の新しい戦い方を確立し、そのために必要な訓練と教育を実施することが求められる、極めて重要なポストを命じられたことになる。

言い換えればこれは、この先数十年の我が国の平和と安全を護る最前線が、藤岡に託されたと言っても良いだろう。

その責任は極めて重く、国民からの期待は非常に大きい。

では、そんな重責を担う藤岡とはこれまで、どのようなキャリアを歩んできた幹部自衛官なのだろうか。

少し詳細に、その経歴を見ていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする