西成人(教育航空集団司令官・海将)|第30期・海上自衛隊

その西が海上自衛隊に入隊したのは昭和61年3月。

1等海佐に昇ったのが平成17年1月であったので、第30期組1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ。

海将補に昇ったのは25年8月、海将に昇ったのは30年3月であり、堂々の30期組海上幕僚長候補の一人と言ってよいだろう。

(画像提供:海上自衛隊教育航空集団司令部公式Webサイト

その経歴を2等海佐以降で見ていくと、平成16年6月から駐オーストラリア防衛駐在官として大仕事を成し遂げたのは、先述のとおりだ。

職種部隊では、航空隊司令のポストを舞鶴に所在する第23航空隊で、航空群司令のポストは長崎の大村基地に司令部を置く第22航空群でそれぞれ経験。

また幕僚やスタッフのポストでは、同じ第22航空群で主席幕僚を務めた他、平成29年8月からは横須賀地方総監部幕僚長の要職を務め、我が国の海上防衛の「顔」とも言える最重要幕僚として活躍する。

その間中央では、海上幕僚監部では運用支援課の訓練班長を務め、課長ポストは統合幕僚監部の防衛課長というエリートど真ん中のポストで着任。

部長ポストは、海上幕僚監部で総務部長を務めた。

そして平成30年3月に海将に昇ると、教育航空集団司令官に昇り、「海鷲」の後進育成に全力を尽くしている。

航空機搭乗員、航空部隊指揮官としてだけでなく、広く外交面でも顕著な実績を残した、海上自衛隊を代表する最高幹部の一人と言ってよいだろう。

では最後に、その西と同期である30期組の人事の動向について見てみたい。

30期組は、2017年夏の将官人事で最初の海将が選抜された年次に当たり、同期の海上幕僚長候補たちが名乗りを上げている真っ最中だ。

そして2019年3月現在で、その候補者たる海将の任には、以下の幹部たちがあたっている。

出口佳努(第30期相当)・統合幕僚学校長(2017年8月)

湯浅秀樹(第30期)・海上自衛隊幹部学校長(2017年12月)

西成人(第30期)・教育航空集団司令官(2018年3月)

※肩書は全て2019年3月現在。( )は海将昇任時期。

以上のようになっており、いずれも錚々たる顔ぶればかりの海将である。

まずはこの3名が、30期組の海上幕僚長候補と言ってよいだろう。

それぞれが、さらに要職を歴任しながら重い責任を担っていくことになるはずだ。

西については、後職ではおそらくいずれかの地方総監に昇り、さらに重い責任を担っていくことになるのは間違いのないところだ。

あるいは佐世保地方総監など、地方総監としてもっとも格上のポストの一つに着任することも考えられるのではないだろうか。

いずれにせよ、この先2020年代前半にかけて、我が国の平和と安全を担うもっとも中心にいる最高幹部となっていくことだけは、間違いのないところだ。

その活躍には今後も注目し、そして応援していきたい。

※文中、自衛官および関係者各位の敬称略。

(画像提供:海上自衛隊横須賀地方隊公式Webサイト

◆西成人(海上自衛隊) 主要経歴

昭和
61年3月 海上自衛隊入隊(第30期)

平成
9年1月 3等海佐
12年7月 2等海佐
16年6月 駐オーストラリア防衛駐在官
17年1月 1等海佐
19年9月 海上幕僚監部運用支援課訓練班長
21年3月 第23航空隊司令
22年4月 第22航空群主席幕僚
23年8月 統合幕僚監部防衛課長
25年8月 第22航空群司令 海将補
27年8月 海上幕僚監部監察官
28年12月 海上幕僚監部総務部長
29年8月 横須賀地方総監部幕僚長
30年3月 教育航空集団司令官 海将

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする